スポンサーリンク

John Lennon – Jealous Guy 歌詞の意味と和訳

John Lennon – Jealous Guy
ジョン・レノン – ジェラス・ガイ

 

 

John Lennonの2作目のソロアルバム「Imagine」(1971年) の3曲目に収録されている曲です。

原曲はビートルズ時代に録音された未発表曲『Child of Nature』で、タイトルと歌詞を完全に変え、『Jealous Guy』となりました。

 

 

 

 

 

1968年にビートルズで録音された『Child of Nature』

 

 

 

歌詞の意味と解釈

「ジェラス・ガイ」(嫉妬深い男)の歌詞はタイトル通り、ジョンが自身の”嫉妬深い性格”を表現したものだと言われています。

愛する人への独占欲は、オノ・ヨーコとの関係性からもうかがい知る事ができますが、深読みすれば、前妻シンシアやポール・マッカートニーとの関係性も感じられます。

 

 

歌詞と和訳

Written by John Lennon

I was dreaming of the past
And my heart was beating fast
I began to lose control
I began to lose control

過去の事を思い浮かべたら
心臓が高鳴って
抑えられなくなってきた
抑えられなくなってきた

 

I didn’t mean to hurt you
I’m sorry that I made you cry
Oh no, I didn’t want to hurt you
I’m just a jealous guy

君を傷つけるつもりはなかった
泣かせてごめん
あぁ、君を傷つけたくなかった
僕はただの嫉妬深いヤツ

 

I was feeling insecure
You might not love me anymore
I was shivering inside
I was shivering inside

不安に襲われたんだ
君がもう愛してくれないかも、って
心の底まで震えていた
心の底まで震えていたんだ

 

insecure 不安な、自信の無い

 

I didn’t mean to hurt you
I’m sorry that I made you cry
Oh no, I didn’t want to hurt you
I’m just a jealous guy
(×2)

君を傷つけるつもりはなかった
泣かせてごめん
あぁ、君を傷つけたくなかった
僕はただの嫉妬深いヤツ

 

I was trying to catch your eyes
Thought that you was trying to hide
I was swallowing my pain
I was swallowing my pain

君の注意を引こうとしていた
君が隠そうとしてるって疑った
僕は苦しみを受け止めた
苦しみを受け止めたんだ

 

I didn’t mean to hurt you
I’m sorry that I made you cry
Oh no I didn’t want to hurt you
I’m just a jealous guy
Watch out baby I’m just a jealous guy
Look out baby I’m just a jealous guy

君を傷つけるつもりはなかった
泣かせてごめん
あぁ、君を傷つけたくなかった
僕はただの嫉妬深いヤツ
気をつけてね、嫉妬深いヤツなんだ
用心してね、嫉妬深いヤツだから

 

watch out 注意しろ、気を付けろ
look out 外を見る、用心しろ、注意せよ