スポンサーリンク

<歌詞和訳>Day Tripper – The Beatles 曲の解説と意味も

2020-04-14[シングル曲(UK) Beatles], Beatles 歌詞和訳[表現] ドラッグソング

The Beatles – Day Tripper
ザ・ビートルズ – デイ・トリッパー

 

ザ・ビートルズの11枚目のシングルとして1965年12月にリリースされた曲で、『We Can Work It Out』(恋を抱きしめよう) との両A面シングルとなっています。

2曲ともアルバム「Rubber Soul」と同時期に録音されましたが、アルバムには収録されていません。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「デイ・トリッパー」とは”日帰り旅行者“を指します。
一方、この言葉には”ちょっとだけ(クスリで) トリップする人“という意味も隠されています。

事実、当時はジョンもジョージもドラッグに手を出しており、ポールは後にこの曲を「ドラッグについての曲」である事を認めています。

基本的には”おふざけ”の歌で、深いメッセージ性はないようです。

表側の意味では「軽薄な女に弄ばれた男の愚痴」と読み取れますが、もう一方の意味では「流行でドラッグ(60年代のヒッピーカルチャーの象徴) に手を出す”にわか野郎”をバカにした曲」と読み取れます。

ここの訳では、後者の(ドラッグの) 解釈に寄せた感じで、訳させていただきました。

 

歌詞と和訳

Written by Lennon-McCartney

Got a good reason
For taking the easy way out
Got a good reason
For taking the easy way out, now

ちゃんとした理由がある
楽な逃げ道に頼るのは。
ちゃんとした理由がある
楽な逃げ道に頼るのにはね。

 

way out 出口、逃げ道、解決法

 

She was a day tripper
A one way ticket, yeah
It took me so long
To find out, and I found out

あの娘はデイ・トリッパー
しょせんは片道切符(軽く手を出しただけ) 、そうさ
随分かかったよ
気付くのに、それに気付くのに

 

one way ticket 片道切符
find out 発見する、わかる、見破る

 

She’s a big teaser
She took me half the way there
She’s a big teaser
She took me half the way there, now

あの娘はじらすだけ
いいところまで来た挙句
あの娘はじらすだけ
いいところまで来た挙句にね

 

big teaser 男をじらす女(teaser=じらす、虐める)
 ポールによると「prick teaser=チ〇コをじらす」という意味だそうです

 

She was a day tripper
A one way ticket, yeah
It took me so long
To find out, and I found out

あの娘はデイ・トリッパー
ちょっと手を出しただけ、そうさ
随分かかったよ
気付くのに、それに気付くのに

 

Tried to please her
She only played one night stands
Tried to please her
She only played one night stands, now

喜ばせようとしたのに
彼女にとっては一夜限りの遊び
喜ばせようとしたのに
彼女にとって一夜限りの遊びさ

 

one night stands 一夜興行、一夜だけの情事

 

She was a day tripper
A Sunday driver, yeah
It took me so long
To find out, and I found out

あの娘はデイ・トリッパー
日曜ドライバー(週末にしか姿を見せない)、そうさ
随分かかったよ
気付くのに、それに気付くのに

 

Day tripper
Day tripper, yeah
Day tripper
Day tripper, yeah
Day tripper

デイ・トリッパー
にわか野郎さ、イエー

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

The Beatles 1962-1966(通称:赤盤 1973年)

 

ビートルズ前半の代表曲が収められた2枚組ベストアルバムです。

 

1(2000年)

 

ビートルズのヒットシングルが網羅されたベストアルバムです。