スポンサーリンク

<歌詞和訳>Cigarettes & Alcohol – Oasis 曲の解説と意味も

2019-11-02Oasis 歌詞和訳

Oasis – Cigarettes & Alcohol
オアシス – シガレッツ・アンド・アルコール

 

ギャラガー兄弟を中心としたイギリスのロックバンド オアシスの1stアルバム「Definitely Maybe」(邦題:オアシス) に収録されている曲です。

同アルバムからの4枚目のシングルとして、1994年10月にリリースされました。

 

歌詞の意味と解釈

タイトル通り「タバコと酒を生き甲斐とする」労働者階級の気持ちを歌っている曲です。

ノエルはインタビューで「自分の言いたい事は『Rock’n’Roll Star』と『Live Forever』と『Cigarettes & Alcohol』の3曲に詰め込まれている」と発言しているほどです。

とはいえ、イギリスの労働者階級の考え方(しかも90年代頃のもの) というのは我々日本人には、なかなかわからないところがあります。

その為、キーとなるフレーズ「You gotta make it happen」の解釈に迷いましたが、成り上がろうとする野心(=お前はやるしかないんだ)と受け取って訳しました。

一方で、「面倒な努力なんかしないでタバコと酒を楽しもうぜ」と受け取ると、「You gotta make it happen」は「下手に頑張るとやらなきゃいけない事が増えちまうぞ」という風にも解釈できます。

 

歌詞と和訳

Written by Noel Gallagher

Is it my imagination
Or have I finally found something worth living for?
I was looking for some action
But all I found was cigarettes and alcohol

ただの妄想かな
それとも、生きる意味ってのがわかったのかもな。
楽しみを探し回ったけど
見つけたのはタバコと酒だった

 

action 「活動、行動」の意味ですが、スラングで「盛り上がる事」または「セックス」を意味します

 

You could wait for a lifetime
To spend your days in the sunshine
You might as well do the white line
‘Cause when it comes on top
You gotta make it happen
You gotta make it happen
You gotta make it happen
You gotta make it happen

太陽の下で気ままに暮らそうったって
一生待つことになるぜ
白い粉を吸ってた方がマシさ
だって這い上がりたかったら
やるしかないんだぜ
やるしかないんだぜ

 

might as well do するのがよい、~する方がマシ
white line 白いコナ

 

Is it worth the aggravation
To find yourself a job when there’s nothing worth working for?
It’s a crazy situation
But all I need are cigarettes and alcohol

ムカつく価値もないさ
働く意味を見いだせない仕事なんて
狂った有様さ
でも俺を救うのはタバコと酒なんだ

 

aggravation 悪化、苛立ち

 

You could wait for a lifetime
To spend your days in the sunshine
You might as well do the white line
‘Cause when it comes on top
You gotta make it happen!
You gotta make it happen!
You gotta make it happen!
You gotta make it happen!

太陽の下で気ままに暮らそうったって
一生待つことになるぜ
白い粉を吸ってた方がマシさ
だって這い上がりたかったら
やるしかないんだぜ
やるしかないんだぜ

 

You gotta, you gotta, you gotta make it
You gotta, you gotta, you gotta fake it
(×2)

お前は、お前は、やるしかないんだ
お前は、お前は、嘘でもいいから

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Definitely Maybe(邦題:オアシス 1994年)

 

メンバー自身が最高傑作だと言う、ストレートなロックが詰まったデビューアルバムです。

 

Stop The Clocks(2006年)

 

ノエルによる選曲で、(いい意味で) 偏りがあるベスト盤です。

 

Time Flies… 1994-2009(2010年)

 

オアシスのイギリスでの全シングルを網羅したベスト盤です。

 

ギターリフ

メインのギターリフはT.Rexの『Get It On』、チャック・ベリーの『Little Queenie』から拝借している(パクリ?)と言われています。

 

 

 

オアシスの伝説がわかるドキュメント作品


オアシス:スーパーソニック (通常版) [Blu-ray]

 

ワーキングクラスの歌

ワーキングクラスといって頭に浮かぶのがこの3曲です。

・ジョン・レノン『ワーキング・クラス・ヒーロー』

宗教漬け、セックス漬け、テレビ漬けにされたまま
君は自分が賢くて、階級差別とは無縁で、自由だと思い込む
だけど僕から見たら、君はどうしようもない無知なヤツだ

 

・マニック・ストリート・プリーチャーズ『ア・デザイン・フォー・ライフ』

俺たちは愛について語ったりしない
酔っ払えればそれでいいんだ。
それ以上の贅沢は禁物さ
そんな事すりゃオシマイだって教わったんだ

 

・エルトン・ジョン『土曜の夜は僕の生きがい』

(エルトン・ジョン自身は中産階級育ち、イギリス王立音楽院卒のエリートではありますが)

大好きな音が2つあって
飛び出しナイフの音と、バイクの音さ
俺は労働者階級のケツの青いガキ
グラスの底に残った酒が、何より大好きな男さ