スポンサーリンク

<歌詞和訳>Mother Nature’s Son – The Beatles 曲の解説と意味も

[White Album],Beatles 歌詞和訳

The Beatles – Mother Nature’s Son
ザ・ビートルズ – マザー・ネイチャーズ・サン

 

ザ・ビートルズの10枚目のスタジオアルバム「The Beatles(通称 ホワイトアルバム)」(1968年) に収録されている曲です。

インド訪問中にポール・マッカトニーによって書かれた曲です。

 

歌詞の意味と解釈

ビートルズがインドのマハリシ・マヘーシュ・ヨーギー(超越瞑想などを世界に広めたインドの指導者・事業家)の元で瞑想修行をしていた際、作られた曲の1つです。

母なる自然の息子」というタイトルで、スピリチュアルな歌詞の内容は、マハリシのスピーチに影響を受けたものだと言われています。(なお、ジョン・レノンもマハリシの影響を受け『Child of Nature』という曲を作り、これがのちの『Jealous Guy』となりました)

 

歌詞と和訳

Written by Lennon-McCartney & Paul McCartney

Born a poor young country boy
Mother Nature’s son
All day long, I’m sitting, singing songs for everyone

田舎の貧しい少年として生まれた
母なる自然の子
一日中ずっと、僕は座って、皆に歌を聴かせている

 

Sit beside a mountain stream
See her waters rise
Listen to the pretty sound of music as she flies

山の小川の脇に座り
流れが激しくなるのを眺める
水しぶきが奏でる、美しい音に耳を澄ます

 

Do-do-do-do-do-do-do, do-do-do-do-do-do-do
Do-d

 

Find me in my field of grass
Mother Nature’s son
Swaying daisies, sing a lazy song beneath the sun

草原の中で僕を見つけて
母なる自然の子
風に揺れるヒナギクが、太陽の下で、眠たげな歌を歌っている

 

sway 揺れる、左右する、傾ける、影響を与える、支配する
lazy 怠惰な、けだるい、動きの遅い、ゆっくりとした

 

Dododo-do-do-do-dodododo, Dododo-do-do-do-dodododo
Mhh-dodododo, yeah-yeah-yeah
Mh-mh-mh-mh, mh-uh-uh-uh
Mh-mh-mh-mh-mh-mh-ah

 

Mother Nature’s son

母なる自然の子

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

The Beatles(通称 ホワイトアルバム 1968年)

 

通算10枚目のアルバムで、メンバーそれぞれの方向性が光る様々な楽曲が収録された、2枚組30曲の大作です。