スポンサーリンク

<和訳>Bob Dylan – Tangled Up In Blue

2018-01-03

Bob Dylanの15作目のオリジナルアルバム「Blood on the Tracks(血の轍)」(1975年) の1曲目に収録され、シングルとしてもリリースされた代表曲です。
2018年現在もライヴのセットリストに名を連ねています。

 

Bob Dylan – Tangled Up In Blue
ボブ・ディラン – タングルド・アップ・イン・ブルー(邦題:ブルーにこんがらがって)

※添付の動画で省略されている歌詞は青色にしています

Early one mornin’ the sun was shinin’
ある朝早く、太陽は輝いていた
I was layin’ in bed
僕はベッドに寝ころびながら
Wondrin’ if she’d changed at all
If her hair was still red
彼女はすっかり変わっただろうか
彼女の髪は赤毛のままだろうかと、思いをめぐらしていた

Her folks they said our lives together
Sure was going to be rough
彼女の両親は、
僕たちが一緒になっても、上手くいかないと言っていた
They never did like
Mama’s homemade dress
彼らは、ママの手作りドレスなんて
気にいらなかったし
Papa’s bankbook wasn’t big enough
パパの預金通帳は十分じゃなかったのさ

And I was standin’ on the side of the road
そして僕は道端に立っていた
Rain fallin’ on my shoes
雨は僕の靴を濡らした

Heading out for the East Coast
東海岸に向かった僕は
Lord knows I’ve paid some dues
神のみぞ知るような代償を払って
Gettin’ through
切り抜けたのさ
Tangled up in blue
憂鬱に絡まりながら

She was married when we first met
僕らが出会った時、彼女は結婚していたが
Soon to be divorced
すぐに離婚する予定だった
I helped her out of a jam, I guess
僕は彼女をイザコザから救ったんだと思う
But I used a little too much force
でも少々強引だったみたいだ

We drove that car as far as we could
僕たちはできるだけ遠くまで車を飛ばし
Abandoned it out West
それを西部で乗り捨て
Split up on a dark sad night
暗く悲しい夜に別れる事にした
Both agreeing it was best
互いにそれが最良だと思ったのさ

She turned around to look at me
As I was walkin’ away
僕が去っていくとき、
彼女は僕に向き直った

I heard her say over my shoulder
背中越しに彼女の声が聞こえた
“We’ll meet again some day
「いつかまた会いましょう
On the avenue”
この並木道で」
Tangled up in blue
憂鬱が絡み合っていた

I had a job in the great north woods
僕はグレート・ノース・ウッドで仕事を見つけた
Working as a cook for a spell
しばらくコックとして働いたのさ
But I never did like it all that much
でもちっとも好きになれなくて
And one day the ax just fell
ある日クビになったのさ

So I drifted down to New Orleans
だから僕はニューオリンズに流れ着き
Where I happened to be employed
そこでたまたま雇われて
Workin’ for a while on a fishin’ boat
Right outside of Delacroix
ドラクロア沖の
漁船でしばらく働いたのさ

But all the while I was alone
その間もずっと孤独で
The past was close behind
過去はすぐ後ろにいた
I seen a lot of women
僕はたくさんの女を見てきたけど
But she never escaped my mind
彼女が心から離れる事は無かった

And I just grew
Tangled up in blue
そして僕はいよいよ強く
憂鬱にとりつかれるのさ

She was workin’ in a topless place
And I stopped in for a beer
僕がビールを飲みに立ち寄ったトップレスの店で
彼女は働いていた
I just kept lookin’ at the side of her face
In the spotlight, so clear
スポットライトにはっきり照らされた彼女の横顔を
僕は見つめていたのさ
And later on, when the crowd thinned out
I was just about to do the same
少し経って、群衆が去っていた後、
僕も同じく立ち去ろうとした

She was standing there, in back of my chair
Said to me “Don’t I know your name?”
彼女は僕の椅子の後ろに立っていて、
こう言ったのさ「あなたの事、知ってるかしら?」
I muttered somethin’ underneath my breath
僕は声を落として呟いた
She studied the lines on my face
彼女は僕の顔の皺から察した

