スポンサーリンク

<歌詞和訳>Here’s To Never Growing Up – Avril Lavigne 曲の解説と意味も

2020-02-13Avril Lavigne 歌詞和訳[生き方] 信念/自分らしさ, [表現] 他の曲名・アーティスト名が出てくる

Avril Lavigne – Here’s To Never Growing Up
アヴリル・ラヴィーン – ヒアーズ・トゥー・ネヴァー・グローイン・アップ

 

カナダ出身のポップ/ロックアーティスト アヴリル・ラヴィーンの5thアルバム「Avril Lavigne」に収録されている曲です。

同アルバムのリードシングルとして、2013年4月にリリースされました。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルにある「Here’s To」は ”~を祝して乾杯”、「Never Growing Up」は ”絶対に成長しない” という意味になります。

ですので、やや固めに訳すと「大人にならない事を祝して乾杯」となります。

歌詞の内容も、まさにタイトルそのものです。

ミュージックビデオでは「デビュー当時のネクタイ姿とスケボー」を披露し、変わってなさがアピールされてます。

 

歌詞と和訳

Written by Jacob Kasher, David Hodges, Chad Kroeger, Martin Johnson & Avril Lavigne

Singin’ Radiohead at the top of our lungs
With the boombox blarin’ as we’re fallin’ in love
I got a bottle of whatever, but it’s gettin’ us drunk
Singin’ here’s to never growing up

大きな声でレディオヘッドを歌って
大音量でラジカセを響かせて、恋をするの
どんなお酒でも、酔っ払ちゃう
歌いましょう、大人になんかならないわ

 

radiohead レディオヘッド。当サイト管理人も愛するイギリスのロックバンド。シンガロングやパーティーのBGMには向かない内省的な世界観のバンドです。
ミュージックビデオでは、アヴリルはレディオヘッドのロゴ「Angry Bear」のTシャツを着ています。
 (レディオヘッドについては後述)


Radiohead レディオヘッド Mサイズ 白色


at the top of one’s lungs 直訳すると「肺のてっぺんで」となりますが、「大声で」「声を限りに」という意味です。

boom box ラジカセ、大型のポータブルステレオ
blaring 鳴り響く

 

Call up all our friends
Go hard this weekend
For no damn reason
I don’t think we’ll ever change

Meet you at the spot
Half past ten o’clock
We don’t ever stop
And we’re never gonna change

友達全員呼び出して
週末は派手に過ごしましょう
理由なんかどうでもいいの
ワタシ達って変わらない

10時半に
あの場所でアナタと会うの
もう止められないわ
ワタシ達って変わらない

 

damn 地獄に落とす、けなす、ちくしょう

 

Say, won’t you say, “Forever?” Stay
If you stay forever, hey
We can stay forever young

ねぇ、約束して、「ずっと」そばにいて
アナタがずっといてくれたら、そうね
ワタシ達の青春もずっと続くの

 

Singin’ Radiohead at the top of our lungs
With the boombox blaring as we’re fallin’ in love
I got a bottle of whatever, but it’s gettin’ us drunk
Singin’ here’s to never growing up

We’ll be running down the street, yelling, “Kiss my ass”
I’m like yeah, whatever, we’re still living like that
When the sun’s going down, we’ll be raising our cups
Singin’ here’s to never growing up

大きな声でレディオヘッドを歌って
大音量でラジカセを響かせて、恋をするの
どんなお酒でも、酔っ払ちゃう
歌いましょう、大人になんかならないわ

街に繰り出すの、「勝手にしやがれ」って叫びながら
これがワタシよ、どうでもいいでしょ、ずっとこれがワタシの生き方
日が暮れたら、お祝いするの
歌いましょう、大人になんかならないわ

 

kiss my ass 直訳すると「ケツにキスしろ」ですが、相手をこき下ろす時等に使われる言葉です

 

Oh, whoa, oh, whoa
Here’s to never growing up
Oh, whoa, oh, whoa
Here’s to never growing up

大人になんかならないわ
大人にならないワタシ達に乾杯

 

We live like rock stars
Dance on every bar
This is who we are
I don’t think we’ll ever change (hell no)

They say just grow up
But they don’t know us
We don’t give a fuck
And we’re never gonna change

