スポンサーリンク

<歌詞和訳>Papercut – Linkin Park 曲の解説と意味も

2017-12-25Linkin Park 歌詞和訳悲観/憂鬱/苦悩

Linkin Park – Papercut
リンキン・パーク – ペイパーカット

 

ラップやメタルをミックスしたサウンドで絶大な人気を集めたアメリカのロックバンド リンキン・パークの1stアルバム「Hybrid Theory」(2000年) に収録されている曲です。

同アルバムの3枚目のシングルとして、2001年6月にリリースされました。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「ペイパーカット」とは、指先を紙で切る、”かすり傷“を指します。

この言葉は、映画「ジェイコブス・ラダー」(1990年公開) のセリフ「Papercut」(=紙で切った) からきているそうです。

この映画は、ベトナム戦争の帰還兵が幻覚や悪夢にうなされる体験を描いた映画で、この曲のテーマである「病的な妄想」(パラノイア) と一致します。

いきなり重たいテーマでデビューアルバムは幕を開けます。

 

歌詞と和訳

Written by Mr. Hahn, Rob Bourdon, Brad Delson, Mike Shinoda & Chester Bennington

<RAP>
Why does it feel like night today?

Something in here’s not right today
Why am I so uptight today?
Paranoia’s all I got left

I don’t know what stressed me first
Or how the pressure was fed
But I know just what it feels like
To have a voice in the back of my head

なぜ今日は夜みたいな胸騒ぎがする?
何か様子がおかしい
なぜこんなに不安なんだ?
残されたものは妄想だけ

最初にやってきたストレスの正体も
こんなに膨らんだプレッシャーの理由も、俺にはわからない

わかるのは、頭の後ろから
聴こえる声

 

<RAP>
Like a face that I hold inside

A face that awakes when I close my eyes
A face that watches every time I lie
A face that laughs every time I fall

(And watches everything)
So I know that when it’s time to sink or swim
That the face inside is here in me
Right underneath my skin

内側に別の顔があるみたいだ
俺が目を閉じると、その顔が目を覚ます
俺の嘘をいつも監視する
俺がしくじるといつも嘲笑う

(そしてすべてを監視する)
沈むか泳ぐか、決めるのは今だ
内側のその顔は耳を澄ましている
俺の皮膚の下で

 

It’s like I’m paranoid, looking over my back
It’s like a whirlwind inside of my head
It’s like I can’t stop what I’m hearing within
It’s like the face inside is right beneath my skin

そいつは、背後を狙われる妄想のようだ
そいつは、頭の中が渦を巻くようだ
そいつは、止まらない耳鳴りのようだ
そいつは、皮膚の下に埋められた顔のようだ

 

<RAP>
I know I’ve got a face in me

Points out all my mistakes to me
You’ve got a face on the inside, too
And your paranoia’s probably worse

I don’t know what set me off first
But I know what I can’t stand
Everybody acts like the fact of the matter
Is I can’t add up to what you can

俺の中に別の顔があるのはわかる
間違いを全部指摘してくる
お前だって内側に顔がある
お前の妄想癖の方がヤバいかもな

何がきっかけかわからないが、
俺は耐えられない
みんな当たり前のように振る舞う
みんなはできても、俺はそんな風にできない

 

But everybody has a face that they hold inside
A face that awakes when I close my eyes
A face that watches every time they lie
A face that laughs every time they fall

(And watches everything)
So you know that when it’s time to sink or swim
That the face inside is watching you, too
Right inside your skin

でも、みんなにも内側に顔がある
俺が目を閉じると、その顔は目を覚ます
奴らの嘘をいつも監視する
奴らがしくじるといつも嘲笑う

(そしてすべてを監視する)
沈むか泳ぐか、決めるのは今だ
内側のその顔は、お前の事も見ている
お前の皮膚の下で

 

It’s like I’m paranoid, looking over my back
It’s like a whirlwind inside of my head
It’s like I can’t stop what I’m hearing within
It’s like the face inside is right beneath the skin
(×2)

そいつは、背後を狙われる妄想のようだ
そいつは、頭の中が渦を巻くようだ
そいつは、止まらない耳鳴りのようだ
そいつは、皮膚の下に埋められた顔のようだ

 

<RAP>
The face inside is right beneath your skin(×3)

そいつは、皮膚の下に埋められた顔のようだ

 

The sun goes down
I feel the light betray me
(×2)

陽が沈んでいく
光に裏切られた気分になる

 

(The sun) It’s like I’m paranoid, looking over my back
It’s like a whirlwind inside of my head
It’s like I can’t stop what I’m hearing within
It’s like the face inside is right beneath the skin
(I feel the light betray me)
(×2)

(太陽が)そいつは、背後を狙われる妄想のようだ
そいつは、頭の中が渦を巻くようだ
そいつは、止まらない耳鳴りのようだ
そいつは、皮膚の下に埋められた顔のようだ
(光に裏切られた気分になる)

 

It’s like I can’t stop what I’m hearing within
It’s like the face inside is right beneath my skin

そいつは、止まらない耳鳴りのようだ
そいつは、皮膚の下に埋められた顔のようだ

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Hybrid Theory(2000年)

 

1stアルバム。この手のニューメタル(ヘヴィ・ロック) が飽和状態になりつつある中、確かなクオリティとオーディエンスを共感させるサウンドとテーマで、圧倒的な支持を得ました。2001年に世界で最も売れたアルバムであり、現在までに3,000万枚以上のセールスを上げています。
ちなみに「ハイブリッド・セオリー」とは、リンキン・パークの以前のバンド名です。

 


Linkin Park リンキン パーク メンズ レディース ユニセックス 半袖Tシャツ