スポンサーリンク

Pixies – Trompe Le Monde 歌詞の意味と和訳

Pixies – Trompe Le Monde
ピクシーズ – トロンプ・ル・モンド

 

 

アメリカ ボストン出身のオルタナティヴ・ロックバンド Pixiesの4作目のアルバム「Trompe Le Monde」(トロンプ・ル・モンド=”世界を騙せ” 1991年) の表題曲で、同アルバムの1曲目に収録されている曲です。

 

同アルバムは、再結成後にアルバム「Indie Cindy」(2014年) をリリースするまで、ピクシーズのラストアルバムとなっていました。

 

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「Trompe Le Monde」(トロンプ・ル・モンド)とはフランス語で、”世界を騙せ” という意味になります。

これは、フランスのだまし絵(トロンプ・ルイユ Trompe-l’œil)が由来となっているそうです。

 

しかし、歌詞には「トロンプ・ル・モンド」というフレーズは登場しません。

抽象的な歌詞を深読みすると、アルバムを総括したものとも、ピクシーズそのものを総括したものとも感じられます。
(2分足らずの曲ですが、サウンド面でもピクシーズ・サウンドが凝縮されています。当時不仲だったというキム・ディールはあまり活躍しませんが…)

中盤の「We went to the store」以降の歌詞は、ロックミュージックとの出会い(曲はジミヘン?)を歌っているようにも解釈できます。

 

 

歌詞と和訳

Written by Black Francis

Why do cupids and angels
Continually haunt her dreams
Like memories of another life
Is painted on her shirt in capitals

Out on the free free way
There’s only she and the they
Represented by the lights

なぜ、キューピッドと天使たちは
ひっきりなしに彼女の夢につきまとうのか
まるで彼女のシャツに大文字で書かれた
前世の記憶みたいだ

自由な高速道路から飛び出して
そこにいるのは光をまとった
彼女と彼らだけ

 

continually 絶えず、頻繁に、ひっきりなしに
represent by ~で表される

 

“We went to the store and bought something great
Which samples this song from Washington state”

「僕らは店に行って、すごいものを買った
それからこの曲が生まれた、ワシントン州で」

 

Go
Little record go
It is named by
Some guy named joe

And the words
Are the letters of the words
Said
Electrically played
For outer space and those of they who paid

This song is twice occurred
And now its time to go
Away on holiday

届け
小さなレコードよ、届け
名前は
ジョーって男が付けた

そして言葉が
言葉の文字が
伝えた
エレクトリックな演奏は
宇宙と、金を払ったヤツらに向けられた

この曲は2度演奏される
さあ、休暇に
出掛ける時間さ

 

outer space 宇宙空間
occur 起こる、発生する、存在する