スポンサーリンク

<和訳>The Smiths – I Want The One I Can’t Have

2018-05-28

The Smithsのセカンドアルバム「Meat Is Murder」(1985年) の3曲目に収録されている曲です。

 

 

The Smiths – I Want The One I Can’t Have
ザ・スミス – アイ・ウォント・ザ・ワン・アイ・キャント・ハヴ

 

On the day that your mentality
Decides to try to catch up with your biology
君の心の成長が体の成長に
追いつこうとする時
Come round …
こっちに来な
‘Cause I want the one I can’t have
だって僕は手に入らないものが欲しい
And it’s driving me mad
僕を狂わせるほどの思いが
It’s all over, all over, all over my face
僕の顔の、あらゆるところに現れているのさ

On the day that your mentality
Catches up with your biology
君の心の成長が体の成長に
追いつこうとする時

I want the one I can’t have
僕は手に入らないものが欲しい
And it’s driving me mad
僕を狂わせるほどの思いが
It’s all over, all over, all over my face
僕の顔に、嫌という程現れている

A double bed
ダブルベッドと
And a stalwart lover for sure
揺るぎない確かな恋人
These are the riches of the poor
これが貧乏人にとっての贅沢
A double bed
ダブルベッドと
And a stalwart lover for sure
揺るぎない確かな恋人
These are the riches of the poor
これが貧乏人にとっての贅沢

And I want the one I can’t have
僕は手に入らないものが欲しい
And it’s driving me mad
僕を狂わせるほどの思い
It’s all over, all over, all over my face
僕の顔に、嫌という程現れている

A tough kid who sometimes swallows nails
爪を噛む癖をもった屈強な少年

Raised on Prisoner’s Aid
囚人家庭への援助で育てられた

He killed a policeman when he was
Thirteen
彼が十三歳の時、一人の警官を殺した

And somehow that really impressed
Me
僕はなぜだかとても感銘を受けたんだ

And it’s written all over my face
僕の顔にそう書かれているだろ

Oh, these are the riches of the poor
あぁ、これこそ貧乏人にとっての贅沢

These are the riches of the poor
これこそ貧乏人にとっての贅沢

I want the one I can’t have
僕は手に入らないものが欲しい

And it’s driving me mad
僕を狂わせるほどの思い

It’s written all over my face
僕の顔にそう書かれているだろ

On the day that your mentality
Catches up with your biology
君の心の成長が体の成長に
追いつこうとする時

And if you ever need self-validation
君に自己検証が必要になったら

Just meet me in the alley by the
Railway station
駅の近くの路地裏で僕と会おう

It’s all over my face
僕の顔に現れてるんだ
Oh…

 

Written by Steven Morrissey / Johnny Marr
I Want the One I Can’t Have Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc, Universal Music Publishing Group

 

言葉の意味・解説

stalwart たくましい、確固とした、揺るがない

 

雑記

「心の成長が体の成長に追いつく頃」のフレーズは、いかにもモリッシーらしい、思春期的なフレーズです。しかし、核心部分をぼやかすような歌詞が気になります。

狂おしいほどに欲しい「手に入れられないもの」とは一体何か。それを思春期の少年に告白するのはどうしてか。「自己検証」とは何か、「裏通りで会おう」とはどういう意味か…。
なんとなく同性愛(少年愛)の匂いが感じられてしまう、際どい詞です。

 

 

モリッシーの生き方と音楽について