スポンサーリンク

<和訳>Radiohead – Subterranean Homesick Alien

2017-12-26

Radioheadのサードアルバム「OK Computer」(1997年) の3曲目に収録されている曲です。
同アルバムは2018年現在では、90年代ロックの最重要作品と呼ばれるほどの評価を得ています。

未発表曲が追加されたリマスター盤「OKNOTOK 1997 2017」(2017年) もリリースされています。

 

 

Radiohead – Subterranean Homesick Alien
レディオヘッド – サブタレニアン・ホームシック・エイリアン

 

The breath of the morning
朝の深呼吸
I keep forgetting
ずっと忘れていた
The smell of the warm summer air
暖かな夏の匂い

I live in a town
Where you can’t smell a thing
僕が住む街は何の匂いもしない
You watch your feet
君は足元を見る
For cracks in the pavement
歩道のひび割れにつまずかないように

Up above
上空では
Aliens hover
エイリアンが宙に浮かび
Making home movies
For the folks back home
故郷の仲間に見せる為の
ホームビデオを撮影中

Of all these weird creatures
映るのは奇妙な生き物
Who lock up their spirits
心をがんじがらめにし、
Drill holes in themselves
自分に穴をあけ
And live for their secrets
秘密を抱えて生きている


They’re all
奴らはみんな
Uptight
ピリピリして
Uptight
イライラして
Uptight
不安定で
Uptight
すぐに腹を立て
Uptight
ムカムカして
Uptight
神経質さ
Oh

I wish that they’d swoop down in a country lane
Late at night when I’m driving
僕が深夜、田舎道をドライブしてる時にでも
奴らが降りてきてくれないかな

Take me on board their beautiful ship
僕を美しい船に乗せて
Show me the world as I’d love to see it
僕が見たい世界を見せてくれないかな

I’d tell all my friends but they’d never believe me
僕は友達全員に話すけど、きっと誰も信じやしないよ
They’d think that I’d finally lost it completely
僕の事、完全に正気を失ったと思うだけだろうな

I’d show them the stars and the meaning of life
僕は星や人生の意味を教えてやるのさ
They’d shut me away
奴らは僕を隔離するだろうよ
But I’d be alright
でも僕は大丈夫さ
Alright
大丈夫
I’m alright
大丈夫さ
Alright
大丈夫


I’m just
だって僕は
Uptight
ピリピリして
Uptight
イライラして

Uptight
ピリピリして

Uptight
不安定で

Uptight
すぐに腹を立て

Uptight
ムカムカして

Uptight
神経質だから

Written by Colin Charles Greenwood / Edward John O’brien / Jonathan Richard Guy Greenwood / Philip James Selway / Thomas Edward Yorke
Subterranean Homesick Alien Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc

 

言葉の意味・解説

subterranean サブタレニアン。地下の、地下に住む、の意味。

homesick ホームシック。ホームシックにかかった、郷愁を感じる、の意味。ホームシックとは家族や故郷から離れて暮らす人が、それらを異常に恋しがる状態。

曲のタイトルは、ボブ・ディランの『Subterranean homesick blues』からとられているようです。

 
 
 
 
 

「A Moon Shaped Pool」後のツアーまでの解説

独自のインタビュー満載