スポンサーリンク

Manic Street Preachers – You Love Us 歌詞の意味と和訳

2019-01-13

Manic Street Preachers – You Love Us
マニック・ストリート・プリーチャーズ – ユー・ラヴ・アス

 
 

 

Manic Street Preachersのファーストアルバム「Generation Terrorists」(1992年) の5曲目に収録されている曲です。
同アルバムからの3枚目のシングルとしても1992年1月にリリースされています。

もともとは1991年3月にインディーレーベルのHeavenlyからリリースされており、そちらは「Heavenly Version」と呼ばれています。

ベスト盤「Forever Delayed」(2002年) 、シングル集「National Treasures」(2011年) にも収録されています。

 

なお、ジェネレーションテロリストのジャケットに映っている裸はリッチー・エドワーズですが、実際のタトゥーに彫られている言葉は「Generation Terrorists」ではなく「Useless Generation」(無益な世代) です。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの意味”お前らは俺らを愛してる”は、文字通り捉えれば、バンドとファンとの固い絆を現している曲だと思われます。

現在でもマニックスのライヴには欠かせない定番曲で、ファンとの一体感が生まれます。

 

しかしライヴとは違い、歌詞そのものはかなり皮肉が効いています。

この曲は、マニックスが自身をとりまく批判やバッシングなどに対するカウンターであり、Youとはファンではなく「批判やバッシングを行うマスメディアや評論家達」あるいは「狂信的になり過ぎたファン」を指していると考えられます。

この事は”大虐殺のように、お前らは俺らを愛す”というフレーズからも推測できます。

 

「リアルを歌う俺らにイチャモンつけるお前ら。お前らの偽善を暴いてやる。お前らは俺らの事が気になってしょうがないんだろ?」
こんな解釈で和訳を試みました。

 

 

歌詞と和訳

Written by Sean Moore, James Dean Bradfield, Nicky Wire & Richey Edwards

We are not your sinners
Our voices are for real
We realized and won’t be mourned
We going to burn your deathmask uniforms

We won’t die of devotion
Understand we can never belong
Throw some acid into your face
Pollute your mineral water with a strychnine taste

俺らはお前らの罪を償ったりしない
俺らはリアルの為に声を上げる
わかったんだ、嘆いている暇など無い
死に顔みたいなお前らのユニフォームを焼き払ってやるよ

献身的な死など無意味
俺らは服従などしないって、わかるだろ
お前らの顔面にアシッドをぶっかける
お前らのミネラルウォーターにストリチーネを混入する

 

mourn 嘆く、哀悼する、喪に服す
pollute 汚染する、冒涜する
strychnine ストリキニーネ、強い毒性を持つ薬物

 

You love us
You love
You love us
Oh you love us
You love
You love us
You love us
You love

お前らは俺らを愛してる
お前らは愛してる
俺らの事を
お前らは俺らが大好き

 

‘Til I see love in statues
Your lessons drill inherited sin
Parliaments a fake life saver
You better wake up and smell the real flavour

You love us like a holocaust
Same P.R. problem as E.S.T
(×2)

愛を彫刻にでもしない限り
お前らは原罪ってのを償うお勉強ばかり
議会など偽りの救済者
いい加減目を覚めせ、現実の匂いを嗅ぎ取れ

お前らは俺らを愛す、ホロコーストのように
広告の問題なんてサマータイムと同じ

 

drill 穴を開ける、厳しい訓練をする、ドリル
・parliament 議会、国会、集団
savor 救助者、節約家
holocaust 大虐殺
P.R. Public Relations、広告・宣伝、ピーアール
E.S.T Europian Summer Time(ヨーロッパ夏時間)でしょうか。「見せかけだけを変えて」必死に広告する企業やアーティストに対する皮肉だと解釈しました。

 

You love us
You love
You love us
Oh you love us
You love
You love us
You love us
You love

お前らは俺らを愛してる
お前らは愛してる
俺らの事を
お前らは俺らが大好き

 

 

波乱の30年間、マニックスの歴史を総括した決定版ムック