スポンサーリンク

U2 – Sunday Bloody Sunday 歌詞の意味と和訳

U2 – Sunday Bloody Sunday
ユーツー – サンデー・ブラッディー・サンデー

 

U2の3作目のアルバム「War」(1983年) の1曲目に収録されている曲です。

ベストアルバム「The Best Of 1980-1990」(1998年) やシングル集「18 Singles」(2006年) にも収録されています。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

この曲は、1972年北アイルランドの都市ロンドンデリーで起こった「血の日曜日事件」をテーマにした曲です(ただし、事件当時メンバーはまだ11,2歳でした)。

血の日曜日事件:アイルランドで起きたデモ行進が、イギリス軍によって武力的に鎮圧され、市民14名が死亡、13名が負傷した事件。
なお、カトリック宗派のアイルランドは、プロテスタントのイギリスの統治下で長い間弾圧されてきた歴史があります。

 

U2のメンバーは、この曲を「アイルランド側の、反イギリスの活動を擁護するものではなく」、「武力活動すべてを非難するものである」と、ライヴやインタビューで明言しています(その為、ライヴでは非暴力を示す”白旗”が掲げられていました)。

 

異なる思想・宗教・人種の人々が、非暴力によって1つに共存する」というテーマは、『Pride』や『One』などの曲でも描かれています。

 

 

歌詞と和訳

Written by Bono & The Edge

I can’t believe the news today
Oh, I can’t close my eyes and make it go away
How long, how long must we sing this song?
How long? How long?
‘Cause tonight, we can be as one
Tonight

今日のニュースが信じられない
目を閉じてやり過ごす事も、<頭から>消し去る事もできない
いつまで、いつまで俺達はこんな<悲しい>歌を歌い続けなきゃならない?
いつまで? いつまでだ?
今夜こそ、俺達は一つになれるかもしれないっていうのに
今夜こそ

 

make it go away 追い払う、解消する

 

Broken bottles under children’s feet
Bodies strewn across the dead end street
But I won’t heed the battle call
It puts my back up
Puts my back up against the wall

子供たちの足元には、砕け散ったビン
通りの突き当りに転がる、いくつもの死体
戦いを呼び掛ける声に、俺は応えないでいるが
そいつは俺を苛立たせ
俺を追い詰める

 

strew まき散らす、ばらまかれている
heed 心にとめる、気を付ける、注意
put a one’s back up (人を)怒らせる
up against the wall 窮地に陥っている

 

Sunday, Bloody Sunday(×3)

Alright, let’s go!

日曜日、血まみれの日曜日

大丈夫だ、行こう!

 

 

And the battle’s just begun
There’s many lost, but tell me, who has won?
The trench is dug within our hearts
And mothers, children, brothers, sisters
Torn apart

たった今戦争が始まった
これほど多くの死者を出し、一体誰が勝利したというのだろう?
人々の心に深い溝が刻まれ
母も、子も、兄弟も、姉妹も、
引き裂かれる

 

torn apart 引き裂かれる、苦しむ

 

Sunday, Bloody Sunday
(×2)

日曜日、血まみれの日曜日

 

How long
How long must we sing this song?
How long, how long?
‘Cause tonight, we can be as one
Tonight

いつまで、いつまで俺達はこんな歌を歌い続けなきゃならない?
いつまで? いつまでだ?
今夜こそ、俺達は一つになれるかもしれないっていうのに
今夜こそ

 

Sunday, Bloody Sunday(×2)

Come get some!

日曜日、血まみれの日曜日

さぁ、一緒に!

 

Wipe the tears from your eyes
Wipe your tears away
Oh, wipe your tears away
Oh, wipe your tears away
Oh, wipe your bloodshot eyes

その目から、涙を拭いなよ
涙を拭いな
さぁ、涙を拭いな
泣きはらしたその目から

 

Sunday, Bloody Sunday(×2)

日曜日、血まみれの日曜日

 

And it’s true, we are immune
When fact is fiction and TV reality
And today, the millions cry
We eat and drink while tomorrow, they die
The real battle just begun
To claim the victory Jesus won
On—

確かに、事実が捻じ曲げられ、TVが現実扱されるうちに
俺達は無感覚になっている。
そして今日もまた、無数の人々が悲しみに暮れる
俺達が飲み食いしている間、彼らは明日にも死んでいく。
本当の戦いは始まったばかり
キリストが手にした<非暴力の>勝利を掴むため

 

immune 免疫の、感じない
claim 要求する、獲得する、請求する、主張する

 

Sunday, Bloody Sunday(×2)

日曜日、血まみれの日曜日