スポンサーリンク

<和訳>Bob Dylan – Idiot Wind(愚かな風)

2018-01-03

Bob Dylanの15作目のオリジナルアルバム「Blood on the Tracks(血の轍)」(1975年) の4曲目に収録された楽曲です。

 

Bob Dylan – Idiot Wind
ボブ・ディラン – イディオット・ウィンド(邦題:愚かな風)

※添付の動画は青文字部分の歌詞が正式版とは違っています

Someone’s got it in for me
誰かが僕に伝えてくれたのさ

They’re planting stories in the press
奴らがデタラメをでっち上げてマスコミに垂れ流した話さ

Whoever it is I wish they’d cut it out quick
誰だろうと、早いとこやめてくれないかな

But when they will I can only guess
奴らが言う事には

They say I shot a man named Gray
僕がグレイとかいう名前の男を撃ち殺し

And took his wife to Italy
そいつの妻を連れてイタリアへ行ったって話さ

She inherited a million bucks
女は100万ドルも遺産を残し
And when she died it came to me
女が死んで、僕は遺産を手に入れた

I can’t help it if I’m lucky
運がいいだけなんだから仕方ないさ

People see me all the time
人々は僕に会うといつも

And they just can’t remember how to act
どんなそぶりをしていいか困っている

Their minds are filled with big ideas
Images and distorted facts
彼らの頭の中は、大それた話や
空想、捻じ曲げられた事実でいっぱいなのさ

Even you, yesterday
君さえも、昨日

You had to ask me where it was at
本当のところはどうなのと訊かずにいられなかった

I couldn’t believe after all these years
長年共にした中なのに信じられない

You didn’t know me better than that
君は僕の事を知らなかったのさ

Sweet lady
愛しいあの娘よりもね

Idiot wind
愚かな風が

Blowing every time you move your mouth
君が口を動かすたびに吹きつける
Blowing down the backroads headin’ south
南に向かって裏道を吹き抜ける

Idiot wind
愚かな風が

Blowing every time you move your teeth
君が歯を動かす度に吹きつける
You’re an idiot, babe
君は愚か者さ、ベイビー

It’s a wonder that you still know how to breathe
まだ息の仕方を知ってるだけでも奇跡的さ

I ran into the fortune-teller
僕は占い師のところに駆け込むと
Who said beware of lightning that might strike
雷に打たれるかもしれない、と言っていた

I haven’t known peace and quiet
僕は平和も静けさも忘れていた

For so long I can’t remember what it’s like
長い間、それがどんなものか思い出せなかった

There’s a lone soldier on the cross
十字架の上に孤独な兵士がいる
Smoke pourin’ out of a boxcar door
煙がボックスカーのドアから立ち昇っている

You didn’t know it, you didn’t think it could be done
君はそんな事知らなかったし、考えもしなかっただろう
In the final end he won the wars
After losin’ every battle
負け続けていた後で、
最後に奴は戦いに勝ったのさ

I woke up on the roadside
僕は道端で目を覚ました

Daydreamin’ ‘bout the way things sometimes are
Visions of your chestnut mare
「チェスナット・メア」の幻影の
白昼夢を時々見るんだ

Shoot through my head and are makin’ me see stars
そいつは僕の頭を撃ち抜き、目をくらませる



You hurt the ones that I love best
君は僕の最愛の人々を傷つけ

And cover up the truth with lies
嘘で真実を覆っている

One day you’ll be in the ditch
Flies buzzin’ around your eyes
Blood on your saddle
ある日、君の死体が側溝で見つかるのさ
目玉の周りには
ハエがたかって
サドルには血がついているのさ

Idiot wind
愚かな風が

Blowing through the flowers on your tomb
君の墓石の花に吹き抜ける

Blowing through the curtains in your room
君の部屋のカーテンに吹き抜ける

Idiot wind
愚かな風が

Blowing every time you move your teeth
君が歯を動かす度に吹きつける
You’re an idiot, babe
君は愚か者さ、ベイビー

It’s a wonder that you still know how to breathe
まだ息の仕方を知ってるだけでも奇跡的さ

It was gravity which pulled us down
僕たちを引きずり落としたのは重圧で
And destiny which broke us apart
別々に引き裂いたのは運命さ

You tamed the lion in my cage
君は僕の檻の中のライオンを手懐けたけど

But it just wasn’t enough to change my heart
心まで変えることはできなかった

Now everything’s a little upside down
今、すべてが少しばかりめちゃくちゃなのさ
As a matter of fact the wheels have stopped
事実、タイヤは止まったままで

