スポンサーリンク

<和訳>The Smiths – What She Said

2018-05-31

The Smithsのセカンドアルバム「Meat Is Murder」(1985年) の4曲目に収録されている曲です。

 

 

The Smiths – What She Said
ザ・スミス – ホワット・シー・セッド

 

What she said
彼女は言った
“How come someone hasn’t noticed
That I’m dead
「どうして誰も、私が死んでいることに気付いて
And decided to bury me?
私を埋葬してくれないのかしら?
God knows, I’m ready!”
私はいつもそのつもりなのに、誰も知らないのね!」
La-la-la…

What she said was sad
彼女の言葉は悲しかった
But then, all the rejection she’s had
To pretend to be happy
かといって、
全面的に否定されても幸せそうに振る舞う彼女は
Could only be idiocy
愚かにしか見えなかっただろう
La-la-la…

What she said was not for the job or
Lover that she never had
彼女の言葉は、
手に入らない仕事や恋人の為ではなかったんだ

Oh…
No no no…

 

What she read
彼女が読むのは
All heady books
都合よく酔える本ばかり
She’d sit and prophesise
彼女はただ座りながら予言する
(It took a tattooed boy from
Birkenhead
To really really open her eyes)
(バーケンヘッド出身の
タトゥーが入った少年
彼女をついに目覚めさせた)
×2

What she said
彼女は言った
“I smoke ‘cause I’m hoping for an
Early death
「早死にしたいから私は煙草を吸うの
And I need to cling to something!”
何かすがるものが必要なのよ!」
×2

No no no no…

 

Written by Steven Morrissey / Johnny Marr
What She Said Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc, Universal Music Publishing Group

 

言葉の意味・解説

heady 向こう見ずな、性急な、うきうきした、頭痛のする

prophesise prophesize(予言する)と同じものか?

Birkenhead バーケンヘッド。イギリスのマージー川沿いにある町。
 ”彼女”の目を開かせた「a tattooed boy from Birkenhead」とはジョニー・マーを暗に指している(彼自身はマンチェスター出身ですが)という説もあります。そうだとすると”She”はモリッシー自身という事になりますが…。

 

 

モリッシーの生き方と音楽について