スポンサーリンク

Green Day – Stuck With Me 歌詞の意味と和訳

2019-10-01

Green Day – Stuck With Me
グリーン・デイ – スタック・ウィズ・ミー

 

 

Green Dayの4作目のアルバム「Insomniac」(”不眠症” 1995年) の3曲目に収録されている曲です。

同アルバムからの2枚目のシングルとしても、1995年12月にリリースされました。

 

大ヒットを記録した前作「Dookie」から1年後に届けられた「Insomniac」は、欲求不満をぶちまけたような、さらに激しいパンクサウンドと、破滅的で皮肉の効いた歌詞が特徴の作品となりました。

 

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「スタック・ウィズ・ミー」は、”俺のそばにいろ”という意味です。

しかし、歌詞には Stuck With Me というフレーズは登場せず、歌詞の内容とも合いません。

実は、この曲の本当のタイトルは「Do Da Da」というタイトルだったそうです。(タイトルが変わった経緯は、和訳の後に書いています)

 

歌詞には、いかにもパンクロッカーらしい、「権力者やエリートに対する反発」が書かれています。

また、前作で”売れ過ぎた”事で、「自分達を利用しようとする音楽業界の上層部」に対する警戒心をむき出しにしているようにも解釈できます。

 

 

歌詞と和訳

Written by Billie Joe Armstrong

I’m not part of your elite
I’m just alright

Class structures waving colors
Bleeding from my throat

俺はお前らエリートどもの仲間じゃない
俺はうまくやってんだ

階級構造が、いくつもの色<人種または国旗>をなびかせやがる
血反吐が出るぜ

 

Not subservient to you
I’m just alright

Down classed by the powers that be
Give me loss of hope

お前らに媚びなくたって
うまくやってんだ

権力者から下層に追いやられる
俺に失望を味合わせてみろよ

 

subservient 貢献する、従属する、へつらう
powers that be 当局者、首脳陣

 

Cast out, buried in a hole
Struck down, forcing me to fall
Destroyed, giving up the fight
Well, I know I’m not alright

排除され、穴に埋められ
打ちのめされ、ぶっ倒され
破壊され、戦いをあきらめ
あぁ、ちっともうまくいってねぇな

 

 

What’s my price and will you pay it
If it’s alright?

Take it from my dignity and
Waste it ‘til it’s dead

お前は俺の価値を
いくらで買い叩くつもりだ?

俺の尊厳からそいつを奪い
死ぬまで使い果たす

 

Throw me back into the gutter
‘Cause it’s alright

Find another pleasure fucker
Drag them down to hell

 

俺を底辺へ投げ返せよ
望むところさ

別の愉快なクソを見つけて
地獄まで引きずり落とせよ

 

gutter 側溝、排水溝、ドン底の生活、貧民街

 

Cast out, buried in a hole
Struck down, forcing me to fall
Destroyed, giving up the fight
Well, I know I’m not alright

排除され、穴に埋められ
打ちのめされ、ぶっ倒され
破壊され、戦いをあきらめ
あぁ、ちっともうまくいってねぇな

 

One, two, three, four!

ワン、ツー、スリー、フォー!

 

Cast out, buried in a hole
Struck down, forcing me to fall
Destroyed, giving up the fight
Well, I know I’m not alright

排除され、穴に埋められ
打ちのめされ、ぶっ倒され
破壊され、戦いをあきらめ
あぁ、ちっともうまくいってねぇな

 

 

雑記

この「Stuck With Me」という曲は、仮タイトルが「Alright」で、その後「Do Da Da」というタイトルになったそうです。

しかし、アルバムのカバーには、間違えて別の曲のタイトルである「Stuck With Me」と記載されてしまった為、それに合わせてタイトルを「Stuck With Me」に変更したそうです。

 

ちなみに、本物の「Stuck With Me」は、裏ベスト盤「Shenanigans」(2002年) に収録されている「Do Da Da」で(名前が入れ替わったわけですね…)、サビのところは「Stuck with me~♪ Stuck with me~♪」と歌われています。


シェナニガンズ~スーパー・ウラ・ベスト!

 

(Youtubeのコメント欄にも、そのことが書き込まれています)