ロックスターみたいに生きて
あちこちのバーでダンスするの
これがワタシ達
ワタシ達って変わらない

大人になりなさい、って人は言うけど
わかってないのね
知ったこっちゃないわ
ワタシ達って変わらない

 

Say, won’t you say, “Forever?” Stay
If you stay forever, hey
We can stay forever young

ねぇ、約束して、「ずっと」そばにいて
アナタがずっといてくれたら、そうね
ワタシ達の青春もずっと続くの

 

Singin’ Radiohead at the top of our lungs
With the boombox blarin’ as we’re fallin’ in love
Got a bottle of whatever, but it’s gettin’ us drunk
Singin’ here’s to never growing up

We’ll be running down the street, yelling, “Kiss my ass”
I’m like yeah, whatever, we’re still living like that
When the sun’s going down, we’ll be raising our cups
Singin’ here’s to never growing up

大きな声でレディオヘッドを歌って
大音量でラジカセを響かせて、恋をするの
どんなお酒でも、酔っ払ちゃう
歌いましょう、大人になんかならないわ

街に繰り出すの、「勝手にしやがれ」って叫びながら
これがワタシよ、どうでもいいでしょ、ずっとこれがワタシの生き方
日が暮れたら、お祝いするの
歌いましょう、大人になんかならないわ

 

Oh, whoa, oh, whoa
Here’s to never growing up
Oh, whoa, oh, whoa
Here’s to never growing up

大人になんかならないわ
大人にならないワタシ達に乾杯

 

Say, won’t you say, “Forever?” Stay
If you stay forever, hey
We can stay forever young, oh

ねぇ、約束して、「ずっと」そばにいて
アナタがずっといてくれたら、そうね
ワタシ達の青春もずっと続くの

 

Singin’ Radiohead at the top of our lungs
With the boombox blarin’ as we’re fallin’ in love
Got a bottle of whatever, but it’s gettin’ us drunk
Singin’ here’s to never growing up

We’ll be running down the street, yelling, “Kiss my ass”
I’m like yeah, whatever, we’re still living like that
When the sun’s going down, we’ll be raising our cups
Singin’ here’s to never growing up

大きな声でレディオヘッドを歌って
大音量でラジカセを響かせて、恋をするの
どんなお酒でも、酔っ払ちゃう
歌いましょう、大人になんかならないわ

街に繰り出すの、「勝手にしやがれ」って叫びながら
これがワタシよ、どうでもいいでしょ、ずっとこれがワタシの生き方
日が暮れたら、お祝いするの
歌いましょう、大人になんかならないわ

 

Oh, whoa, oh, whoa
Here’s to never growing up
Oh, whoa, oh, whoa (so raise your glass and say)
Here’s to never growing up

大人になんかならないわ
大人にならないワタシ達に乾杯

 

Oh, whoa, oh, whoa
Here’s to never growing up (no, we’re never growing up)
Oh, whoa, oh, whoa
Here’s to never growing up

大人になんかならないわ
大人にならないワタシ達に乾杯

 

 

解説:皆で歌うレディオヘッド?

・Radiohead

イギリスの5人組オルタナティブロックバンドです。

アート寄り、インテリで根暗な作風で、ミュージシャンからの支持も高いです(特に、2000年代には絶大な評価を得ていたと思います)。

ただ、歌詞にある「大声で歌うレディオヘッドの曲」にぴったりな曲は、思い浮かびません。

大声で歌うと「眉間にシワを寄せた哀愁漂うファルセット」になりそうな曲ばかりの気がします…。

一番のヒット曲『Creep』でしょうか?(ただし、歌詞は「僕は気持ち悪いヤツだ(=I’m a creep)だ」です…)。

 

はたまた、その後に続くフレーズat the top of our lungs」が、『My Iron Lungを暗に指しているのかもしれません。

 

ちなみに、ケイティ・ペリー『The One That Got Away』(2010年) にもレディオヘッドの名前が登場しています。

 

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Avril Lavigne(2013年)

 

自身の名を冠した5thアルバム。原点回帰というよりも、オルタナロック化した新アヴリル、という感じの作品。当時の夫ニッケル・バックのチャド・クルーガーやマリリン・マンソンらが参加しているのも、その傾向をより強くしています。