スポンサーリンク

Red Hot Chili Peppers – Can’t Stop 歌詞の意味と和訳

2017-12-25

Red Hot Chili Peppers – Can’t Stop
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ – キャント・ストップ

 

 

Red Hot Chili Peppersの8作目のアルバム「By The Way」(2002年) の7曲目に収録された曲です。
同アルバムからの3枚目のシングルとしても2003年1月にリリースされました。

人気の高い曲ですが、意外にもベスト盤(Greatest Hits)には収録されていません。

 

 

 

歌詞の意味と解釈

歌詞では歯切れのよい韻が多く使われています。アンソニーらしい抽象的なフレーズや言葉遊びも多く見られます。

大まかな意味としては、音楽やエンターテイメントがもたらすパワーや、人々の行動や思考が「影響の連鎖を続けていく事」(”Can’t Stop”)の素晴らしさ等を歌っているのではないか、と解釈しました。

 

 

歌詞と和訳

Written by Chad Smith, Anthony Kiedis, John Frusciante & Flea

Can’t stop, addicted to the shindig
Chop Top, he says I’m gonna win big

Choose not a life of imitation
Distant cousin to the reservation

やめられないぜ パーティーの虜さ
チョップ・トップ、奴は俺が大金持ちになるって言ってた

まがい物の人生なんて選ぶなよ
離れた従兄弟の予約席

 

Chop Top チョップ・トップ
一般的には天井部分を低くした改造車の事を指すようですが、海外の歌詞サイトで”チョップ・トップ”とはレッチリの最初期に一緒に仕事をしたレコーディング・プロデューサーの名前(ニックネーム?)だという記述がありました。

 

Defunkt, the pistol that you pay for
This punk, the feeling that you stay for

In time I want to be your best friend
East side lovers living on the west end

デファンクト、お前が買えるピストル
変わらない気持ちこそパンクってやつだ
いつかお前の親友になりたい
東側の愛人が西のはずれで暮らす

 

defunkt デファンクト。1970年代から80年代にかけて活動したジャズ・ファンク・ロック・バンド。詳しくは後述。ここは素直に同バンドへのリスペクトだと思われます(この曲が影響下にあるのは間違いなさそうです)

 

Knocked out but boy you better come to
Don’t die, you know the truth as some do

Go write your message on the pavement
Burn so bright I wonder what the wave meant

倒されたって 目を覚ました方がいいぜ
死んだりするなよ 真実はきっとわかる
歩道にメッセージを記すんだ
まぶしく輝く その意味を知りたい

 

White heat is screaming in the jungle
Complete the motion if you stumble
Go ask the dust for any answers
Come back strong with fifty belly dancers

ホワイトヒートがジャングルに響き渡る
つまづいたって完璧な動き
答えは積もった塵の中にある
50人のベリーダンサーと一緒に強くなって帰ってきな

 

white heat ホワイト・ヒート。直訳すると「白い熱」ですが、アメリカのオルタナティヴロックバンドの元祖と言えるバンド Velvet Undergroundの傑作アルバム「White Heat White Light」からとっている可能性もあります

 

 

The world I love
The tears I drop

To be part of
The wave, can’t stop
Ever wonder if it’s all for you?

愛する世界で
流す涙が
波の一部になる、
止められない

それが全部お前の為だって、考えたことあるかい?

 

The world I love
The trains I hop

To be part of
The wave, can’t stop
Come and tell me when it’s time to

愛する世界で
飛び乗る列車が
波の一部になる、
止められない

その時が来たら教えてよ

 

 

Sweetheart is bleeding in the snow cone
So smart, she’s leading me to ozone

Music the great communicator
Use two sticks to make it in the nature
I’ll get you into penetration
The gender of a generation
The birth of every other nation
Worth your weight, the gold of meditation

かき氷の中で傷つく愛しい人
賢くて、俺をオゾンまで導いてくれる

音楽は素晴らしいコミュニケーター
2本の棒を自然の中で上手く使いな
お前の中へ侵入していく

世代の性別
あらゆる国家の誕生
重量の価値、黄金の瞑想

 

penetration 貫通、侵入

 

This chapter’s going to be a close one
Smoke rings, I know your going to blow one

All on a spaceship persevering
Use my hands for everything but steering

この章は終わりに近づいていく
お前は煙の輪っかを吐いた
みんな宇宙船の中で辛抱している
操縦以外ならなんでも任せてくれ

 

