スポンサーリンク

The Beatles – Twist And Shout 歌詞の意味と和訳

The Beatles – Twist And Shout
ザ・ビートルズ – ツイスト・アンド・シャウト

 

The Beatlesのファーストアルバム「Please Please Me」(1963年) の最後を締めくくる曲です。

同アルバムは限られた予算と時間の中、既発のシングル4曲に、たった1日で録音された10曲(ほぼ一発録り)を加えて完成されました。

 

Twist And Shout』は1960年代初期に流行したリズム・アンド・ブルースの名曲で、多くのアーティストによって歌われています。

その中で、最も有名なものがビートルズによるカバーです。

 

声を枯らしたジョンが無理を押して録音に挑み、それがかえって見事なシャウトを生み出したという逸話も有名です。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

ロックンロールの起源は「ダンスする為の音楽」でした。
(参考:ジャンル解説「ロックンロールとは」)

そしてツイストとは、1960年代前半に世界的に流行したダンスで、音楽に合わせて、男女が向かい合って腰をツイストする(ひねる)踊りを指します。

 

歌詞は、そんなツイストを盛り上げるのにうってつけの内容になっています。

 

 

歌詞と和訳

Written by Bertrand Russell & Phil Medley

Well, shake it up, baby, now (Shake it up, baby)
Twist and shout (Twist and shout)
C’mon c’mon, c’mon, c’mon, baby, now (Come on baby)
Come on and work it on out (Work it on out)

さぁ、腰を振りなよ、ベイビー(シェイクしなよ、ベイビー)
踊って騒ごうぜ(ツイストしてシャウトだ)
さぁさぁ、ベイビー、ぼーっとしてないで(カモン・ベイビー)
ほら、バッチリキメるのさ(バッチリキメて)

 

work it out 上手くいく

 

Well, work it on out (Work it on out)
You know you look so good (Look so good)
You know you got me goin’, now (Got me goin’)
Just like I knew you would (Like I knew you would)

さぁ、バッチリキメて(バッチリキメて)
とっても素敵な君は(素敵な君は)
俺を夢中にさせるから(夢中にさせるから)
まさに君の思うまま(君の思うまま)

 

look good 見た目がよい、元気に見える
get me going その気にさせる、怒らせる

 

Well, shake it up, baby, now (Shake it up, baby)
Twist and shout (Twist and shout)
C’mon c’mon, c’mon, c’mon, baby, now (Come on baby)
Come on and work it on out (Work it on out)

さぁ、腰を振りなよ、ベイビー(シェイクしなよ、ベイビー)
踊って騒ごうぜ(ツイストしてシャウトだ)
さぁさぁ、ベイビー、ぼーっとしてないで(カモン・ベイビー)
ほら、バッチリキメるのさ(バッチリキメて)

 

You know you twist your little girl (Twist, little girl)
You know you twist so fine (Twist so fine)
Come on and twist a little closer, now (Twist a little closer)
And let me know that you’re mine (Let me know you’re mine)

少女みたいに踊る君(無邪気にツイスト)
とても楽しそうに踊る君(楽しげなツイスト)
もっと体を寄せて踊ろう(ぴったり合うツイスト)
君は俺のものさ(俺のものさ)

 

Baby, now (Shake it up, baby)
Twist and shout (Twist and shout)
C’mon c’mon, c’mon, c’mon, baby, now (Come on baby)
Come on and work it on out (Work it on out)

さぁ、腰を振りなよ、ベイビー(シェイクしなよ、ベイビー)
踊って騒ごうぜ(ツイストしてシャウトだ)
さぁさぁ、ベイビー、ぼーっとしてないで(カモン・ベイビー)
ほら、バッチリキメるのさ(バッチリキメて)

 

You know you twist your little girl (Twist, little girl)
You know you twist so fine (Twist so fine)
Come on and twist a little closer, now (Twist a little closer)
And let me know that you’re mine (Let me know you’re mine)

少女みたいに踊る君(無邪気にツイスト)
とても楽しそうに踊る君(楽しげなツイスト)
もっと体を寄せて踊ろう(ぴったり合うツイスト)
君は俺のものさ(俺のものさ)

 

Well, shake it, shake it, shake it, baby, now (Shake it up baby)
Well, shake it, shake it, shake it, baby, now (Shake it up baby)
Well, shake it, shake it, shake it, baby, now (Shake it up, baby)

さぁ、腰を振って、腰を振って、ベイビー、ぼーっとしてないで(シェイクしなよ、ベイビー)

 

 

雑記

Twist And Shout』の最初の録音は、リズム・アンド・ブルースのグループ The Top Notesによるものだそうです。

かなりテンポが速く、ロカビリーの要素も強く感じます。

 

 

こちらは、1962年のIsley Brothersによるものです。
ビートルズがカバーしたものも、こちらのバージョンですね。

 

 

そしてこんな人もカバーしています。