スポンサーリンク

<和訳>Radiohead – No Surprises

2017-12-26

Radioheadのサードアルバム「OK Computer」(1997年) の10曲目に収録されている曲です。同アルバムからの4枚目のシングルとして1998年1月にもリリースされています。
日本限定ミニアルバム「No Surprises – Running From Demons」としても1997年12月にリリースされました。

未発表曲が追加されたリマスター盤「OKNOTOK 1997 2017」(2017年) もリリースされています。

 

 

Radiohead – No Surprises
レディオヘッド – ノー・サプライゼズ

 

A heart that’s full up like a landfill
ゴミ処理場みたいに満杯の心
A job that slowly kills you
君をゆっくり殺していく仕事
Bruises that won’t heal
いつまでも癒えないアザ

You look so tired, unhappy
君はとても疲れて、不幸そうだね
Bring down the government
政府を打ち負かそうか
They don’t, they don’t speak for us
奴らは僕らの為に議論しない

I’ll take a quiet life
僕は静かな生活を送るよ
A handshake of carbon monoxide
一酸化炭素と仲良くして
With no alarms and no surprises
不安も驚きもない
No alarms and no surprises
不安も驚きもない
No alarms and no surprises
不安も驚きもない
Silent, silent
平穏があるのさ、平穏だけが

This is my final fit
これが最後の発作
My final bellyache
これが最後の愚痴
With no alarms and no surprises
そして、不安も驚きもない

No alarms and no surprises
不安も驚きもない

No alarms and no surprises, please
不安も驚きもない、お願いさ

Such a pretty house
なんて素敵な家なんだろう

And such a pretty garden
そして素敵な庭なんだろう

No alarms and no surprises(let me out of here)
不安も驚きもない(僕をここから出してくれ)

No alarms and no surprises(let me out of here)
不安も驚きもない(僕をここから出してくれ)

No alarms and no surprises, please(let me out of here)
不安も驚きもない(僕をここから出してくれ)、お願いさ

Written by Colin Charles Greenwood / Edward John O’brien / Jonathan Richard Guy Greenwood / Philip James Selway / Thomas Edward Yorke
No Surprises Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc

 

雑記

この歌の解釈は、「世の中に絶望した男が一酸化炭素中毒死を遂げる歌」とされています。ただ、私は「一酸化炭素との握手」(A handshake of carbon monoxide)を、「世の中の不条理とも妥協点を見つけて生きる事」と読み取り、希望の歌だという解釈できると思っていました。

しかし、今回訳させていただき、最後に入っているコーラスが「let me out of here」と歌われている事を初めて知りました。

これは主人公の後悔を表しているのは間違いなさそうですので、①自殺の歌だった場合→[結果]自殺を後悔する主人公。②受け入れて生き続けた場合→[結果]ささやかな生活を後悔する主人公、となってしまいます。

ですので、やはり「一酸化炭素との握手」は自殺と解釈する方が自然なのかと思いました。

 

 

トム・ヨークの評伝。「On A Friday」や「Headless Chicken」からソロ作品まで


メンズ レディース イギリス ビーチサンダル Black