スポンサーリンク

Queen – Don’t Stop Me Now 歌詞の意味と和訳

2019-11-21

Queen – Don’t Stop Me Now
クイーン – ドント・ストップ・ミー・ナウ

 

 

イギリスのロックバンド Queenの7作目のアルバム「Jazz」(1978年) の、12曲目に収録されている曲です。

1979年1月にシングルとしてもリリースされましたが、発売当時はイギリスのシングルチャートで9位、アメリカでは86位と、振るわない結果となりました。

しかし、時代が経るにつれて人気の曲となり、現在ではクイーンの中でも5本の指に入る代表曲となっています。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

僕を止めないで」のタイトル通り、ハイテンションな演奏と、楽しむ気満々の歌詞が印象的な曲です。

ただし、意外なことにブライアン・メイのギターは中盤のギターソロでしか登場しません。

ブライアン・メイはこの曲を気に入っていなかったらしく、その原因は歌詞の内容にあったようです。

というのも、快楽主義的な内容の歌詞は、当時薬物と肉体的快楽に溺れていたフレディ・マーキュリーの様子を考えると、”洒落にならない” ものだったからです。

時間を経てからこの曲の評価が上がったのも、歌詞に見え隠れするフレディの危うさを邪推せず、純粋に音楽を楽しめるようになったからかもしれません。

 

 

歌詞と和訳

Written by Freddie Mercury

Tonight I’m gonna have myself a real good time
I feel alive
And the world, I’ll turn it inside out, yeah
I’m floating around in ecstasy, so (Don’t stop me now)
(Don’t stop me) ‘Cause I’m havin’ a good time, havin’ a good time

今夜、存分に楽しんでやるよ
生き返った気分さ
世界をひっくり返してやろう、そうさ
快感の真っただ中にいる、だから(今の僕を止めないで)
(今の僕を止めないで)楽しんでるんだ、楽しんでるんだから

 

I’m a shooting star leaping through the sky
Like a tiger defying the laws of gravity

I’m a racing car passing by like Lady Godiva
I’m gonna go, go, go, there’s no stopping me

僕は夜空を駆け巡る流れ星
まるで重力にも負けないタイガーさ

僕はレディ・ゴディヴァのように通り過ぎるレーシングカー
このまま行くよ、行け、行け、僕は止められない

 

leap 飛び跳ねる、飛び越える、急上昇する
defy 無視する、逆らう
Lady Godiva レディ・ゴディヴァ(ゴディヴァ夫人またはゴダイヴァ夫人)。11世紀イングランドの伯爵夫人。夫の圧政を諫める為、街を裸で馬に乗り行進したという伝説が残されています。
(ちなみにチョコレートメーカーのゴディヴァの由来もレディ・ゴディヴァからです)


Lady Godiva: A Literary History of the Legend (English Edition)

 

I’m burning through the sky, yeah
Two hundred degrees, that’s why they call me Mister Fahrenheit

I’m travelling at the speed of light
I wanna make a supersonic man outta you

僕は空を突き抜け燃えていく、そうさ
200度の熱を持ち、ミスター・ファーレンハイトと呼ばれてるんだ

光速で移動する
君をスーパーソニックな男にしてあげるよ

 

Fahrenheit 華氏。温度計を考案したドイツの物理学者ガブリエル・ファーレンハイトの名前が由来です。ちなみに華氏200度は摂氏に直すと約93度です。
outta(=out of) ~の外へ、~から、~から離れて、~を失って

 

(Don’t stop me now)
I’m having such a good time, I’m having a ball
(Don’t stop me now)
If you wanna have a good time, just give me a call
(Don’t stop me now) ‘Cause I’m having a good time
(Don’t stop me now) Yes, I’m having a good time
I don’t wanna stop at all, yeah

(今の僕を止めないで)
お楽しみの最中さ、なんて楽しんだろう
(止めないで)

君も楽しみたかったら、僕に連絡してよ
(止めないで)お楽しみの最中なんだから
(止めないで)そうさ、こんなに楽しんでる
止められるわけなんかないさ、イエー

 

have a ball 大いに楽しむ

 

I’m a rocket ship on my way to Mars on a collision course
I am a satellite, I’m out of control
I’m a sex machine ready to reload
Like an atom bomb about to, oh, oh, oh, oh, oh, explode!

僕は火星を目指すロケットさ、衝突コースを突き進む
僕は衛星、制御不能さ
弾の詰まったセックス・マシーン
まるで爆発寸前の、核爆弾さ!

 

collision 衝突
reload 積み替える、再び弾丸を込める

 

I’m burning through the sky, yeah
Two hundred degrees, that’s why they call me Mister Fahrenheit

I’m travelling at the speed of light
I wanna make a supersonic woman of you

僕は空を突き抜け燃えていく、そうさ
200度の熱を持ち、ミスター・ファーレンハイトと呼ばれてるんだ

光速で移動する
君をスーパーソニックな女にしてあげるよ

 

(Don’t stop me, don’t stop me, don’t stop me) Hey, hey, hey
(Don’t stop me, don’t stop me, ooh, ooh, ooh) I like it
(Don’t stop me, don’t stop me) Have a good time, good time
(Don’t stop me, don’t stop me) Woah
Let loose, honey, all right

(止めないで、止めないで、止めないで)ヘイ、ヘイ、ヘイ
(止めないで、止めないで)いい感じ
(止めないで、止めないで)楽しもう、楽しもう
(止めないで、止めないで)ワオ
自由にしなよ、ハニー、大丈夫

 

Oh, I’m burning through the sky, yeah
Two hundred degrees, that’s why they call me Mister Fahrenheit, hey

Travelling at the speed of light
I wanna make a supersonic man outta you (Yeah, yeah)

僕は空を突き抜け燃えていく、そうさ
200度の熱を持ち、ミスター・ファーレンハイトと呼ばれてるんだ

光速で移動する
君をスーパーソニックな男にしてあげるよ

 

(Don’t stop me now)
I’m having such a good time, I’m having a ball
(Don’t stop me now)
If you wanna have a good time, just give me a call (Ooh, alright)
(Don’t stop me now) ‘Cause I’m having a good time (Yeah, yeah)
(Don’t stop me now) Yes, I’m having a good time
I don’t wanna stop at all

(今の僕を止めないで)
お楽しみの最中さ、なんて楽しんだろう
(止めないで)

君も楽しみたかったら、僕に連絡してよ
(止めないで)お楽しみの最中なんだから
(止めないで)そうさ、こんなに楽しんでる
止められるわけなんかないさ

 

Ah, da da da da
Da da ah ah
Ah da da, ah ah ah
Ah, da da
Ah, da da ah ah
Ooh, ooh ooh, ooh ooh