スポンサーリンク

The Smiths – Nowhere Fast 歌詞の意味と和訳

2018-12-23

The Smiths – Nowhere Fast
ザ・スミス – ノーホエア・ファスト

 

 

The Smithsのセカンドアルバム「Meat Is Murder」(1985年) の7曲目に収録されている楽曲です。

ベスト盤「…Best II」(1992年) 、「The Sound of The Smiths」(2008年) にも収録されています。

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「ノーホエア・ファスト」とは、”停滞した状態”を指す言葉です。

「僕にまともな感情があれば、(恥ずかしくて) 死んでしまう」という言葉からは、富裕層や王族を厚顔無恥で無感覚なもの(ノーホエア・ファスト)として嫌悪し、こき下ろしているものと解釈できます。

 

 

歌詞と和訳

Written by Morrissey & Johnny Marr

I’d like to drop my trousers to the world
I am a man of means, of slender means

Each household appliance
Is like a new science in my town

世界に向かってズボンを下ろしてやりたい
僕は資産家さ、ちっぽけな資産のね
僕の町ではどんな電化製品も
最新の科学だと思われている

 

And if the day came when I felt a natural emotion
I’d get such a shock I’d probably jump in the ocean
And when a train goes by, it’s such a sad sound
No, no, no, no, no

It’s such a sad thing

僕にまともな感情が芽生えたら
あまりのショックで、海にでも飛び込んでしまうだろう
列車が通り過ぎる音はとても悲しげ

何とも悲しげさ

 

 

I’d like to drop my trousers to the Queen
Every sensible child will know what this means

The poor and the needy
Are selfish and greedy on her terms

女王陛下の前でズボンを下ろしてやりたい
勘のいい子供なら、これがどういう事かわかるさ
女王陛下のお言葉によれば
貧乏人はわがままで欲深い人間なんだって

 

And if the day came when I felt a natural emotion
I’d get such a shock I’d probably jump in the ocean
And when a train goes by, it’s such a sad sound
No, no, no, no, no

It’s such a sad thing

僕にまともな感情が芽生えたら
あまりのショックで、海にでも飛び込んでしまうだろう
列車が通り過ぎる音はとても悲しげ

何とも悲しげさ

 

And when I’m lying in my bed
I think about life And I think about death

And neither one particularly appeals to me

ベッドに横たわり
生と死について思いをめぐらす
だけど、どちらにも大して興味が沸いてこない

 

And if the day came when I felt a natural emotion
I’d get such a shock I’d probably lie
In the middle of the street and die
I’d lie down and die, oh-oh

僕にまともな感情が芽生えたら
あまりのショックで僕は道の真ん中に横たわり
死んでしまうだろう

倒れて死んでしまうだろうよ、あぁ