スポンサーリンク

Green Day -Waiting 歌詞の意味と和訳

Green Day – Waiting
グリーン・デイ – ウェイティング

 

 

Green Dayの6作目のアルバム「Warning」(2000年) の10曲目に収録されている曲です。

同アルバムの3枚目のシングルとしても、2000年10月にリリースされました。

 

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

待ちわびていた人生の転換点がやって来た」その喜びと戸惑いを歌った曲だと思います。

直接的で攻撃的なメッセージが多いGreen Dayの曲の中では珍しく、普遍的なテーマを持ったです。

 

 

歌詞と和訳

Written by Billie Joe Armstrong

I’ve been waiting a long time
For this moment to come
I’m destined
For anything… at all

Downtown lights will be shining
On me like a new diamond
Ring out under the midnight hour

No one can touch me now
And I can’t turn my back
It’s too late ready or not at all

俺はこの時が来るのを
長い間待っていた
何もかもが
運命づけられた事

ダウンタウンの明かりは
真新しいダイヤモンドみたいに俺を照らす
真夜中に、激しく

もう誰にも俺を変えられない
振り返るにはもう遅い
準備できても、できていなくても

 

ring out 鳴り響く、轟く

 

I’m so much closer than
I have ever known…
Wake up

かつてなかったほど
俺はそばにいる…
目覚めな

 

Dawning of a new era
Calling… don’t let it catch you falling
Ready or not at all

So close enough to taste it
Almost… I can embrace this
Feeling… on the tip of my tongue

新時代の夜明け
呼ぶ声に…囚われるな
落ちていく
準備できても、できていなくても

伝わるほどそばにきてる
もう少しで…抱き締められる
感じる…もう少しで言えそうさ

 

new era 新時代
embrace 抱擁する、歓迎する、含む、取り入れる
on the tip of one’s tongue もう少しで思い出せそう、喉まで出かかって

 

I’m so much closer than
I have ever known…
Wake up

かつてなかったほど
俺はそばにいる…
目覚めな

 

Better thank your lucky stars…

幸運の星に感謝するんだ

 

 

I’m so much closer than
I have ever known…
Wake up

かつてなかったほど
俺はそばにいる…
目覚めな

 

Better thank your lucky stars…

幸運の星に感謝するんだ

 

I’ve been waiting a life time
For this moment to come
I’m destined for anything at all

俺はこの瞬間が来るのを
生きてる間ずっと、待っていた
何もかもが運命さ

 

Dumbstruck
Colour me stupid
Good luck
You’re gonna need it
Where I’m going if I get there…
At all…

Wake up
Better thank your lucky stars…

凄い驚き
俺を熱狂させてくれ
幸運を祈る
必要になるはずさ
俺が向かう場所、そこへ
辿り着けたらなら

目覚めな
幸運の星に感謝するんだ

 

dumbstruck 口のきけないほど驚いた
colour me 私を染める