スポンサーリンク

<歌詞和訳>Thank You For Your Venom – My Chemical Romance 曲の解説と意味も

2020-02-29My Chemical Romance 歌詞和訳作り手の苦悩

My Chemical Romance – Thank You For Your Venom
マイ・ケミカル・ロマンス – サンキュー・フォー・ユア・ヴェノム

 

アメリカ ニュージャージー州出身のパンク/エモ ロックバンド マイ・ケミカル・ロマンスの、2ndアルバム「Three Cheers For Sweet Revenge」(邦題:スウィート・リベンジ) に収録されている曲です。

同アルバムの5枚目のシングルとして、2004年12月にリリースされました。

 

歌詞の意味と解釈

タイトル「センキュー・フォー・ユア・ヴェノム」を直訳すると ”君達の憎しみにありがとう” となります。

歌詞はかなり抽象的な内容ですが、「ファンからのバッシングも批評家からの批判も、真正面から受け止める」ものと解釈すると、それなりに筋道が通るので、そのように訳しました。

 

歌詞と和訳

Written by Matt Pelissier, Frank Iero, Ray Toro, Mikey Way & Gerard Way

Sister, I’m not much a poet, but a criminal
And you never had a chance
Love it or leave it, you can’t understand
A pretty face, but you do so carry on
And on, and on

シスター、俺は詩人なんかじゃなく、罪人だ
君には縁が無かったのさ
愛するか、さもなくば立ち去るか、君にはわからないだろうけど
綺麗な顔して、うるさい奴だ
いつまでも、いつまでも

 

carry on 続けていく、続行する、取り乱す
on and on 引き続き、休まずに

 

I wouldn’t front the scene if you paid me
I’m just the way that the doctor made me
On, and on, and on, and on

Love is the red, the rose on your coffin door
What’s life like, bleeding on the floor?
The floor, the floor

カネをもらっても、シーンの最前線にいくつもりはない
俺はドクターの言う通りに動くだけ
いつまでも、いつまでも

愛は赤、それは君の棺桶の蓋を飾るバラ
フロアの上で血を流す、そんな人生って何だ?
フロアで、フロアで

 

You’ll never make me leave
I wear this on my sleeve
Give me a reason to believe

俺をやめさせる事はできない
はっきり言ってやるから
信じるに足る理由をくれ

 

wear this on my sleeve 「wear one’s heart on one’s sleeve=感情をはっきり表す、あけすけに言う」と同じような意味と思われます

 

So, give me all your poison and give me all your pills
And give me all your hopeless hearts and make me ill
You’re running after something that you’ll never kill
If this is what you want, then fire at will

君の毒を全部くれ、クスリも全部くれ
希望を無くした心をくれ、俺を堕落させてくれ
君が追いかけているもの、それは君が終わらせられないもの
それでも君が望むなら、思い通り撃てばいい

 

run after あとを追う、世話をする

 

Preach all you want, but who’s gonna save me?
I keep a gun in the book you gave me
Hallelujah, lock and load

Black is the kiss, the touch of the serpent son
It ain’t the mark or the scar that makes you one
And one, and one, and one

好きなだけ説教すればいい、でも俺を救うの誰だい?
君がくれた本(聖書?)の中に銃をしまう
ハレルヤ、銃創に弾を詰める

黒はキス、それは悪魔の子に触れる事
君を証明するものは、そのアザでも、その傷でもない
いつまでも、いつまでも

 

serpent 蛇、悪魔

 

You’ll never make me leave
I wear this on my sleeve
Give me a reason to believe

俺をやめさせる事はできない
はっきり言ってやるから
信じるに足る理由をくれ

 

So, give me all your poison and give me all your pills
And give me all your hopeless hearts and make me ill
You’re running after something that you’ll never kill
If this is what you want, then fire at will

君の毒を全部くれ、クスリも全部くれ
希望を無くした心をくれ、俺を堕落させてくれ
君が追いかけているもの、それは君が終わらせられないもの
それでも君が望むなら、思い通り撃てばいい

 

You’ll never make me leave
I wear this on my sleeve
You want to follow something
Give me a better cause to lead
Just give me what I need
Give me a reason to believe

俺をやめさせる事はできない
はっきり言ってやる
君は付いていくものが欲しいんだ
そうなるマシな原因をくれ
必要なものだけをくれ
信じるに足る理由をくれ

 

So, give me all your poison and give me all your pills
And give me all your hopeless hearts and make me ill
You’re running after something that you’ll never kill
If this is what you want, then fire at will

君の毒を全部くれ、クスリも全部くれ
希望を無くした心をくれ、俺を堕落させてくれ
君が追いかけているもの、それは君が終わらせられないもの
それでも君が望むなら、思い通り撃てばいい

 

So, give me all your poison and give me all your pills (Fire at will)
And give me all your hopeless hearts and make me ill (Fire at will)
You’re running after something that you’ll never kill (Fire at will)
If this is what you want, then fire at will (Fire at will)

君の毒を全部くれ、クスリも全部くれ(撃てばいい)
希望を無くした心をくれ、俺を堕落させてくれ(撃てばいい)
君が追いかけているもの、それは君が終わらせられないもの(撃てばいい)
それでも君が望むなら、思い通り撃てばいい(撃てばいいい)

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Three Cheers for Sweet Revenge(邦題:スウィート・リベンジ 2004年)

 

メジャーデビュー作となった2ndアルバム。「祖母の死」(愛する人の死) をテーマにしたと言われています。疾走感とメロディが、がむしゃらなエモーションで放たれる作品です。
アルバムタイトルを直訳すると「甘い復讐に3度乾杯」となります。