スポンサーリンク

<歌詞和訳>Universally Speaking – Red Hot Chili Peppers 曲の解説と意味も

2019-03-24Red Hot Chili Peppers 歌詞和訳[恋愛] 情熱的な愛, [表現] ドラッグソング

Red Hot Chili Peppers – Universally Speaking
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ – ユニヴァーサリー・スピーキング

 

アメリカのロックバンド レッド・ホット・チリ・ペッパーズの8thアルバム「By The Way」(2002年) に収録されている曲です。

同アルバムからの5枚目のシングルとしても2003年7月にリリースされました。

シャッフルするギターリフを中心にした、レッチリには珍しいギターポップ調の曲です。

ミュージックビデオは、『By The Way』に登場したアブないタクシードライバーが主人公になっています。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「ユニヴァーサリー・スピーキング」とは “一般的に言えば” や、”どこでも言われる話” という意味になります。

歌詞は、基本的にはラヴソングのようですが、愛情を言葉で伝えようとすると、どんなに特別な気持ちも “有りがちな言葉” になってしまう、という意味がタイトルに込められていると解釈しました。

相手の女性は、普通の女性ではなく娼婦やジャンキーであると解釈されています(そう捉えると、歌詞の細部も辻褄が合います)。

 


レッドホットチリペッパーズ Tシャツ/レッド・ホット・チリペッパーズ(レッチリ) Red Hot Chili Peppers バンドTシャツ/ロックTシャツ Band T−SHIRTS/rock/ロック ファション/RHC/アスタリスク*メンズ/レディース【メール便OK】

 

歌詞と和訳

Written by John Frusciante, Chad Smith, Flea & Anthony Kiedis

I saw your face
Elegant and tired
Cut up from the chase
Still I so admire

Bloodshot your smile
Delicate and wild
Give me she-wolf style
Rip right through me

君を見かけたよ
優雅だけど疲れていたね
何かに追われて無残な姿
だけど俺は見とれてた

微笑んでも目は血走っている
繊細だけど荒んでいる
雌オオカミ式でやってくれよ
俺を切り裂くぐらいのつもりでさ

 

cut up 切り刻む、傷つける、けなす
chase 追跡、追い回す
admire 称賛する、眺める
bloodshot 充血した、血走った
she-wolf 雌オオカミ、貪欲な女

 

Silveretta, the jets of a lifetime
Go and get her, I got her on my mind
Nothing better, the feeling is so fine
Simply put, I saw your love stream flow

シルベレッタ、一生分の飛行(想い)
あの娘のもとへ行って捕まえるんだ、あの娘が頭から離れない
これ以上、素晴らしい気持ちなんて無い
簡単に言えば、君の愛が体中を流れている、って事さ

 

Silveretta シルヴェレッタ。女性の名前だと解釈しました。
simply put 簡単に言えば

 

Come on baby, ‘cause there’s no name for
Give it up and I got what I came for
Universally speaking
I take it back and you make me nervous
Nothing better than love and service
Universally speaking
Win in the long run

さあベイビー、他に呼び方も無いから
観念しなよ、俺はやり遂げる
有りがちな言い方だけど
言い直すよ、緊張しているんだ
愛と奉仕に、勝るものなんてない
有りがちな言い方だけど
長い目で見れば勝ちさ

 

take it back 前言撤回、取り消す

 

I saw your crime
Dying to get high
Two of a kind
Beats all hands tonight

君の悪事を知ってる
ハイになりたくてたまらない
似た者同士の俺ら
今夜、どんな奴らにも負けないよ

 

dying to 熱望している
two of kind 似た者同士
 トランプのポーカーゲームの「ツー・ペア=一番弱い役」を指しているとも考えられます。「僕らはツーペアだけど、今夜はどんな役も倒せる」(ちなみにスリーカードやフォーカードはThree of a kind、Four of a kindと呼びます)


Two of a Kind

 

Silveretta, the jets of a lifetime
Go and get her, I got her on my mind
All the better, to make it so fine
Simply put, I saw your love stream flow

シルベレッタ、一生分の飛行さ
あの娘のもとへ行って捕まえるんだ、あの娘が頭から離れない
これ以上、素晴らしい気持ちなんて無い
簡単に言えば、君の愛が体中を流れている、って事さ

 

Come on baby, ‘cause there’s no name for
Give it up and I got what I came for
Universally speaking
I take it back and you make me nervous
Nothing better than love and service
Universally speaking
I win in the long run

さあベイビー、他に呼び方も無いから
観念しなよ、俺はやり遂げる
有りがちな言い方だけど
言い直すよ、緊張してるんだ
愛と奉仕に、勝るものなんてない
有りがちな言い方だけど
長い目で見れば勝ちさ

 

Silveretta, the jets of a lifetime
Go and get her I got her on my mind
Nothing better, the feeling is so fine
Simply put I saw your love stream flow
Simply put I saw your love stream flow
Let’s go

シルベレッタ、一生分の飛行さ
あの娘のもとへ行って捕まえるんだ、あの娘が頭から離れない
これ以上、素晴らしい気持ちなんて無い
簡単に言えば、君の愛が体中を流れている
簡単に言えば、君の愛が体中を流れている、って事
さぁ、行こう

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

By The Way(2002年)

 

歌とメロディが強調された8thアルバムで、この作品を最高傑作と呼ぶ人も多いです。

 

Greatest Hits(2003年)

 

5th「Blood Sugar Sex Magik」から8th「By The Way」までの代表曲を収録したベストアルバム。アルバム未収録曲が入っているのはグッドですが、1,2を争う人気曲『Can’t Stop』が入ってないのはいただけません。

 

フルボリュームのインタビュー記事やディスクレビューなど