スポンサーリンク

<歌詞和訳>Beat It(今夜はビート・イット) – Michael Jackson 曲の解説と意味も

2022-03-04Michael Jackson 歌詞和訳[生き方] 信念/自分らしさ

Michael Jackson – Beat It
マイケル・ジャクソン – ビート・イット(邦題:今夜はビート・イット)

 

マイケル・ジャクソンの6thアルバムで、人類史上最も売れた(※)とされているアルバム「Thriller」(1982年) に収録されている曲です。
同アルバムからの3枚目のシングルとしても、1983年にリリースされました。

ギターソロなどをヴァン・ヘイレンのギタリスト エディ・ヴァン・ヘイレンが参加し、ロックとR&Bが融合したサウンドが特徴です。

 

ミュージックビデオは、不良少年の抗争を扱ったブロードウェイミュージカル「ウエスト・サイド物語」(1957年)風の仕上がりになっており、本物のギャングも撮影に参加しているそうです。

 

※アルバム「スリラー」の売上枚数には諸説あり、2017年に全米での総売り上げが3300万枚(ストリーミング配信含む)を記録したことがアメリカレコード協会(RIAA)によって認定されています(33×プラチナディスク)。
所属レコード会社のソニー・ミュージックレコーズによると全世界の総売り上げは1億5000万枚以上とされていますが、この数字の根拠は乏しく、「Thriller」という曲名が入ったすべてのアルバム・シングルの総計なのでは?との見方(the true sales of Michael Jackson’s Thriller)もあります。
英語版wikipediaで集計されているbest-selling albumsを見ても、7000万枚前後が妥当と思われます。

 

歌詞の意味と解釈

タイトル「ビート・イット」は"失せろ“、"出ていけ“という意味です。

歌詞は不良同士の抗争が舞台になっており、相手に威嚇や挑発として使う「ビート・イット」という言葉を、仲間(You、リスナー)へのアドバイスとして流用しているところに面白さがあると思います。

血気盛んな若者は、挑発されたら威勢よく暴力で応えるのが強くてカッコよく、反対に逃げるのは弱くてカッコ悪い、と考えがちです。

それに対してマイケルは、後ろに退いて争いを避けるのが強くてカッコいい事なのだと、この歌詞で主張しています。

この「戦わないが勝ち」という方法は、人生の色々な場面で応用できそうです。

 

歌詞と和訳

Written by Michael Jackson 

They told him, “Don’t you ever come around here
Don’t wanna see your face, you better disappear"
The fire’s in their eyes and their words are really clear
So beat it, just beat it (Ooh!)

You better run, you better do what you can (Ooh!)
Don’t wanna see no blood, don’t be a macho man (Ooh!)
You wanna be tough, better do what you can
So beat it, but you wanna be bad

奴らは言った「ここらをウロつくんじゃねえ
てめえのツラなんか見たくもねえ、さっさと失せな」
炎のように血走った目、響き渡る声
さあ、逃げろ、とにかく逃げろ!

走るんだ、全力で
血なんか見たがるな、マッチョぶるなよ
しぶとく生きたきゃ、全力を出して
さあ、逃げろ、でも君は対抗したがる

 

macho 男らしい、好戦的な
 ※"マッチョ・マン"のニックネームで人気だったプロレスラー「ランディ・サベージ (wiki)」を指している可能性もあります
tough 頑丈な、しぶとい、困難な、つらい、ごろつき

 

Just beat it, beat it, beat it, beat it
No one wants to be defeated
Showin’ how funky and strong is your fight
It doesn’t matter who’s wrong or right
Just beat it (Beat it)
Just beat it (Beat it)
Just beat it (Beat it)
Just beat it (Beat it, uh)

とにかく逃げろ、逃げろ、逃げろ
誰だって痛い目に遭うのはイヤさ
君の戦い方が、どれだけファンキーで強いか見せてやれ
どっちが悪で、どっちが正義かなんてどうでもいいさ
とにかく逃げろ
とにかく逃げろ
とにかく逃げろ
とにかく逃げろ

