スポンサーリンク

Avril Lavigne – Rock’n Roll 歌詞の意味と和訳

Avril Lavigne – Rock’n Roll
アヴリル・ラヴィーン – ロックンロール

 

 

カナダ出身の女性ソロアーティスト Avril Lavigneの5作目のアルバム「Avril Lavigne」(2013年) の1曲目に収録されている曲です。

同アルバムからの2枚目のシングルとして、2013年8月にリリースされました。

 

 

 

歌詞の意味と解釈

流行や評判に流されず、あなた(You) と突き進む ”自分らしい生き方” こそが「ロックンロール」だと高らかに宣言している曲です。

 

 

歌詞と和訳

Written by Jacob Kasher, Rickard B. Göransson, Peter Svensson, Chad Kroeger, David Hodges & Avril Lavigne

Let ‘em know that we’re still rock n roll

I don’t care about my makeup
I like it better with my jeans all ripped up
Don’t know how to keep my mouth shut
You say, “So what?” (What?)

I don’t care if I’m a misfit
I like it better than the hipster bullshit
I am the motherfuckin’ princess
You still love it

教えてやりましょ、ワタシ達はずっとロックンロールだって

メイクなんて気にしない
ジーンズは破れてる方が好き
大人しくなんかしてられない
<私の代わりに>アナタが言ってくれるの「文句ある?」って

はみ出したって構わない
うさん臭いオシャレ気取りよりずっとマシ
ワタシはロクデナシのプリンセス
それでもアナタは好きでいてくれる

 

so what? 知らないよ、それがどうしたの?
misfit 不適合、はみ出し者
hipster ヒップスター、流行に敏感な人、個性的な人
bullshit でたらめ、たわごと

 

Some-some how, it’s a little different when
I’m with you
You know what I really am all about
You know how it really goes
Oh, oh, oh, oh, yeah

Some-some way, we’ll be getting out of this
Town one day
You’re the only one that I
Want with me, you know how the story goes
Oh, oh, oh

なんだか、ちょっと違うの
アナタといると。
アナタは本当のワタシをわかってくれる
本当の事を、わかってるの

どうにかして、二人でいつか
この町から出ていきましょう
ワタシが一緒にいたいのは
アナタだけ。二人がこの先どうなるか、アナタはわかるでしょ

 

When it’s you and me
We don’t need no one to tell us who to be
We’ll keep turning up the radio

What if you and I
Just put up a middle finger to the sky?
Let ‘em know that we’re still rock n roll

二人でいれば
誰の話も要らないわ
ラジオのボリュームを上げるの

二人で一緒に
空高く中指立てましょ
教えてあげるの、ワタシ達はずっとロックンロールだって

 

what if したらどうだろう、したって構うものか

 

Rock n roll, hey, hey, hey
Rock n roll, hey, hey, hey

ロックンロール、ヘイ、ヘイ、ヘイ

 

Call it a bad attitude, dude
I ain’t never gonna cover up that tattoo
I might have a couple issues
You say, “Me too”, yeah

Don’t care about reputation
Must be living in the wrong generation
This is your invitation
Let’s get wasted, yeah

お行儀悪いって、言わせておくわ、ねぇ
タトゥーを隠したりしない
問題アリかもしれないけれど、
アナタは言ってくれる「俺もだよ」って、イエー

人の目なんか気にしない
時代が合ってないだけよ
アナタの誘いにのって
パーッと騒ぎましょ、イエー

 

dude 呼びかけ、野郎
reputation 評判、名声
get wasted 酔っ払った

 

Some-some how, it’s a little different, when I’m with you
You know what I really am all about
You know how the story goes
Oh, oh, oh

なんだか、ちょっと違うの、アナタといると
アナタは本当のワタシをわかってくれる
本当の事を、わかってるの
二人がこの先どうなるか、アナタはわかるでしょ

 

When it’s you and me
We don’t need no one to tell us who to be
We’ll keep turning up the radio

What if you and I
Just put up a middle finger to the sky?
Let ‘em know that we’re still rock n roll

二人でいれば
誰の話も要らないわ
ラジオのボリュームを上げるの

二人で一緒に
空高く中指立てましょ
教えてあげるの、ワタシ達はずっとロックンロールだって

 

Rock n roll, hey, hey, hey
Rock n roll, hey, hey, hey
Rock n roll
Yeah
Oh, oh, oh, oh, yeah
Oh, oh, oh

ロックンロール、ヘイ、ヘイ、ヘイ

 

When it’s you and me
We don’t need no one to tell us who to be
We’ll keep turning up the radio

What if you and I
Just put up a middle finger to the sky?
Let ‘em know that we’re still rock n roll
(×2)

二人でいれば
誰の話も要らないわ
ラジオのボリュームを上げるの

二人で一緒に
空高く中指立てましょ
教えてあげるの、ワタシ達はずっとロックンロールだって

 

Rock n roll, hey, hey, hey
Rock n roll, hey, hey, hey

ロックンロール、ヘイ、ヘイ、ヘイ