スポンサーリンク

<歌詞和訳>Honey Pie – The Beatles 曲の解説と意味も

[The Beatles(White Album)],Beatles 歌詞和訳

The Beatles – Honey Pie
ザ・ビートルズ – ハニー・パイ

 

ザ・ビートルズの10thアルバム「The Beatles(通称 ホワイトアルバム)」(1968年) に収録されている曲です。

レノン=マッカートニー名義の曲ですが、実質ポールの作品です。

サウンドも歌詞も、1920年代~1940年代のミュージックホール・ソングを意識した作りになっています。

ポールによると、これはアマチュアのジャズミュージシャンだった父の影響だそうです。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「ハニー・パイ」とは、"とある架空の女優のニックネーム“です。

彼女はハリウッドに渡ってスターとなります。

歌詞の内容は、そんなハニー・パイに対し、「イングランドに戻って来ておくれ」と懇願する元恋人(?)の独白となっています。

 

歌詞と和訳

Written by Lennon-McCartney & Paul McCartney

She was a working girl North of England way
Now she’s hit the big time in the U.S.A.​
And if she could only hear me, this is what I’d say

イングランドの北部で娼婦をしていた彼女
今ではアメリカの大スター
もし僕の声が届くなら、こう言いたいんだ…

 

North of England way イングランドの北部で(England wayは古い言い方で、Englandと同じ)
working girl ワーキングガール(このような場面では"娼婦"を指す事が多いようです)
hit the big time 成功する、一流になる

 

Honey Pie, you are making me crazy
I’m in love, but I’m lazy
So won’t you please come home

ハニー・パイ、君は僕を狂わせる
恋してるのさ、でも僕は怠け者
だから、僕のもとに帰って来ておくれ

 

lazy 怠惰な、けだるい、動きの遅い

 

Oh, honey pie, my position is tragic
Come and show me the magic
Of your Hollywood song

あぁ、ハニー・パイ、悲劇的な僕に
披露しておくれ
魔法のようなハリウッドの歌を

 

tragic 悲劇の、悲劇的な

 

You became a legend of the silver screen
And now the thought of meeting you
Makes me weak in the knee

君は今や銀幕の伝説となった
だから君に会うと想像しただけで
足がすくむよ

 

silver screen 銀幕(映画を映し出す幕の事ですが一般的には"映画"や"映画産業"を指します)
weak in the knees (恐怖などで)足がすくむ、立っていられなくなる

 

Oh, Honey Pie, you are driving me frantic
Sail across the Atlantic
To be where you belong
Honey pie, come back to me

あぁ、ハニー・パイ、君は僕を血迷わせる
大西洋を渡って
君がいるべき場所へ戻っておくれ
ハニー・パイ、僕のもとに帰って来ておくれ

 

frantic 取り乱した、気が狂ったような、血迷った

 

Ooh, yeah
I like it like that, oh ah

あぁ、そうさ
好きなんだ

 

I like this kind of hot kind of music
Hot kind of music
Play it to me, play it to me, Hollywood blues

僕はこんな風に、ホットな音楽が好きさ
ホットな音楽がね
僕に、ハリウッドのブルースを聴かせておくれ

 

Will the wind that blew her boat across the sea
Kindly send her sailing back to me?
Tee, tee, tee

彼女を乗せた船を、海の向こうに運んだ風よ
どうか彼女を、僕のもとに送り帰してくれないか?

 

kindly 親切な、優しい、優しく、どうか~、すみませんが

 

Now Honey Pie you are making me crazy
I’m in love but I’m lazy
So won’t you please come home
Come, come back to me, Honey Pie

ハニー・パイ、君は僕を狂わせる
恋してるのさ、でも僕は怠け者
だから、僕のもとに帰って来ておくれ
僕のもとに、戻っておくれ、ハニー・パイ

 

Ooh, oh
Oh oh oh oh oh oh oh
Honey Pie, Honey Pie

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

The Beatles(通称 ホワイトアルバム 1968年)

 

通算10枚目のアルバムで、メンバーそれぞれの方向性が光る様々な楽曲が収録された、2枚組30曲の大作です。