スポンサーリンク

<歌詞和訳>Yer Blues – The Beatles 曲の解説と意味も

[The Beatles(White Album)],Beatles 歌詞和訳[生き方] 孤独/厭世,[表現] 他の曲名・アーティスト名が出てくる

The Beatles – Yer Blues
ザ・ビートルズ – ヤー・ブルース

 

ザ・ビートルズの10thアルバム「The Beatles(通称 ホワイトアルバム)」(1968年) に収録されている曲です。

この曲が作られた1968年頃、イギリスではブルースが流行っており、様々なロックバンドがブルースを演奏していたそうです。
この曲はそんな状況を皮肉った(ブルースをやるロックバンドのパロディを演じた)ものだと言われています。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルにある"Yer“とは"Your“のスラングで、タイトルを訳すと"君のブルース“となります。

歌詞では「I’m lonely, Want to die」(寂しくて死にたい)と繰り返され、作者のジョンはこれについて「インドでの瞑想修行中、神に近づこうとして自殺願望が芽生える事があった」と説明しています。

歌詞はかなりネガティブですが、これはパロディとして大袈裟に歌ってみせたものなのか、それとも本心なのかは、不明です。

 

一方、「自分がまだ生きている理由を知っている恋人(girl)」は、おそらくオノ・ヨーコだと思われ、そう考えると遠回しなラブソングにも聞こえなくはありません。

 

歌詞と和訳

Written by Lennon-McCartney & John Lennon

Two, three…

トゥー、スリー…

 

Yes, I’m lonely
Want to die
Yes, I’m lonely
Want to die
If I ain’t dead already, woo
Girl, you know the reason why

そうさ、寂しくて
死にたい
あぁ、寂しくて
死にたい
それでもまだ死んでないって事は
ねぇ君、その理由、わかるだろ

 

In the morning
Want to die
In the evening
Want to die
If I ain’t dead already, woo
Girl, you know the reason why

朝になれば
死にたい
夜になれば
死にたい
それでもまだ死んでないって事は
ねぇ君、その理由、わかるだろ

 

My mother was of the sky
My father was of the earth
But I am of the universe
And you know what it’s worth
I’m lonely
Want to die
If I ain’t dead already, woo
Girl, you know the reason why

母親は空にいた(夢想家だった)
親父は大地にいた(現実主義者だった)
でも俺は、宇宙にいる
こんなこと言ってもしょうがないけど
寂しくて
死にたい
それでもまだ死んでないって事は
ねぇ君、その理由、わかるだろ

 

(for) what it’s worth 言っても意味は無いかもしれないけど

 

The eagle picks my eye
The worm he licks my bones
I feel so suicidal
Just like Dylan’s Mr. Jones
Lonely
Want to die
If I ain’t dead already, woo
Girl, you know the reason why

鷲が俺の目玉をつつき
ウジが俺の骨をかじる
自殺したい気分さ
まるでディランの「ミスター・ジョーンズ」
寂しくて
死にたい
それでもまだ死んでないって事は
ねぇ君、その理由、わかるだろ

 

lick なめる、打ち負かす、ひとなめ、わずか、強打
Mr. Jones ボブ・ディランの楽曲『Ballad of a Thin Man』(やせっぽちのバラッド)の歌詞に登場する男。歌詞はなにやら不吉な妄想のような内容となっています。Ballad of a Thin Manの歌詞和訳記事はコチラ

 

Black cloud crossed my mind
Blue mist round my soul
Feel so suicidal
Even hate my rock and roll
Want to die
Yeah, want to die
If I ain’t dead already, woo
Girl, you know the reason why

暗雲が俺の心をよぎり
憂鬱な霧が俺の魂を包む
自殺したい気分さ
ロックンロールすらウンザリだ
死にたい
あぁ、死にたい
それでもまだ死んでないって事は
ねぇ君、その理由、わかるだろ

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

The Beatles(通称 ホワイトアルバム 1968年)

 

通算10枚目のアルバムで、メンバーそれぞれの方向性が光る様々な楽曲が収録された、2枚組30曲の大作です。