What’s good is bad, what’s bad is good
良かったことは悪く、悪かったことは良くなる

You’ll find out when you reach the top
君が頂点に着いたらわかるだろう

You’re on the bottom
君が底辺にいるって事が

I noticed at the ceremony
式典で僕は気が付いたんだ

Your corrupt ways had finally made you blind
君の邪なやり方が最後には自分を盲目にしたのさ

I can’t remember your face anymore
もう君の顔を思い出せやしない

Your mouth has changed
君の口は変わったし

Your eyes don’t look into mine
君の目は僕を見ようとしない

The priest wore black on the seventh day
牧師は安息日に黒い衣を身にまとい
And sat stone-faced while the building burned
建物が燃えている間も、無表情で座っていた
I waited for you on the running boards
僕は踏み台の上で君を待っていた

Near the cypress trees, while the springtime turned
糸杉の近くで、春が去り
Slowly into autumn
ゆっくり秋になっていく

Idiot wind
愚かな風が

Blowing like a circle around my skull,
僕の骸骨の周りを円を描いて吹き抜ける
From the Grand Coulee Dam to the Capitol
グランドクーリーダムから国会議事堂へ

 

Idiot wind
愚かな風が
Blowing every time you move your teeth
君が歯を動かす度に吹きつける
You’re an idiot, babe
君は愚か者さ、ベイビー

It’s a wonder that you still know how to breathe
まだ息の仕方を知ってるだけでも奇跡的さ

I can’t feel you anymore
君をこれ以上感じられない
I can’t even touch the books you’ve read
君が読んだ本に触れる事すらできない

Every time I crawl past your door
君のドアを這うように過ぎる時はいつも

I been wishin’ I was somebody else instead
僕が別の誰かだったらいいのにと思うんだ
Down the highway, down the tracks
ハイウェイをくだり、わだちをくだり

Down the road to ecstasy
恍惚の道のりをくだる

I followed you beneath the stars
僕は星空の下で、君についていった
Hounded by your memory
And all your ragin’ glory
君の記憶や猛烈な栄光に
熱中していたのさ

I been double-crossed now
僕は裏切られていたが

For the very last time and now I’m finally free
最後の最後には、自由になった

I kissed goodbye the howling beast
On the borderline which separated you from me
僕と君とを隔てる国境線の上で
吠えている獣にさよならのキスをした

You’ll never know the hurt I suffered
Nor the pain I rise above,
君は僕が負った痛みも、
僕が乗り越えた苦痛も、わからないのさ

And I’ll never know the same about you
Your holiness or your kind of love
そして僕も同じように、
君の神聖さも、君の愛のようなものも、わからないのさ

And it makes me feel so sorry
それは本当に残念な事さ

Idiot wind
愚かな風が

Blowing through the buttons of our coats
僕たちのコートのボタンを吹き抜けた

Blowing through the letters that we wrote
僕たちが書いた手紙を吹き飛ばした

Idiot wind
愚かな風が

Blowing through the dust upon our shelves
僕らの棚に積もった埃を吹き飛ばした

We’re idiots, babe
僕らは愚か者さ、ベイビー

It’s a wonder we can even feed ourselves
僕らがまだ暮らしていけるなんて奇跡じゃないか

Written by Bob Dylan
Idiot Wind Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

 


ロックTシャツBOB DYLAN ボブ・ディラン Blowing In The Wind フォトTシャツ

 

言葉の意味・解説

chestnut mare チェストナット・メア。chestnutは「栗の実、栗色、栗毛の」や「陳腐な話」という意味もあります。mareは「牝馬」です。

 ザ・バーズ(The Byrds)の曲のタイトルでもあり、この曲について言われているという説があります。

 
 
 

 

the seventh day 週の第7日目。ユダヤ教で土曜日の安息日を指すそうです。

 

Grand Coulee Dam グランドクーリーダム。アメリカのワシントン州を流れるコロンビア川に建設されたダム。


The Grand Coulee Dam (Building America)

 

double-cross 裏切り。

 

rise above そびえる。超然としている。克服する。

 

雑記

風評やマスコミの噂話を「idiot wind」と名付け、批判したのでしょうか。一方的な批判ではなく、最後には同情のような歌詞も見受けられるのが意味深です。

難解で詩的な表現がたくさん登場します。また時間をかけて、読み解いていきたいです。

 

 

価格も手ごろで、最適なボブ・ディラン入門書

 

ボブ・ディランの詩世界にどっぷり浸りたい人はこちら