スポンサーリンク

Linkin Park – Lost in the Echo 歌詞の意味と和訳

2019-07-24

Linkin Park – Lost in the Echo
リンキン・パーク – ロスト・イン・ジ・エコー

 

Linkin Parkの5作目のアルバム「Living Things」(意味は”生きとし生けるもの” 2012年) の1曲目に収録されています。

 

同アルバムは、これまでリリースした4作品をまとめたような、”ロック+ラップ”のダイナミズムと、”打ち込み+エレクトロニクス”の深遠なサウンドスケープが融合したような作品となりました。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトル「ロスト・イン・ジ・エコー」を訳すと”残響の中に消える”となります。

サビの”Each word gets lost in the echo” のフレーズにあるとおり、消えていくものとは「約束の言葉」です。

 

歌詞の内容は、相手とのこじれた関係と、たくさんの「守られなかった約束」、そして「虚しく響いて消えていく誓いの言葉」。

そんな関係に決着をつけるのが、この曲のストーリーとなっています。

 

 

歌詞と和訳

Written by Rob Bourdon, Joe Hahn, Dave Farrell, Brad Delson, Mike Shinoda & Chester Bennington

<Rap>
You were that foundation

Never gonna be another one, no
I followed, so taken
So conditioned, I could never let go

お前は俺の拠り所だった
代わりなんていない
俺は従った、夢中になった
それが当たり前になって、離れられなくなった

 

foundation 設立、根拠、拠り所、基礎
conditioned 条件付きの、慣らされた

 

<Rap>
Then sorrow, then sickness

Then the shock when you flip it on me
So hollow, so vicious
So afraid, I couldn’t let myself see

それから悲しみが押し寄せ、心が病み
お前に裏切られ、ショックを受けた
強烈な虚しさと敵意、
自分を見つめ直す事さえ、恐ろしくなった

 

flip はじく、反転させる
vicious 悪意のある、物騒な、悪質の

 

<Rap>
That I could never be held

Back or up, no, I hold myself
Check the rep, yep, you know mine well
Forget the rest, let them know my hell

There and back, yet my soul ain’t sell
Kept respect up, the best they fell
Let the rest be the tale they tell
That I was there, saying…

俺は抑えられたり、邪魔されたりしない
そう、俺は踏みとどまる
俺の評判を見てみろよ、ああ、お前もよく知ってるだろ
余計な事は忘れな、俺の地獄を見せてやるよ

戻って来たのさ、魂は売り渡さない
尊厳は保ったが、最善はヤツらが台無しにした
続きはヤツらに語らせておくよ
俺はそこで、こう言った・・・

 

be held back or up ”be held back or be held up”の意味と解釈しました
hold back 我慢する、抑止する
hold up 掲げる、上げる、妨げる
rep 名声、評判
yep YESのくだけた表現

 

In these promises broken, deep below
Each word gets lost in the echo
So, one last lie I can see through
This time, I finally let you go, go, go

守られなかった約束の、ずっと奥底で
どんな誓いも残響の中に消える
見え透いた嘘もこれで終わりさ
今度こそ、お前とお別れだ、行け、行けよ

 

<Rap>
Test my will, test my heart

Let me tell you how the odds gonna stack up
Y’all go hard, I go smart
How’s that working out for y’all in the back, huh?

俺の意思を試せ、俺の本音を試せ
積み上げた勝算を見せてやるよ
お前は強引に進み、俺は知恵を使って進む
お前は陰で、何を企んでるんだ?

 

odds 見込み、確率、勝算
stack up 積まれる、匹敵する
work out 解決する、練習する、やり遂げる

 

<Rap>
I’ve seen that frustration

Been crossed and lost and told no
And I’ve come back, unshaken
Let down and lived and let go

俺が経験したフラストレーション
裏切られ、失い、否定される。

そして俺は立ち直った、確信はある
失望の中、生き延び、お別れだ

 

cross 渡る、十字を切る、裏切る、行違う、逆らう

 

<Rap>
So, you can let it be known

I don’t hold back, I hold my own
I can’t be mapped, I can’t be cloned
I can’t C-flat, it ain’t my tone

I can’t fall back, I came too far
Hold myself up and love my scars
Let the bells ring wherever they are
‘Cause I was there, saying…

勝手な事を言えばいい
俺は引き下がらない、屈しない
何かに分類などされないし、誰かの複製にもならない
Cフラットは鳴らさない、それは俺の音じゃない

俺は逃げない、こんな遠くまで来た
自信を持ち、この傷を誇る
どこにいようと上手くやれ
俺はそこで、言うんだ・・・

 

let it be known 吹聴する
C-flat シーフラット(音階の名前)。C♭とB(=シ)は(ほぼ)同じ音階です。つまりI can’t be を言い換えている(Be=B =C♭)ものだと思われます。
 また、C-flat=see flat(平面的に見る)という意味ともとれます。
ring the bell 鐘を鳴らして呼ぶ、成功する

 

In these promises broken, deep below
Each word gets lost in the echo
So, one last lie I can see through
This time, I finally let you go

守られなかった約束の、ずっと奥底で
どんな誓いも残響の中に消える
見え透いた嘘もこれで終わりさ
今度こそ、お前とはお別れだ、行け、行けよ

 

<Rap>
No, you can tell ‘em all now

I don’t back up, I don’t back down
I don’t fold up and I don’t bow
I don’t roll over, don’t know how

I don’t care where the enemies are
Can’t be stopped, all I know, go hard
Won’t forget how I got this far
For every time, saying…

あぁ、すべてヤツらに教えちまえよ
俺は退かない、負けない
倒れない、媚びない
意見を変えない、ノウハウなど持たない

敵がどこにいようと気にしない
止められない、知っているのは、強行突破だけ
こんなところまで来れた俺のやり方を忘れるな
いつだって、俺は言う・・・

 

bow お辞儀をする
roll over 転がる、繰越す、寝返りをうつ、言いなりになる

 

In these promises broken, deep below
Each word gets lost in the echo
So, one last lie I can see through
This time, I finally let you go
Go, go, go, go, go, go

守られなかった約束の、ずっと奥底で
どんな誓いも残響の中に消える
見え透いた嘘もこれで終わりさ
今度こそ、お前とはお別れだ
行け、行けよ、行けよ

 


Linkin Park リンキン パーク メンズ レディース ユニセックス 半袖Tシャツ

 


LINKIN PARK ねんどろいどぷち LINKIN PARK set (ABS&PVC製塗装済みトレーディング可動フィギュア)