スポンサーリンク

<和訳>The Smiths – Rusholme Ruffians

2018-05-27

The Smithsのセカンドアルバム「Meat Is Murder」(1985年) の2曲目に収録されている曲です。

 

 

The Smiths – Rusholme Ruffians
ザ・スミス – ラスホルム・ラフィアンズ

 

The last night of the fair
フェア<催し>が開かれた昨晩の事
By the big wheel generator
観覧車の大きな発電機の近くで
A boy is stabbed 
少年が刺され
And his money is grabbed
金を奪われた
And the air hangs heavy like a dulling wine
あたりの空気は淀んだワインのよう重く垂れこめた
She is famous
彼女は有名
She is funny
彼女は変なコ
An engagement ring
Doesn’t mean a thing
To a mind consumed by brass (money)
(お金という)真鍮に心を奪われてしまっては
婚約指輪なんて意味は無い

And though I walk home alone
僕は一人家路につくけど
I might walk home alone…
僕は一人家路についたかもしれないけど
…But my faith in love is still devout
…愛への信仰が揺らぐことはない

The last night of the fair
フェアが開かれた昨晩の事
From a seat on a whirling waltzer
回転するワルツァー<メリーゴーランド>のシートで
Her skirt ascends for a watching eye
人目を気にして彼女がスカートをめくれさせる
It’s a hideous trait (on her mother’s side)
それは嫌らしい気質さ(母親から受け継いたんだ)
From a seat on a whirling waltzer
回転するワルツァーのシートで
Her skirt ascends for a watching eye
人目を気にして彼女がスカートをめくれさせる
It’s a hideous trait (on her mother’s side)
それは嫌らしい気質さ(母親から受け継いだんだ)

And though I walk home alone
僕は一人家路につくけど
I might walk home alone…
僕は一人家路についたかもしれないけど
…But my faith in love is still devout
…愛への信仰が揺らぐことはない

Then someone falls in love
そして誰かが恋におちる
And someone’s beaten up
そして誰かがひどい目に遭う
Someone’s beaten up
誰かがひどい目に遭う
And the senses being dulled are mine
すっきりしない僕の気持ち
And someone falls in love
そして誰かが恋に落ちる
And someone’s beaten up
そして誰かが打ちのめされる
And the senses being dulled are mine
すっきりしない僕の気持ち

And though I walk home alone
僕は一人家路につくけれど
I might walk home alone…
僕は一人家路についたかもしれないけど
…But my faith in love is still devout
…愛への信仰が揺らぐことはない

This is the last night of the fair
フェアの最終日の夜
And the grease in the hair
Of a speedway operator
髪をグリースで固めた
スピードレースの係員だけが
Is all a tremulous heart requires
気弱な心を支えてくれる
A schoolgirl is denied
女学生は断られ
She said : “How quickly would I die
If I jumped from the top of the parachutes?”
彼女はこう言った
「パラシュートのてっぺんから飛び降りたら、すぐに死ねるかしら?」

La…
This is the last night of the fair
フェアの最終日の夜
And the grease in the hair
Of a speedway operator
髪をグリースで固めた
スピードレースの係員だけが

Is all a tremulous heart requires
気弱な心を支えてくれる

A schoolgirl is denied
女学生は断られ

She said : “How quickly would I die
If I jumped from the top of the parachutes?”
彼女はこう言った
「パラシュートのてっぺんから飛び降りたら、すぐに死ねるのかしら?」
La…

So…scratch my name on your arm with a fountain pen
万年筆で君の腕に僕の名を刻み込んでよ

(This means you really love me)
(君の愛が本物だって事)

Scratch my name on your arm with a fountain pen
万年筆で君の腕に僕の名を刻み込んでよ
(This means you really love me)
(君の愛が本物だって事)
Oh…
And though I walk home alone
僕は一人家路につくけど

I just might walk home alone
たった一人で家路につくけど

But my faith in love is still devout
愛への信仰が揺らぐことはない

I might walk home alone
僕は一人家路についたかもしれないけど

But my faith in love is still devout
愛への信仰が揺らぐことはない

I might walk home alone
一人家路についたかもしれないけど

But my faith in love is still devout
愛への信仰が揺らぐことはない

La…

 

Written by Steven Morrissey / Johnny Marr
Rusholme Ruffians Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc, Universal Music Publishing Group

 

言葉の意味・解説

rusholme ラスホルム。イギリスの都市マンチェスターの中央寄りに位置する地区。

ruffians 悪党、ならず者。

devout 信心深い、誠実な、敬虔な

waltzer ワルツァー。遊園地にある回転木馬のような乗り物

 

fountain pen 万年筆

 

雑記

ファンフェア(fun-fair)と呼ばれる移動式遊園地が舞台となっているようです。楽し気な曲調とは裏腹に、意味深げな歌詞です。現代の日本人にはなかなかイメージしづらい設定ですが、縁日や花火大会のようなものでしょうか。当時のイギリスの人々(子供たち)にとって、フェアはとても楽しみな出来事だったのかもしれません。

また、タイトルのラスホルムはマンチェスターの一地区の事ですが、”悪党”とは何を指すのでしょうか? 安っぽい遊園地で子供たちに薄っぺらい夢を与えるフェアに対する批判でしょうか? いやな思い出があるのかもしれません。

 

 

モリッシーの生き方と音楽について

ギタリスト・作曲者側から見たザ・スミスの真実