スポンサーリンク

Pixies – Here Comes Your Man 歌詞の意味と和訳

Pixies – Here Comes Your Man
ピクシーズ – ヒア・カムズ・ユア・マン

 

 

アメリカ ボストン出身のオルタナティヴ・ロックバンド Pixiesの2ndアルバム「Doolittle」(1989年) の5曲目に収録されている曲です。

同アルバムからの2枚目のシングルとしても、1989年6月にリリースされています。

 

ピクシーズの曲の中で、最もポップな曲です。
(この曲はブラック・フランシスが15歳の頃に作られたそうですが、ポップ過ぎた為、録音は長い間見送られていたそうです)

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルを訳すと ”君の男(恋人) がやって来た” となり、明るい曲調とも相まってラブソングだと思ってしまいます。

しかしブラック・フランシスによると、歌詞は「カリフォルニアの地震で死んでしまったwinoやhoboについて書かれたもの」だそうです。

winoとはワイン中毒者、hoboとは列車を無賃乗車して移動していた失業者(ホームレス) を指すそうです。
(ホーボーについては、wikipediaのこちらのページをご参照ください→ https://ja.wikipedia.org/wiki/ホーボー

無賃乗車するホーボーとそれを阻止する車掌の様子が描かれたアメリカ映画「北国の帝王


北国の帝王 [DVD]

 

曲調に反して歌詞の内容は暗く、そのギャップもまたシュールで不思議なブラック・フランシスらしいといえます。

 

タイトルの ”Your Man” が何なのか定かではありませんが、ここでは「主人公のhoboに対して ”Your Man” が来た」と解釈し、含みをもった言葉として訳しました。

 

 

歌詞と和訳

Written by Black Francis

Outside there’s a box car waiting
Outside the family stew
Out by the fire breathing
Outside we wait till face turns blue

I know the nervous walking
I know the dirty beard hangs
Out by the box car waiting
Take me away to nowhere plains

外で貨物列車を待っている
外で家族のようにシチューを囲んでる
燃える焚火にあたりながら
寒さで顔が真っ青になるまで、外で待っている

落ち着かない足取りをして
薄汚いヒゲ面をして
貨物列車を待っている
どこかわからない場所へ連れていってくれ

 

box car 有蓋貨車、貨物列車


50 ‘ ACF exterior-post Boxcar

 

There is a wait so long (So long, so long)
You’ll never wait so long

随分長く待っている(とても長く、とても長く)
君が経験しない程長く

 

Here comes your man
Here comes your man
Here comes your man

君の待ち人が来たよ

 

 

Big shake on the box car moving
Big shake to the land that’s falling down
Is a wind makes a palm stop blowing
A big, big stone fall and break my crown

貨物列車が激しく揺れる
大地も激しく揺さぶられ
風に揺れるヤシの木がピタリと止まると
とても大きな石が、僕の頭に落下した

 

There is a wait so long (So long, so long)
You’ll never wait so long

随分長く待っている(とても長く、とても長く)
君が経験しない程長く

 

Here comes your man
Here comes your man
Here comes your man
Here comes your man

君の待ち人が来たよ

 

Ay-yeah
Ay-yeah
Ah-ooh
Ah-ooh

 

 

There is a wait so long (So long, so long)
You’ll never wait so long

随分長く待っている(とても長く、とても長く)
君が経験しない程長く

 

Here comes your man(×13)

君の待ち人が来たよ