スポンサーリンク

<歌詞和訳>Billie Jean – Michael Jackson 曲の解説と意味も

Michael Jackson 歌詞和訳[表現] 物語仕立て

Michael Jackson – Billie Jean
マイケル・ジャクソン – ビリー・ジーン

 

マイケル・ジャクソンの6thアルバムで、史上最も売れたとされているアルバム「Thriller」(6500万枚。1982年リリース) に収録されている曲です。
同アルバムからの2枚目のシングルとしても、1983年にリリースされました。

マイケルの代名詞となっている「ムーン・ウォーク」が初めて披露されたのもこの曲となっています。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「ビリー・ジーン」とは、架空の女性の名前です。

魅力的な女性 ビリー・ジーンと一夜をともにした主人公。しかし、後になって「この子はあなたの子供よ」と裁判沙汰に…。

作者マイケルによると、ビリー・ジーンは架空の女性ですが、彼の兄弟を悩ませたグルーピー(アーティストと肉体関係をもって近づこうとするファン)のいくつかの話がインスピレーションになっているそうです。

また、マイケルはこの頃から「メディア嫌い」が深刻化していますが(インタビューを受けない等)、「the lie becomes the truth」(=嘘も本当にされる) という一節には、メディアや噂話への非難も込められているように感じます。

 

歌詞と和訳

Written by Michael Jackson

She was more like a beauty queen from a movie scene
I said, “Don’t mind, but what do you mean, I am the one
Who will dance on the floor in the round?”
She said I am the one
Who will dance on the floor in the round

彼女は映画の中の美女より素敵だった
僕は言った「どうでもいいけど、ダンスの相手は僕しかいないって
どういう意味?」
彼女は言ったんだ
このフロアの中で、ダンスの相手は僕しかいないと

 

don’t mind 気にしない、構わない

 

She told me her name was Billie Jean
As she caused a scene
Then every head turned with eyes that dreamed of bein’ the one
Who will dance on the floor in the round

彼女はビリー・ジーンと名乗った
それが事の始まり
そして彼女と踊りたい奴らの視線が全部
こっちに注がれた

 

cause a scene 騒動を起こす

 

People always told me, “Be careful of what you do
Don’t go around breakin’ young girls’ hearts” (Hee-hee)
And mother always told me, “Be careful of who you love
And be careful of what you do (Oh-oh)
‘Cause the lie becomes the truth” (Oh-oh)
Hey-ay

いつもみんな言ってたよ「行動には気をつけろ、
あちこちで女のコを傷つけるようなマネはするな」と
母さんもいつも言ってたっけ「恋人は慎重に選びなさい、
気を付けて行動しないと
嘘だって本当にされるのだから」と

 

go around 回る、出歩く、広まる

 

Billie Jean is not my lover
She’s just a girl who claims that I am the one (Oh, baby)
But the kid is not my son, hoo!
She says I am the one (Oh, baby)
But the kid is not my son (Hee-hee-hee, no-no-no, hee-hee-hee)
Hoo!

ビリー・ジーンは僕の恋人じゃない
彼女は僕が”相手”だって言い張るけど
その子は僕の子供じゃない
彼女は僕が相手だって言い張るけど
その子は僕の子供じゃないんだ

 

For forty days and for forty nights, the law was on her side
But who can stand when she’s in demand?
Her schemes and plans
‘Cause we danced on the floor in the round, hee!
So take my strong advice, just remember to always think twice
(Don’t think twice) Do think twice! (A-hoo!)

40日もの昼と夜が過ぎても、法律は彼女の味方
一体誰が、彼女の要求を払い退けられる?
彼女には念入りな計画がある
「だって私達は一緒に踊ったんだから」
だから君にも強く言っとくよ、いつも思い出すんだ、よく考えろ!って
もう1度よく考えろ!

 

scheme 計画、たくらみ、体系

 

 

She told my baby we’d danced till three, then she looked at me
Then showed a photo of a baby cryin’, his eyes were like mine (Oh, no)
‘Cause we danced on the floor in the round, baby
(Ooh, hee-hee-hee)

彼女は僕の子供だと言う、「私達、3時まで踊ってたじゃない」、そう言って僕の顔を見る
そして子供が泣いてる写真まで見せるんだ、「この子の目はあなたそのものよ、
だって私達、ダンスしたんだから」

 

People always told me, “Be careful of what you do
And don’t go around breakin’ young girls’ hearts”
(Don’t break no hearts!) (Hee-hee)
But she came and stood right by me
Just the smell of sweet perfume (Ha-oh)
This happened much too soon (Ha-oh, ha-ooh)
She called me to her room (Ha-oh, hoo!)
Hey-ay

いつもみんな言ってたよ「行動には気をつけろ、
あちこちで女のコを傷つけるようなマネはするな」と
でも、近づいてきたのは彼女の方さ
甘い香水の匂いを漂わせ
そうなるのに時間はかからなかった
部屋に来てと彼女が誘う

 

Billie Jean is not my lover (Hoo!)
She’s just a girl who claims that I am the one
But the kid is not my son
No-no-no, no-no-no-no-no-no (Hoo!)
Billie Jean is not my lover
She’s just a girl who claims that I am the one (Oh baby)
But the kid is not my son (Oh, no, no)
She says I am the one (Oh baby)
But the kid is not my son (No, hee-hee!)

ビリー・ジーンは僕の恋人じゃない
彼女は僕が相手だって言い張るけど
その子は僕の子供じゃない
彼女は僕が相手だって言い張るけど
その子は僕の子供じゃないんだ

 

 

She says I am the one, but the kid is not my son
No-no-no, hoo! (Ouw!)
Billie Jean is not my lover
She’s just a girl who claims that I am the one
(You know what you did to me, baby)
But the kid is not my son
No-no-no, no-no-no-no (No-no-no, no-no-no)
She says I am the one
But the kid is not my son (No-no-no-no)

彼女は僕が相手だって言い張るけど
その子は僕の子供じゃない
彼女は僕が相手だって言い張るけど
その子は僕の子供じゃないんだ

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Thriller(1982年)

 

史上最も売れたアルバムとされている、6thアルバムです。プロデューサー クインシー・ジョーンズとタッグを組んだ3部作の2作目にあたります。

 

King Of Pop(2008年)

 

ファン投票で選曲、得票順に並べられたオールタイム・ベストアルバム。入門編に最適です。

 

This Is It(2009年)

 

同名のマイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画のサウンドトラック。内容的には代表曲+未発表の新曲『This Is It』というものです。