スポンサーリンク

<歌詞和訳>Helena – My Chemical Romance 曲の解説と意味も

2019-11-16My Chemical Romance 歌詞和訳死別/哀悼

My Chemical Romance – Helena
マイ・ケミカル・ロマンス – ヘレナ

 

アメリカ ニュージャージー州出身のパンク/エモ ロックバンド マイ・ケミカル・ロマンスの、2ndアルバム「Three Cheers For Sweet Revenge」(邦題:スウィート・リベンジ) に収録されている曲です。

同アルバムの3枚目のシングルとして、2005年3月にリリースされました。

一部ではタイトルが『Helena(So Long & Goodnight)』と、サブタイトルが付けられています。

 

歌詞の意味と解釈

この曲は、ジェラルド(と弟マイキー) の祖母エレナの死がテーマになっているそうです。
(祖母の名前はエレナですが、ジェラルドは小さい頃から “ヘレナ” と呼んでいたそうです)

ジェラルドの祖母への深い愛情はたびたび語られており、幼い頃は祖母を喜ばせるために歌を歌っていたと言われています。

そして、この曲で歌われているのは、祖母の最期に立ち会えなかった後悔と自己嫌悪だそうです。

 

一方、海外では、ミュージックビデオにあるような「若くして死んだ恋人の死を嘆いたもの」という解釈もされているようです。確かに歌詞には「祖母の死」と捉えるのが不自然な箇所もあります。

しかし、ここではジェラルドの発言をもとに「祖母の死と、それを乗り越えられずに悲嘆する自分」という解釈で、訳させていただきました。

 

歌詞と和訳

Written by Ray Toro, Mikey Way, Gerard Way, Frank Iero & Matt Pelissier

Long ago
Just like the hearse you die to get in again
We are so far from you

ずっと前のように
あなたが死んで、もう一度霊柩車に乗せられていくように
遠ざかってしまう

 

hearse 霊柩車

 

Burning on
Just like the match you strike to incinerate
The lives of everyone you know

And what’s the worst you take
From every heart you break
And like the blade you stain
Well I’ve been holding on tonight

<後悔によって、俺の怒りが>燃え上がる。
かつての知り合いを火葬する為に
あなたが灯すマッチのように

あなたが手にした最悪なものとは
<あなたの死によって>悲しみに暮れたみんなの心だ。
刃物のようなあなたの不在を
今夜、俺は耐えている

 

incinerate 焼却する、火葬する
stain 染み、汚れ

 

What’s the worst that I can say?
Things are better if I stay
So long and goodnight
So long and goodnight

俺が言える最悪な事ってなんだろう?
<言わずに胸に>留めておくべきだ
じゃあね、おやすみ
じゃあね、おやすみ

 

so long さよなら、じゃあね

 

Came a time
When every star fall
Brought you to tears again
We are the very hurt you sold

And what’s the worst you take
From every heart you break
And like the blade you stain
Well I’ve been holding on tonight

ついに訪れた
すべての星(希望)が失われる時
あなたがまた涙する
俺達は、あなたが遺した痛みなんだ

そして、あなたが手にした最悪なものとは
悲しみに暮れたみんなの心だ。
刃物のようなあなたの不在を
今夜、俺は耐えている

 

What’s the worst that I can say?
Things are better if I stay
So long and goodnight
So long and goodnight

Well, if you carry on this way
Things are better if I stay
So long and goodnight
So long and goodnight

俺が言える最悪な事ってなんだろう?
言わずに留めておくべきだ
じゃあね、おやすみ
じゃあね、おやすみ

もし、あなたがいてくれたとしても
言わずに留めておくべきだ
じゃあね、おやすみ
じゃあね、おやすみ

 

Can you hear me?
Are you near me?
Can we pretend to leave and then
We’ll meet again
When both our cars collide

俺の声は届いているかい?
あなたはそばにいてくれるかい?
あなたの死が嘘だった事にして
また会えないかな?
あなたの霊柩車と俺の車がぶつかった時にでも

 

What’s the worst that I can say?
Things are better if I stay
So long and goodnight
So long and goodnight

And if you carry on this way
Things are better if I stay
So long and goodnight
So long and goodnight

俺が言える最悪な事ってなんだろう?
言わずに留めておくべきだ
じゃあね、おやすみ
じゃあね、おやすみ

もし、あなたがいてくれたとしても
言わずに留めておくべきだ
じゃあね、おやすみ
じゃあね、おやすみ

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Three Cheers for Sweet Revenge(邦題:スウィート・リベンジ 2004年)

 

メジャーデビュー作となった2ndアルバム。「祖母の死」(愛する人の死) をテーマにしたと言われています。疾走感とメロディが、がむしゃらなエモーションで放たれる作品です。
アルバムタイトルを直訳すると「甘い復讐に3度乾杯」となります。

 

May Death Never Stop You : The Greatest Hits 2001-2013(2014年)

 

1stアルバム「I Brought You My Bullet~」(2002年) から4thアルバム「Danger Days」(2010年) まで、12年間のバンドの歴史を総括したベストアルバム。未発表曲や初期のデモ音源なども収録され、ややマニアックな作りです。
正直最初に聴くなら、2nd「Sweet Revenge」か3rd「The Black Parade」の方がおススメです。