スポンサーリンク

<和訳>The Smiths – Handsome Devil

2018-08-05

The Smithsのファーストシングル「Hand In Glove」(1983年) のカップリング曲として収録されていた曲です。
オリジナルアルバムには未収録で、編集盤「Hatful of Hollow」(”帽子一杯の虚無” 1984年) の6曲目に収録されています。

 

 

The Smiths – Handsome Devil
ザ・スミス – ハンサム・デビル

 

All the streets are crammed with things
Eager to be held
街は抱かれたい子たちで溢れてる
I know what hands are for
両手が何のためにあるかって
And I’d like to help myself
それは”つまみ食い”する為さ
You ask me the time
君は僕に時間を尋ねたけど
But I sense something more
それだけじゃないはず
And I would like to give
What I think you’re asking for
だから君が求めているものを
僕はあげるよ
You handsome devil
君は麗しの悪魔
Oh, you handsome devil
あぁ、君は麗しの悪魔

Let me get my hands
On your mammary glands
And let me get your head
この手で
君の乳腺と
君の頭に触れさせて
On the conjugal bed
愛し合うベッドの上で
I say, I say, I say
そうだろ、そうだろ

I crack the whip
僕が鞭打って
And you skip
君は飛び跳ねるが
But you deserve it
当然の報いさ
You deserve it, deserve it, deserve it
君は打たれて当然

A boy in the bush
茂みの中の少年一人は
Is worth two in the hand
手の中の少年二人に匹敵する
I think I can help you get through your exams
君が試験に受かるよう
僕なら手伝ってやれるよ

Oh, you handsome devil
あぁ、君は麗しの悪魔
Oh, let me get my hands
On your mammary glands
この手で
君の乳腺と
君の頭に触れさせて
On the conjugal bed
愛し合うベッドの上で
I say, I say, I say
そうだろ、そうだろ

I crack the whip
僕が鞭打って
And you skip
君は飛び跳ねるが
But you deserve it
当然の報いさ
You deserve it, deserve it, deserve it
君は打たれて当然

And when we’re in your scholarly room
僕ら二人で君の勉強部屋にいる時
Who will swallow whom ?
どっちがどっちのを受けようか?
(×2)
You handsome devil
君は麗しの悪魔

Oh, let me get my hands
この手で
君の乳腺と
君の頭に触れさせて
On the conjugal bed
愛し合うベッドの上で
I say, I say, I say
そうだろ、そうだろ

There’s more to life than books, you know
本に書かれている以上のことが、人生にはある
But not much more
それほど多くはないけどね
(×2)

Oh, you handsome devil (×2)
君は麗しの悪魔

Written by Steven Morrissey / Johnny Marr
Handsome Devil Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc, Universal Music Publishing Group

 

言葉の意味・解説

cram 詰め込む

eager 熱望して、しがたって

help myself 食べる、我慢する

mammary gland 乳腺。(mammary=乳房の、gland=腺)

conjugal 夫婦の

・I say 「おい」「まあ」などの感嘆の意味を表します

A boy in the bush is worth two in the hand
英語の格言「a bird in the hand is worth two in the bush」=「藪の中の2羽の鳥よりも、手の中の1羽の鳥(=不確実な大きい利益よりも、小さくても確実な利益)の方が望ましい」をもじったものです。「bush」(茂み)という言葉も、ここでは意味深く聴こえます。

 

雑記

物議を醸すであろう、非常に際どい表現がたくさん登場する歌詞です。「少年への愛」というヤバいテーマを感じさせます。

 

濃密なディスクガイドです

ギタリスト・作曲者側から見たザ・スミスの真実