スポンサーリンク

<歌詞和訳>Hey Jude – The Beatles 曲の解説と意味も

2019-08-13[シングル曲(UK) Beatles], Beatles 歌詞和訳励まし・力をもらえる歌詞

The Beatles – Hey Jude
ザ・ビートルズ – ヘイ・ジュード

 

ザ・ビートルズの通算18枚目のシングルとして、1968年8月にリリースされた曲です。

ビートルズ後期の代表曲であり、『Let It Be』や『Yesterday』に並ぶ、ポール・マッカトニー作の名バラードです。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「ジュード」が誰なのか諸説ありますが、最も有力な説はジョン・レノンと最初の妻シンシアの間に生まれた息子ジュリアンです。

ポール・マッカートニーが、両親の離婚に傷心するジュリアンを慰める為に、この曲を書いたと言われています。
(両親が離婚した当時ジュリアンは5歳でしたが、ポールはジョン以上に、ジュリアンの遊び相手になっていたそうです)

元々のタイトルはジュリアンを指す「Jules」(ジュールズ) だったそうですが、普遍性をもたせる為に「Jude」に変更したと言われています(または、その方が歌いやすかった、残りのメンバーが『Hey Jules』というタイトルに難色を示した等とも言われています)。

 

世界中でヒットしたこの曲は、「人を愛する事に後ろ向きになってしまった人を励ます」普遍的な名曲として支持されています。

 

歌詞と和訳

Written by Paul McCartney

Hey Jude, don’t make it bad
Take a sad song and make it better
Remember to let her into your heart
Then you can start to make it better

ねぇ、ジュード、落ち込まないで
悲しい歌だって、明るくできるさ
あの人を大切に想い続けるんだ
そうすれば、良い方向に進んでいけるから

 

let her into your heart 直訳すると「彼女を君の心の中に入れる」となります。
 herを巡っても諸説あり「ジョンにとってのヨーコ」「ジョリアンにとってのヨーコ」「ドラッグを示唆している」等がありますが、ここでは普遍的な解釈として上記のように意訳させていただきました

 

Hey Jude, don’t be afraid
You were made to go out and get her
The minute you let her under your skin
Then you begin to make it better

ねぇ、ジュード、怖がらないで
君はあの人と結ばれる為に生まれたんだ
あの人に夢中になった途端
良い方向に向かっていくのだから

 

under one’s skin カンに触る、夢中になる

 

And anytime you feel the pain, hey Jude, refrain
Don’t carry the world upon your shoulders
For well you know that it’s a fool who plays it cool
By making his world a little colder
Na na na na na na na na na na

傷ついた時はいつだって、ジュード、耐えるんだ
だけど一人で背負い込んじゃいけない
君もよく知っているだろ、
斜に構えてカッコつけているヤツは
所詮愚か者だって事を

 

refrain 堪える、自制する、やめる

 

Hey Jude, don’t let me down
You have found her, now go and get her
(Let it out and let it in)
Remember (Hey Jude) to let her into your heart
Then you can start to make it better

ねぇ、ジュード、がっかりさせないで
運命の人を見つけたんだ、その人に向かっていきなよ
(想いを打ち明け、受け入れるんだ)
その人を大切に想い続けな
そうすれば、良い方向に進んでいけるから

 

So let it out and let it in, hey Jude, begin
You’re waiting for someone to perform with
And don’t you know that it’s just you, hey Jude, you’ll do
The movement you need is on your shoulder
Na na na na na na na na na yeah

だから<想いを>打ち明けて、<その人の気持ちを>受け入れるんだ、ジュード、さぁ
力を貸してくれる誰かを、君は待っているけど
行動を起こさなきゃいけないのは
君しかいないだろ、ジュード

 

Hey Jude, don’t make it bad
Take a sad song and make it better
Remember to let her under your skin
Then you’ll begin to make it
Better better better better better better, oh

ねぇ、ジュード、落ち込まないで
悲しい歌だって、明るくできるさ
あの人にずっと夢中でいなよ
そうしたら、良い方向に向かっていくから
きっとより良く、より良く、より良くなっていく

 

Yeah yeah yeah yeah yeah yeah yeah
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
(Jude Judy Judy Judy Judy Judy owwwww wowww)
Naa na na na na na na (na na na), na na na na, hey Jude
(Jude Jude Jude Jude Jude)
Naa na na na na na na (yeah yeah yeah), na na na na, hey Jude
(You know you can make, Jude Jude, You’re not gonna break it)
Naa na (don’t make it bad Jude) na na na na na (take a sad song and make it better), na na na na, hey Jude
Hey Jude, hey Jude wowwwwww
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Jude Jude Jude Jude Jude Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
(Na na na na na na na na na na na na)
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na (make it Jude), na na na na, hey Jude
(Yeah yeah yeah yeah yeah yeah yeah)
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
(Go listen to ya ma ma ma ma ma ma ma ma)
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

The Beatles 1967-1970(通称:青盤 1973年)

 

ビートルズ後期の代表曲が収められた2枚組ベストアルバムです。

 

1(2000年)

 

ビートルズのヒットシングルが網羅されたベストアルバムです。