スポンサーリンク

Oasis – The Importance of Being Idle 歌詞の意味と和訳

Oasis – The Importance of Being Idle
オアシス – ジ・インポータンス・オブ・ビーイング・アイドル

 

Oasisの6作目のアルバム「Don’t Believe The Truth」(2005年) の5曲目に収録されている曲です。

同アルバムの2枚目のシングルとしても、2005年8月にリリースされました。

ギタリストのノエルがボーカルを担当しています。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルを訳すと「のらくらしていることが大事」となります。

ここでのアイドルは 「偶像」などを意味する ”idol”  ではなく、「仕事をしていない、怠惰な、手があいている」という意味での ”idle” です。

 

「気に入らない仕事をあくせく頑張るなんて真っ平だ」というような、ノエルらしいワーキングクラスの心境が綴られています。

 

また、ちょっと気取ったタイトルはアイルランド出身の詩人・劇作家オスカー・ワイルドの喜劇「The Importance of Being Earnest」(邦題:真面目が肝心) に影響を受けたものだと思われます。


The Importance of Being Earnest (Illustrated) (English Edition)

それ風に邦題をつけるなら「不真面目が肝心」となるでしょうか。

 

 

歌詞と和訳

Written by Noel Gallagher

I sold my soul for the second time
‘Cause the man don’t pay me

I begged my landlord for some more time
He said: “son, the bills are waiting”

My best friend called me the other night
He said: “Man, are you crazy?”

My girlfriend told me to get a life
She said: “Boy, you’re lazy”

魂を売っちまった、これで二度目だ
だってアイツが俺に、カネを払わなかったんだ

もうちょっと待ってくれって大家に頼み込んだら
「請求書はもう待てないんだよ」って言われたよ

別の夜に、ダチに電話で言われたんだ
「お前、イカレてるのか?」って

彼女は俺にしっかりしろだとさ
「アンタってダラけてるわね」

 

landlord 家主、大家、地主
bill 請求書、ツケ、ビラ、広告
get a life しっかり生きなさい、もっと人生を楽しめ、いい加減にしろ
lazy 怠惰な、けだるい、のんびり

 

But I don’t mind
As long as there’s a bed beneath the stars that shine
I’ll be fine
If you give me a minute
A man’s got a limit
I can’t get a life if my heart’s not in it
(×2)

だけど、
星空の下に寝る場所さえあれば、それで十分さ。
もう少し待ってくれたら
俺はきっとやるから。
人には限界ってヤツがあるから
気が向かない生き方じゃ、人生なんて楽しめないのさ

 

I lost my faith in the summer time
‘Cause it don’t stop raining

The sky all day is as black as night
But I’m not complaining

I begged my doctor for one more line
He said: “Son, words fail me”

It ain’t no place to be killing time
I guess I’m just lazy

信仰なんて、夏に無くしちまったよ
ずっと雨降りだったからな

毎日空は夜のように真っ暗だけど
愚痴るつもりもない

あと1回だけ大目に見てくれ、って医者に頼み込んだら
ヤツは言ったよ「君、あきれてものも言えないよ」って

暇つぶししてるんじゃない
俺はただのんびりやってるのさ

 

one more line lineはドラッグをほのめかす言葉だと思われます。ただし、ここでは医者から禁じられているもの(タバコなりアルコールなりドラッグなり)を「あと1回だけ許してくれ」というやりとりだと解釈しました
words fail me 言葉が出ない、あきれてものも言えない
killing time 暇つぶし

 

But I don’t mind
As long as there’s a bed beneath the stars that shine
I’ll be fine
If you give me a minute
A man’s got a limit
I can’t get a life if my heart’s not in it

だけど、
星空の下に寝る場所さえあれば、それで十分さ。
もう少し待ってくれたら
俺はきっとやるから。
人には限界ってヤツがあるから
気が向かない生き方じゃ、人生なんて楽しめないのさ

 

 

似ている曲

印象的なリズムのギターリフは、The La’sの『Clean Prophet』を思い起こします。

 

昭和生まれの日本人なら、「水戸黄門のテーマ」を思い出すかもしれません。

 

水戸黄門のテーマのリズムは、バレエ曲のボレロを参考にしているそうです…。