スポンサーリンク

<和訳>Manic Street Preachers – Kevin Carter

2017-12-26

Manic Street Preachersの4作目のアルバム「Everything Must Go」(1996年) の3曲目に収録されている曲です。
同アルバムからの3枚目のシングル(通算21枚目のシングル)として1996年9月にもリリースされました。

ベスト盤「Forever Delayed」(2002年) 、シングル集「National Treasures」(2011年) にも収録されています。

 

 

 

Manic Street Preachers – Kevin Carter
マニック・ストリート・プリーチャーズ – ケヴィン・カーター

 

Hi Time magazine hi Pulitzer Prize
やぁ、タイムマガジン、やぁ、ピューリッツァー賞
Tribal scars in Technicolor
部族間紛争は総天然色

Bang bang club AK 47 hour
バン・バン・クラブがAK47ライフルを撮影する時間だ
Kevin Carter
ケヴィン・カーター

Hi Time magazine hi Pulitzer Prize
やぁ、タイムマガジン、やぁ、ピューリッツァー賞

Vulture stalked white piped lie forever
ハゲワシはホワイトパイプの嘘もずっと狙ってる

Wasted your life in black and white
お前の人生は白黒記事になって消費される


Kevin Carter(×7)
ケヴィン・カーター

The elephant is so ugly he sleeps his head
象なんて醜い生き物 奴の脳なんて動いちゃいない
Machetes his bed Kevin Carter kaffir lover forever
奴の巣なんて薙ぎ払っちまえよ、
ケヴィン・カーターは永遠にアフリカ黒人の愛人だろ


Click click click click click
写真を撮りなよ、パチパチパチ

Click himself under
そして自分を葬った
Kevin Carter
ケヴィン・カーター
Kevin Carter
ケヴィン・カーター

Kevin Carter
ケヴィン・カーターよ

Written by James Bradfield / Nicholas Jones / Richard Edwards / Sean Moore
Kevin Carter Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

 

言葉の意味・解説

Kevin Carter ケビン・カーター(1960-1994)。南アフリカ共和国の報道写真家。内戦状態のスーダンで撮影した「ハゲワシと少女」と呼ばれる写真でピューリッツァー賞を受賞。その写真では「報道か人命か」という議論が巻き起こり受賞の2か月後に自動車の中でガス自殺をしました。生前も薬物依存、精神病に悩まされていたといいます。

 

Time magazine タイム誌。1923年創刊のアメリカのニュース雑誌。


Time Asia [US] February 12 2018 (単号)

 

Pulitzer Prize ピューリッツァー賞。報道・文学・作曲に与えられるアメリカで最も権威があると言われる賞。(下の本の左下の写真が「ハゲワシと少女」です)

 

Bang bang club バンバン・クラブ。カーターら4人の戦場カメラマンが組織したグループが、そう呼ばれていました。南アフリカでの取材の様子が2010年に映画化されました。『バンバン・クラブ 真実の戦場』

Vulture stalked Vultureはハゲワシ。カーターの代表的な作品「ハゲワシと少女」(飢餓の幼女を見つめるハゲワシの姿)とかけています。

 

white piped lie ホワイトパイプはマリファナと非合法ドラッグを混ぜた麻薬。カーターらバンバン・クラブのメンバーは戦場の恐怖を抑える為にドラッグに頼っていたといいます。

 

Machete マチェテ。農業や林業で使われる鉈のような形状の刃物。植物を薙ぎ払う、の意味で訳させていただきました。


ソグ/SOG ソグファリ 18インチ マチェット 鉈

 

 


MANIC STREET PREACHERS マニックストリートプリーチャーズ Everything Must Go Tシャツ

 

 

波乱の30年間、マニックスの歴史を総括した決定版ムック