スポンサーリンク

Oasis – Go Let It Out 歌詞の意味と和訳

Oasis – Go Let It Out
オアシス – ゴー・レット・イット・アウト

 

 

ギャラガー兄弟を中心としたイギリスのロックバンド Oasisの4thアルバム「Standing on the Shoulder of Giants」(2000年) の、2曲目に収録されている曲です。

同アルバムのリードシングルとして、2000年2月にリリースされました。

同アルバムは、制作中にオリジナルメンバーのボーンヘッド(G) とギグジー(B) が脱退し、3人のメンバーだけで作成されました(その後、ゲム・アーチャーとアンディ・ベルが加入します)。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルを訳すと ”さぁ、外に出せ” となります。(Go を「行く」ではなく、強調の意味として捉えました)。

中期以降のビートルズからの影響の濃いサイケデリックなサウンド(『Strawberry Fields Forever』など)からもわかるように、歌詞のこれまでより抽象的なものとなっているようです。

(ちなみに、ビートルズの『Hey Jude』にもタイトルと同様のフレーズがあります)

 

大まかな解釈としては、「自分を信じて、自分のやり方で進め」というようなものだと思われます。

 

歌詞と和訳

Written by Noel Gallagher

Paint no illusion, try to click with whatcha got
Taste every potion ‘cause if yer like yerself a lot
Go let it out, go let it in, go let it out

幻想なんて抱くな、手にしたもので上手くやれ
毒でも薬でも飲み込んでみろ、自分がもっと好きになるから
さぁ、外に出せ、さぁ、内に込めろ、さぁ、外に出せ
さぁ、外に出せ、さぁ、内に込めろ、さぁ、外に出せ

 

click with ピンとくる、うまくいく
whatcha(= what you)
potion ポーション、薬(毒)
yer(= your)

 

Life is precocious in a most peculiar way
Sister psychosis don’t got a lot to say
She go let it out, she go get it in, she go let it out
She go let it out, she go get it in, she go let it out

人生はオカシなもんで、すぐに変わっちまう
頭のイカれたシスターは、口数が少ない
彼女も、さぁ外に出せ、彼女も、さぁ内に込めろ、彼女も、さぁ外に出せ
彼女も、さぁ外に出せ、彼女も、さぁ内に込めろ、彼女も、さぁ外に出せ

 

precocious 早熟、早咲きの
peculiar 妙な、異常な、固有の
psychosis 精神病、精神異常

 

Is it any wonder why princes and kings
Are clowns that caper in their sawdust rings
‘Cause ordinary people that are like you and me
We’re the keepers of their destiny

不思議なことじゃないさ、王女様や王様は
おがくずの舞台を飛び回るピエロ。
お前や俺みたいな一般市民、
俺達こそが、運命を握っている

 

clown 道化師、ピエロ、おどけ者、からかう
caper 跳ね回る、悪ふざけ、盗み、
sawdust おがくず
ring 輪、指輪、演舞場

 

I’m goin’ leaving this city, I’m goin’ driving outta town
You’re comin’ with me the right time is always now
To go let it out, go let it in, go let it out
To go let it out, go let it in, go let it out

俺はこの街を後にする、街の外れへ車を走らせる
お前も俺と一緒に来いよ、いつだって ”今” が最良の時さ
進め、外に出せ、進め、内に込めろ、進め、内に込めろ
進め、外に出せ、進め、内に込めろ、進め、内に込めろ

 

outta(= out of)

 

Is it any wonder why princes and kings
Are clowns that caper in their sawdust rings
Ordinary people that are like you and me
We’re the builders of their destiny(×4)

不思議なことじゃないさ、王女様や王様は
おがくずの舞台を飛び回るピエロ。
お前や俺みたいな一般市民、
俺達こそが、運命を握っている

 

So go let it out, go let it in
Go let it out, don’t let it in
Go let it out, go let it in
Go let it out, don’t let it, don’t let it in

だからさぁ、外に出せ、さぁ、内に込めろ、さぁ、外に出せ
さぁ、外に出せ、さぁ、内に込めろ、さぁ、外に出せ
さぁ、外に出せ、さぁ、内に込めろ、さぁ、外に出せ
さぁ、外に出せ、そして内に籠るな

 

 

おがくずのリング?

この曲の歌詞で一番わかりずらいのが、「Is it any wonder why princes and kings
Are clowns that caper in their sawdust rings
」(=王女や王がおがくずの演舞場で飛び回るピエロだって、不思議じゃないさ)というフレーズです。

これは、19世紀のアメリカの詩人 R.L.シャープ(R.L.Sharpe)の「Bag of Tools」という詩の一説を元にしているそうです。

詩の大意としては、「自分に与えられた道具を生かせ」「運命は自分で切り開け」というもののようです。