スポンサーリンク

Avril Lavigne – My Happy Ending 歌詞の意味と和訳

Avril Lavigne – My Happy Ending
アヴリル・ラヴィーン – マイ・ハッピー・エンディング

 

 

カナダ出身の女性ミュージシャン Avril Lavigneの2ndアルバム「Under My Skin」(2004年) の6曲目に収録されている曲です。

同アルバムからの2枚目のシングルとして、2004年6月にリリースされました。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

アルバム「Under My Skin」のシリアスなトーンを象徴するような、重たい失恋ソングです。

 

タイトルにある「ハッピーエンディング」とは、”彼との別れ” を指しています。

ハッピーとは言うものの、実際は深く傷ついており、皮肉を込めて吐き捨てるように「So much for my happy ending」(=ワタシのハッピーエンディングなんてこんなものよね)と呟きます。

 

 

歌詞と和訳

Written by Butch Walker & Avril Lavigne

(Oh-oh, oh-oh)
So much for my happy ending
(Oh-oh, oh-oh)
(Oh-oh, oh-oh)
So much for my happy ending
(Oh-oh, oh-oh)
(Oh-oh)

ワタシの ”ハッピーエンディング” なんてこんなものね

ワタシの ”ハッピーエンディング” なんてこんなものね

 

so much for ~はそんなもの、~の事はそれだけ

 

Let’s talk this over
It’s not like we’re dead
Was it something I did?
Was it something you said?

Don’t leave me hanging
In a city so dead
Held up so high
On such a breakable thread (breakable thread)

話し合いましょう
死んじゃってしゃべれないわけじゃないんだから
原因はワタシのした事?
それともアナタの言葉?

こんなヒドい街で
ワタシを放っておかないで
千切れそうな糸で
すごく高く吊るされてるみたい

 

leave me hanging 宙ぶらりんにする、ほったらかしにする
thread 、筋道

 

You were all the things I thought I knew
And I thought we could be

アナタの事なら、全部わかってると思ってた
ワタシ達、上手くいってると思ってた

 

You were everything, everything that I wanted (that I wanted)
We were meant to be, supposed to be, but we lost it (we lost it)
All of the memories so close to me, just fade away
All this time you were pretending
So much for my happy ending

アナタがすべてだった、ワタシが望むすべてだった(ワタシが望む)
ワタシ達は運命で結ばれてるはずだった、でも終わったの(ワタシ達は終わった)
捨てられない思い出も全部、消えていく
今までのアナタは、嘘だったのね
幸せな結末なんて、所詮こんなものよね

 

meant to be ~する運命、~になるはずだ
supposed to ~のはず、~することになっている
close to 近い、接して、ほとんど、親しい
all this time 今まで

 

(Oh-oh, oh-oh)
So much for my happy ending
(Oh-oh, oh-oh)
(Oh-oh, oh-oh)

幸せな結末なんて、所詮こんなものよね

 

 

You’ve got your dumb friends
I know what they say (know what they say)
They tell you I’m difficult
But so are they (but so are they)

But they don’t know me
Do they even know you? (even know you?)
All the things you hide from me
All the shit that you do (all the shit that you do)

アナタのイヤな友達
アイツらが何て言ってるか、知ってるわ(アイツらが何て言っているか)
ワタシの事、面倒なヤツって言うんでしょ
でも、アイツらだってそうじゃない

ワタシの事、わかってないのよ
アナタの事だって、どうかしら?(わかってるかしら?)
アナタがワタシに隠してることや
アナタがした最低の事(アナタがした最低の事)

 

dumb 口のきけない、ばかな

 

You were all the things I thought I knew
And I thought we could be

アナタの事なら、全部わかってると思ってた
ワタシ達、上手くいってると思ってた

 

You were everything, everything that I wanted (that I wanted)
We were meant to be, supposed to be, but we lost it (we lost it)
And all of the memories so close to me, just fade away
All this time you were pretending
So much for my happy ending

アナタがすべてだった、ワタシが望むすべてだった(ワタシが望む)
ワタシ達は運命で結ばれてるはずだった、でも終わったの(ワタシ達は終わった)
捨てられない思い出も全部、消えていく
今までのアナタは、嘘だったのね
幸せな結末なんて、所詮こんなものよね

 

It’s nice to know that you were there
Thanks for acting like you cared
And making me feel like I was the only one

It’s nice to know we had it all
Thanks for watching as I fall
And letting me know we were done

アナタがそこにいて(ここにいなくて)良かったわ
ありがとう、気づかうフリをしてくれたり
たった一人の恋人だと思わせてくれて

思い残すことが無くて良かったわ
ありがとう、落ち込むワタシを見ててくれたり
二人が終わったと気づかせてくれて

 

 

He was everything, everything that I wanted
We were meant to be, supposed to be, but we lost it
And all of the memories so close to me, just fade away
All this time you were pretending
So much for my happy ending

カレがすべてだった、ワタシが望むすべてだった(ワタシが望む)
ワタシ達は運命で結ばれてるはずだった、でも終わったの(ワタシ達は終わった)
捨てられない思い出も全部、消えていく
今までのアナタは、嘘だったのね
幸せな結末なんて、所詮こんなものよね

 

You were everything, everything that I wanted (that I wanted)
We were meant to be, supposed to be, but we lost it (we lost it)
And all of the memories so close to me, just fade away
All this time you were pretending
So much for my happy ending

アナタがすべてだった、ワタシが望むすべてだった(ワタシが望む)
ワタシ達は運命で結ばれてるはずだった、でも終わったの(ワタシ達は終わった)
捨てられない思い出も全部、消えていく
今までのアナタは、嘘だったのね
幸せな結末なんて、所詮こんなものよね

 

(Oh-oh, oh-oh)
So much for my happy ending
(Oh-oh, oh-oh)
(Oh-oh, oh-oh)
(Oh-oh, oh-oh)
So much for my happy ending
(Oh-oh, oh-oh)
(Oh-oh, oh-oh, oh-oh)

ワタシの ”ハッピーエンディング” なんてこんなものよね

ワタシの ”ハッピーエンディング” なんてこんなものよね