 

defeat 負かす、倒す、ダメにする、打倒
funky カッコいい、けばけばしい、独創的な、悪臭を放つ(もともとの意味)

※your fight 「君の戦い」・・・ここはケンカする事ではなく逃げる事(逃げるが勝ち)だと解釈しました

 

They’re out to get you, better leave while you can
Don’t wanna be a boy, you wanna be a man
You wanna stay alive, better do what you can
So beat it, just beat it (Ooh!)

You have to show them that you’re really not scared (Ooh!)
You’re playin’ with your life, this ain’t no truth or dare (Ooh!)
They’ll kick you, then they’ll beat you, then they’ll tell you it’s fair
So beat it, but you wanna be bad

奴らは君を狙ってる、行方をくらました方がいい
子どもじゃないんだ、大人になるのさ
生きていたいだろ、それなら全力で
さあ、逃げろ、とにかく逃げろ!

ビビッてない事を見せてやらなくちゃ
人生を遊びだと考えてるだろ、ゲームじゃないんだぜ
奴らは君を蹴ったり殴ったりした挙句、それが当然だって言い張るのさ
だから、逃げろ、でも君は対抗したがる

 

truth or dare 「真実か挑戦」パーティーゲームの一種

 

Just beat it, beat it, beat it, beat it
No one wants to be defeated
Showin’ how funky and strong is your fight
It doesn’t matter who’s wrong or right
(×2)
Just beat it (Beat it, beat it, beat it)
Beat it (Beat it, beat it, ha, ha, ha, ha)
Beat it (Beat it, beat it)
Beat it (Beat it, beat it)

とにかく逃げろ、逃げろ、逃げろ
誰だって痛い目に遭うのはイヤさ
君の戦い方が、どれだけファンキーで強いか見せてやれ
どっちが悪で、どっちが正義かなんてどうでもいいさ

とにかく逃げろ
逃げろ
逃げろ
逃げろ

 

Beat it, beat it, beat it, beat it
No one wants to be defeated
Showin’ how funky and strong is your fight
It doesn’t matter who’s wrong or right (Who’s right)
Just beat it, beat it, beat it, beat it (Hoo-hoo!)
No one wants to be defeated (Oh, lord)
Showin’ how funky (Hee-hee!) and strong is your fight (Hee-hee-hee!)
It doesn’t matter who’s wrong or right
Just beat it, beat it, beat it, beat it (Beat it!)
No one wants to be defeated (Oh-no!)
Showin’ how funky (Hoo-hoo!) and strong is your fight (Hee-hee! Hoo!)
It doesn’t matter who’s wrong or right
Just beat it, beat it, beat it, beat it
No one wants to be defeated
Showin’ how funky and strong is your fight
It doesn’t matter who’s wrong or right (Who’s right)
Just beat it, beat it, beat it, beat it (Hoo-hoo!)
No one wants to be defeated

とにかく逃げろ、逃げろ、逃げろ
誰だって痛い目に遭うのはイヤさ
君の戦い方が、どれだけファンキーで強いか見せてやれ
どっちが悪で、どっちが正義かなんてどうでもいいさ

とにかく逃げろ
とにかく逃げろ
とにかく逃げろ
とにかく逃げろ

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Thriller(1982年)

 

史上最も売れたアルバムとされている、6thアルバムです。プロデューサー クインシー・ジョーンズとタッグを組んだ3部作の2作目にあたります。

 

King Of Pop(2008年)

 

ファン投票で選曲、得票順に並べられたオールタイム・ベストアルバム。入門編に最適です。

 

This Is It(2009年)

 

同名のマイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画のサウンドトラック(本来は「This Is It」と題した世界ツアーが行われる予定でした)。
内容は代表曲+未発表の新曲『This Is It』というものです。