スポンサーリンク

The Smiths – Panic 歌詞の意味と和訳

2018-12-23

The Smiths – Panic
ザ・スミス – パニック

 
 

The Smithsの12枚目のシングルとして1986年7月にリリースされた曲です。

オリジナルアルバムには未収録ですが、「The World Won’t Listen」(”世間は聴いちゃくれない” 1987年) を始め、様々なベスト盤に収録されています。

 

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

「ディスコを焼き払え、下らない曲ばかり流すDJを吊るし上げろ (絞首刑にしろ) 」という過激なフレーズが有名な、ザ・スミスの代表曲です。
ここで歌われているDJとは、ラジオDJを指しているそうです。

1986年のチェルノブイリ原発事故を伝える臨時ニュースの後、いつもどおりのヒット曲を流したDJへの憤りからこの曲が生まれたと言われています。

また、タイトルの”パニック”ですが、これは「つまらない曲が町中で流れ、耳をふさぎたくなるような状態」をパニックと表現していると思われます。

パニックを文字通りのパニックと捉え、「パニックの時でもヒット曲を流すDJを非難する」という解釈ももちろん可能ですが、「つまらない曲のパニック状態」と捉える方がよりヒット曲や大衆に対する悪意を感じます。

 

 

歌詞と和訳

Panic on the streets of London
Panic on the streets of Birmingham

I wonder to myself

Could life ever be sane again?
The leeds side-streets that you slip down
I wonder to myself

ロンドンの街中でパニック
バーミンガムの街中でパニック
僕は自分に問いかける

穏やかな暮らしは戻るだろうか?
君が通りがかるリーズの裏通りでも

僕は自分に問いかける

 

Hopes may rise on the Grasmere
But honey pie, you’re not safe here

So you run down
To the safety of the town

But there’s panic on the streets of Carlisle
Dublin, Dundee, Humberside

I wonder to myself

グラスミアあたりなら希望の光もあるかもしれないが
可愛い人よ、ここは危険だから
安全な場所へ逃げ込むんだ

だけどカーライルの街中もパニック
ダブリンも、ダンディーも、ハンバーサイドも
僕は自分に問いかける

 

Grasmere グラスミア。イングランド北西部カンブリア州の村。
都市部には耳を塞ぎたくなるような流行の曲が蔓延しているが、田舎なら大丈夫かもしれない、というニュアンス

 

Burn down the disco
Hang the blessed DJ

Because the music that they constantly play
It says nothing to me about my life
Hang the blessed DJ
Because the music they constantly play

ディスコを焼き払え
忌々しいDJを吊るし上げろ
奴らが四六時中流す曲ときたら
僕の人生にまるで響かない。
忌々しいDJを絞首刑にしろ
罪状は奴らの流す音楽さ

 

blessed 神聖な、幸せな、忌々しい

 

On the Leeds side-streets that you slip down
The provincial towns you jog ‘round

Hang the DJ, hang the DJ, hang the DJ

Hang the DJ(×28)

君が通りがかるリーズの裏通りで
君がジョギングをする地方の町で
DJを吊るせ、DJを吊るせ、DJを吊るし上げろ

DJを吊るし上げろ

 

・provincial 地方の、田舎の

 

 

Written by Steven Morrissey / Johnny Marr
Panic Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc, Universal Music Publishing Group