スポンサーリンク

Zedd – Papercut 歌詞の意味と和訳

2019-04-27

Zedd feat. Troye Sivan – Papercut
ゼッド feat. トロイ・シヴァン – ペイパーカット

ロシア人のDJ Zedd(ゼッド)のセカンドアルバム「True Colors」(2015年) の8曲目に収録されている曲です。

同アルバムのサードシングルとしても、2015年7月にリリースされました。

 

ボーカルを担当しているのは南アフリカ出身の俳優であり、シンガーソングライターの Troye Sivan(トロイ・シヴァン)です。

 

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの”ペイパーカット”とは、「紙で指などを切ってしまう事」を指します。

歌詞は、恋人とケンカしている場面から始まります。

「痛みをともない、わずかに血も出るけど、全く心配するような事柄じゃない、朝になったら元通り、ただのペイパーカットさ」と自分に言い聞かせています。

 

 

歌詞と和訳

Now we’re staring at the ceiling, you’re so pretty when you’re mad
All that I can hear is breathing, oh, oh

And we’re stuck inside the silence, in a cold, cold war
We’re too proud to say we’re sorry, oh, oh

僕らは天井を見つめてる、怒ると君はとても可愛い
呼吸だけが聞こえている

僕らは沈黙の中に沈み、冷たい、冷たい戦争
プライドが邪魔をして、お互いゴメンと言えない

 

Right now it feels like we’re bleeding
So deep that we might not get back up
Our words, they tear through the surface
Like a paper, like a paper cut

Right now, don’t know why I love you
But by the morning, when we wake up
I’ll reach for you and remember
It was just a paper, just a paper cut

今の僕らは、酷い気分さ
戻れない程の、深みにきているかも
僕らの言葉は、うわべを切り裂いていく
紙のように、紙で切るように

今は君を愛す理由もわからないけど
朝までには、目を覚ます頃には
君に手を伸ばし、思い出すのさ
ただ紙で、紙でできた切り傷に過ぎないと

 

 

I find refuge in the distance, even when we’re breaking down
Can we pause it just for one kiss? Oh, oh

Cause I never meant to hurt you, and I know you feel the same
Still the only one I run to, oh, oh

僕は遥か遠くの逃げ場所を探す、僕らの関係が崩れている時
キス一つで止められないかな?

君を傷つけるつもりは無かったし、君だって同じ気持ちのはずさ
君は僕が追いかける、かけがえのない人のままなんだ

 

refuge 避難、逃げ場

 

Right now it feels like we’re bleeding
So deep that we might not get back up
Our words, they tear through the surface
Like a paper, like a paper cut

Right now, don’t know why I love you
But by the morning, when we wake up
I’ll reach for you and remember
It was just a paper, just a paper cut

今の僕らは、酷い気分さ
戻れない程の、深みにきているかも
僕らの言葉は、うわべを切り裂いていく
紙のように、紙で切るように

今は君を愛す理由もわからないけど
朝までには、目を覚ます頃には
君に手を伸ばし、思い出すのさ
ただ紙で、紙でできた切り傷に過ぎないと

 

 

Right now it feels like we’re bleeding
So deep that we might not get back up
Our words, they tear through the surface
Like a paper, like a paper cut

Right now, don’t know why I love you
But by the morning, when we wake up
I’ll reach for you and remember
It was just a paper, just a paper cut

Just a paper, just a paper cut(×3)

今の僕らは、酷い気分さ
戻れない程の、深みにきているかも
僕らの言葉は、うわべを切り裂いていく
紙のように、紙で切るように

今は君を愛す理由もわからないけど
朝までには、目を覚ます頃には
君に手を伸ばし、思い出すのさ
ただ紙で、紙でできた切り傷に過ぎないと

ただ紙で、紙でできた切り傷に過ぎないと

 

Written by Zedd, Austin Paul Flores, Jason Evigan, Lindy Robbins, Sam Martin & Julia Michaels