Can’t stop the spirits when they need you
Mop tops are happy when they feed you

J. Butterfly is in the treetop
Birds that blow the meaning into bebop

お前を必要とする心は止められない
マッシュルームヘアーの奴らは与えるのが好きなんだ
J.バタフライは木の上にいる
ビーバップに意味を吹き込む鳥たち

 

Mop tops モップ・トップス。日本でいうところのマッシュルームヘアです。そういう髪型をしたビートルズの事を指しているかもしれません。


Yeah 。Yeah 。Yeah 。Mop Topウィッグ

J.Butterfly 女性活動家のJulia Butterfly Hill(ジュリア・バタフライ・ヒル)。詳しくは後述。


bebop ビバップ。1940年代に成立したと言われるジャズの一形態。

 

The world I love
The tears I drop

To be part of
The wave, can’t stop
Ever wonder if it’s all for you?

愛する世界で
流す涙が
波の一部になる、
止められない

それが全部お前の為だって、考えたことあるかい?

 

The world I love
The trains I hop
To be part of
The wave, can’t stop
Come and tell me when it’s time to

愛する世界で
飛び乗る列車が
波の一部になる、
止められない

その時が来たら教えてよ

 

Wait a minute I’m passing out
Win or lose, just like you
Far more shocking
Than anything I ever knew
How about you?

Ten more reasons
Why I need somebody new just like you
Far more shocking than anything I ever knew
Right on cue

俺が意識をとばすまでちょっと待って
勝ちか負けか、お前次第
俺が知ってるものより
もっとずっと刺激的
お前はどう?

お前みたいな奴を必要とする
10個以上の理由がある
俺が知ってるものよりもっとずっと刺激的

思ったとおりさ

 

pass out 気絶する、意識が飛ぶ

 

Can’t stop, addicted to the shinding
Chop Top, he says I’m gonna win big

Choose not a life of imitation
Distant cousin to the reservation

やめられないぜ パーティーの虜さ
チョップ・トップ、奴は俺が大金持ちになるって言ってた
まがい物の人生なんて選ぶなよ
離れた従兄弟の予約席

 

Defunkt, the pistol that you pay for
This punk, the feeling that you stay for

In time I want to be your best friend
East side lovers living on the west end

デファンクト、お前が買えるピストル
変わらない気持ちこそパンクってやつだ
いつかお前の親友になりたい
東側の愛人が西のはずれで暮らす

 

Knocked out but boy you better comet to
Don’t die, you know the truth as some do

Go write your message on the pavement
Burn so bright I wonder what the wave meant

倒されたても、目を覚ました方がいいぜ
死ぬんじゃないよ 真実はきっとわかる
歩道にメッセージを記せ
まぶしく輝く その意味を知りたい

 

Kick start the golden generator
Sweet talk but don’t intimidate her

Can’t stop the gods from engineering
Feel no need for any interfering

黄金のジェネレーターを蹴って作動させろ
甘い言葉だけど彼女を脅すな
神々の研究は止められない
干渉する必要なんてないさ

 

interfering 干渉する、邪魔する

 

Your image in the dictionary
This life is more than ordinary

Can I get two, maybe even three of these?
Coming from space
To teach you of the Pleiades

Can’t stop the spirits when they need you
This life is more than just a read through

辞書にある君の想像
この人生はありきたりじゃない

2つ、3つもらえないか?
プレアデス星団について教えるため
宇宙からやって来たのさ

お前を必要とする心は止められない
この人生は読むだけより素敵さ

 

 

 

言葉の解説

defunkt デファンクト。1970年代から80年代にかけて活動したジャズ・ファンク・ロック・バンド。歌い方も含め、だいぶ影響を受けていると思われます。

 

 

J.Butterfly Julia Butterfly Hill(ジュリア・バタフライ・ヒル)。森林伐採に対する抗議として、2年間樹上生活を行った活動家。著書は「一本の樹が遺したもの」というタイトルで日本でも出版されています。

 

 

bebop ビバップ。1940年代に成立したと言われるジャズの一形態。

 

 


レッドホットチリペッパーズ Tシャツ/レッド・ホット・チリペッパーズ(レッチリ) Red Hot Chili Peppers バンドTシャツ/ロックTシャツ Band T−SHIRTS/rock/ロック ファション/RHC/アスタリスク*メンズ/レディース【メール便OK】