スポンサーリンク

Oasis – Wonderwall 歌詞の意味と和訳

2017-12-26

Oasis – Wonderwall
オアシス – ワンダーウォール

Oasisのセカンドアルバム「(What’s the Story) Morning Glory?」(1995年) の3曲目に収録された曲です。

同アルバムからの3枚目のシングルとしても1995年10月にリリースされています。

 

母国イギリス以外では、オアシスの曲の中で最も売れた曲でもあり、アメリカのビルボードチャートの8位にチャートインしました(オアシスにとっての、アメリカのチャート最上位でした)。

 

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「ワンダーウォール」は造語らしく、特定の意味は無いそうです。

 

ノエル・ギャラガーはこの曲について「(当時の恋人)メグ・マシューズについての歌」だと、イギリスの音楽雑誌NMEのインタビューで語ったとされていますが、後にノエルはそれを否定し「想像上の友人に救われる歌」だと発言しています。

 

後者のノエルの言葉から解釈すると、歌詞の内容は「落ち込んでいる友人を励ましている」ものだと思われます。

 

また、曲中の自分と相手(友人)の距離感は、”同一人物”だと考える方がしっくり来るので、ノエルの言う”想像上の友人”とは、自分自身を指しているのかもしれません。

その為、以下の訳では「落ち込んでいる自分をもう一人の自分が励ましている」という解釈で、訳してみました。

 

 

歌詞と和訳

Written by Noel Gallagher

Today is gonna be the day
That they’re gonna throw it back to you

By now you should’ve somehow
Realized what you gotta do
I don’t believe that anybody
Feels the way I do, about you now

とうとうお前にツケがまわってくる
今日はそんな日になりそうだ。
お前はどうにか気づくべきだったよ、
どうすべきだったのかを。

お前の事をこんなに思っているのは
俺以外いないはずさ

 

throw back 投げ返す、撃退する、やり返す、後戻りする
”they’re gonna throw it back to you”they は、人ではなく困難やトラブルのようなものだと解釈し、「ツケがまわってくる」と訳しています。

 

Backbeat, the word was on the street
That the fire in your heart is out

I’m sure you’ve heard it all before
But you never really had a doubt
I don’t believe that anybody
Feels the way I do about you now

騒々しいバックビートのように、街で噂になっている
お前の情熱は消えちまったんだと。

前にも聞いただろうけど
お前の信念が揺らいだ事なんてなかったよな。

お前の事をこんなに思っているのは
俺以外いないはずさ

 

And all the roads we have to walk are winding
And all the lights that lead us there are blinding

There are many things that I
Would like to say to you but I don’t know how

俺達が進む道は曲がりくねっていて
照らす光が眩しくて何も見えない。
お前に話したいことは山ほどあるけど
とても話し切れないさ

 

・blinding まばゆい、目が眩むような
曲がりくねった道や眩しすぎる光によって「先を見通すことができない状態」ですが、そこには不安と同じくらいの希望がある、と思われます。

 

Because maybe, you’re gonna be the one that saves me
And after all, you’re my wonderwall

なぜって、お前だけが俺を救える気がするから
つまり、お前は俺の”魔法の壁”さ

 

 

Today was gonna be the day
But they’ll never throw it back to you
By now you should’ve somehow
Realized what you’re not to do
I don’t believe that anybody
Feels the way I do, about you now

今日はヤバイ日になりそうだったが
結局何もやって来なかった。
お前はどうにか気づくべきだったよ、
やっちゃいけない事に。
お前の事をこんなに思っているのは
俺以外いないはずさ

 

And all the roads that lead you there are winding
And all the lights that light the way are blinding

There are many things that I
Would like to say to you but I don’t know how

お前を導くのは曲がりくねった道
照らす光の眩しさに目が眩んじまう
お前に話したいことは山ほどあるけど
とても話し切れないさ

 

I said maybe, you’re gonna be the one that saves me
And after all, you’re my wonderwall(×2)

言っただろ、お前だけが俺を救える気がするんだ
つまり、お前は俺の”魔法の壁”さ

 

I said maybe, you’re gonna be the one that saves me
you’re gonna be the one that saves me(×2)

言っただろ、お前だけが俺を救える気がするんだ
お前が俺を救えるんだ

 

 


OASIS オアシス (NOEL来日記念 ) – MORNING GLORY / マグカップ 【公式 / オフィシャル】

 

言葉の解説

wonderwall ワンダーウォール

歌詞に登場する”俺”と”お前”を同一人物だと解釈すると、「お前の事を誰よりも思っている俺」で「俺を救えるのはお前だけ」なのも納得できます。

「お前は俺のワンダーウォール」という抽象的なフレーズが、”おまじないのように”自分に対して言われているとすると、それはそれは趣があります。

 

またワンダーウォールの言葉の由来は、1968年の映画「Wonderwall」と、そのサウンドトラック「Wonderwall Music」(ビートルズのジョージ・ハリスンのソロ第1作目)にあります。

ビートルズを信奉するノエルらしく、その言葉にイマジネーションを感じたのではないでしょうか。

 

 

雑記

オアシス最大のヒット曲となり、特に母国のイギリス以外では「オアシスの代表曲」とされています。

しかし、当のギャラガー兄弟は内省的なこの曲をあまり好ましく思っていないらしく、『Live Forever』こそオアシスの代表曲であるべきという発言をしています。

 

 


オアシス OASIS メンズ レディース ユニセックス 半袖Tシャツsswh00315-m