I must admit, I felt a little uneasy
正直言うと、少し平静じゃいられなかったよ
When she bent down to tie the laces
Of my shoe
彼女がかがんで僕の靴ひもを
結ぼうとした時はね
Tangled up in blue
憂鬱にこんがらがったのさ

She lit a burner on the stove
彼女はストーブに火を点けて
And offered me a pipe
僕に一服勧めた
“I thought you’d never say hello” she said
「挨拶もしそうにないと思ったわ」彼女は言った
“You look like the silent type”
「物静かなタイプに見えるから」

Then she opened up a book of poems
それから彼女は詩集を開いて
And handed it to me
僕に手渡した
Written by an Italian poet
From the thirteenth century
それはイタリアの詩人が
13世紀に書いたものさ
And every one of them words rang true
そのすべての言葉が真実のようで
And glowed like burnin’ coal
燃える石炭のように輝き
Pourin’ off of every page
Like it was written in my soul
すべてのページが、まるで書き込まれるように
僕の魂に注ぎ込まれた
From me to you
僕から君へ
Tangled up in blue
憂鬱が絡み合った

I lived with them on Montague Street
僕が彼らと暮らしたのはモンタギュー通りの
In a basement down the stairs
階段を下りた地下室さ
There was music in the cafes at night
夜にはカフェで音楽が流れ
And revolution in the air
革命の雰囲気が充満していた

Then he started into dealing with slaves
そして彼は奴隷取引を始め
And something inside of him died
何かが彼の中で死んだのさ
She had to sell everything she owned
彼女は持ち物をすべて売り払う事になり
And froze up inside
心は凍り付いてしまった

And when it finally, the bottom fell out
そしてとうとう底が抜け落ちた時
I became withdrawn
僕は塞ぎ込むようになった
The only thing I knew how to do
僕がわかった唯一の方法は
Was to keep on keepin’ on
続ける事を続けるって事、
Like a bird that flew
鳥が空を飛ぶように
Tangled up in blue
憂鬱ともつれ合いながら

So now I’m goin’ back again
だから僕は今、帰ろうとしてる
I got to get to her somehow
なんとかして彼女を見つけ出すんだ
All the people we used to know
僕らが知り合ったすべての人々は
They’re an illusion to me now
今の僕にとっては幻のようさ

Some are mathematicians
数学者もいたし
Some are carpenters’ wives
大工の妻もいた
Don’t know how it all got started
どうしてそうなったのかわからない
I don’t know what they’re doin’ with their lives
彼らがどう生きてるのかなんて僕にわかりはしない
But me, I’m still on the road
でも僕は、いまだに路上にいる
A-headin’ for another joint
次の行き場を求めて

We always did feel the same
僕たちはいつも同じものを感じる
We just saw it from a different point
Of view
違う視点から同じものを見ていただけなんだ
Tangled up in blue
憂鬱ともつれ合いながら

Written by Bob Dylan
Tangled Up in Blue Lyrics © Bob Dylan Music Co.

 


ロックTシャツBOB DYLAN ボブ・ディラン Blowing In The Wind フォトTシャツ

 

言葉の意味・解説

tangled up in blue tangled upは「もつれる、こんがらがる、絡み合う」の意味。
 blueはここでは気持ちの事を指すと思います。私は「憂鬱」と訳させていただきました。

jam ジャム。日本語で使われる果物のジャムや音楽演奏のジャム以外にも、「押し込む」「詰まる」「窮地」などの意味があります。

ax アックス。「斧」という意味の他、「解雇(する)」という意味もあります。

happened to 「偶然~する、たまたま~する」

close behind 「すぐ後ろに」

topless place 上半身裸の店

ring true 本当らしく聞こえる

 

 


HOHNER ( ホーナー ) ボブディラン シグネイチャーモデル 10穴 C調 木製ボディ ブルースハープ 型 テンホールズ ハーモニカ 楽器 Bob Dylan SIG.

 

アルバム毎の特徴を知りたい人はこちら

 

ボブ・ディランの詩世界にどっぷり浸りたい人はこちら