スポンサーリンク

<歌詞和訳>You’re My Best Friend – Queen 曲の解説と意味も

2019-11-23Queen 歌詞和訳[恋愛] 情熱的な愛

Queen – You’re My Best Friend
クイーン – ユーアー・マイ・ベスト・フレンド(邦題:マイ・ベスト・フレンド)

 

イギリスのロックバンド クイーンの4thアルバム「A Night at the Opera」(邦題:オペラ座の夜 1975年) に収録されている曲です。

同アルバムの2枚目のシングルとして、1976年5月にリリースされました。

ベーシストのジョン・ディーコンが作詞作曲した曲で、曲に使われている電子ピアノもジョンが弾いています(フレディは電子ピアノを嫌って弾くのを拒んだそうです)。

 

歌詞の意味と解釈

この曲は、ジョン・ディーコンが妻のベロニカ・テツラフを想って書かれた曲だと言われています(二人が結婚したのはアルバムのレコーディングに入る少し前、1975年1月の事です)。

その為「フレンド」と言っても、”友達”に限定しては曲の雰囲気と異なるように思われます。

フレンドには、”味方” “支持者” “連れ” “仲間” といった意味もあり、ここではより広い解釈で(恋人・家族・友人、人に限らず自分の支えとなっているものを含める意味で)マイ・ベスト・フレンドという言葉を訳させていただきました。

 

歌詞と和訳

Written by John Deacon

Ooh, you make me live
Whatever this world can give to me
It’s you, you’re all I see
Ooh, you make me live now, honey
Ooh, you make me live

あぁ、君が僕に生きる喜びをくれる
世界からどんな目に遭わされようと
僕には君しか見えないんだ
あぁ、君がいるから生きていけるよ、ハニー
あぁ、君が僕を生かしてくれるんだ

 

Oh, you’re the best friend that I ever had
I’ve been with you such a long time, you’re my sunshine
And I want you to know that my feelings are true
I really love you

(Ooh) Oh, you’re my best friend

君は僕が出会った最高の友
長い間共に過ごしてきたけれど、君は僕の太陽さ
だからわかって欲しいんだ、この気持ちは本物だって
心から君を愛しているよ

あぁ、君は一番の心の支え

 

Ooh, you make me live
Ooh, I’ve been wandering ‘round (‘round)
But still come back to you (ooh, still come back to you)
In rain or shine, you’ve stood by me girl (girl)
I’m happy at home (I’m happy, happy at home)

You’re my best friend

あぁ、君が僕に生きる喜びをくれる
あぁ、道を外れることもあったけど
僕が戻るのはいつも君のところ
雨が降ろうが晴れていようが、君はそばにいてくれる
君といられるこの家が僕の幸せ

君は一番の僕の支えなんだ

 

happy at home ドラムのロジャー・テイラーは「”家にいて幸せ”なんてフレーズはロックじゃないから無くすべきだ」と言っていたそうです。

 

Ooh, you make me live
Whenever this world is cruel to me
I got you to help me forgive
Ooh, you make me live now, honey
Ooh, you make me live

あぁ、君が僕に生きる喜びをくれる
世間から辛くあしらわれても
君の助けで僕は水に流していける
あぁ、君がいるから生きていけるよ、ハニー
あぁ、君が僕を生かしてくれるんだ

 

Oh, you’re the first one when things turn out bad
You know I’ll never be lonely, you’re my only one
And I love the things
I really love the things that you do

Oh, you’re my best friend

あぁ、君が初めてさ
物事が上手くいかない時も、一人じゃないって思えるなんてね。君は僕にとってかけがえのない人
そして、僕は大好きなんだ
君のすることはなんであろうと

あぁ、君は一番の心の支え

 

Ooh, you make me live
I’m happy at home
You’re my best friend
Oh, you’re my best friend

あぁ、君が僕に生きる喜びをくれる
君といられるこの家が僕の幸せ
君は一番の心の支え

あぁ、君は一番の僕の支えなんだ

 

Ooh, you make me live, ooh
Ooh, you’re my best friend

あぁ、君が僕を生かしてくれる
君は一番の心の支えなんだ

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

A Night At The Opera(邦題:オペラ座の夜 1975年)

 

ロックの名盤、クイーンの最高傑作として名の挙がる事が多い4thアルバム。オペラを意識した凝りに凝った作風は唯一無二といえます。
ジャケットは、フレディが考案したメンバーの星座を図案化したものだそうです。
2005年にリマスター+DVDが付属されたオペラ座の夜 (30周年記念スペシャルエディション)がリリースされました。

 

Greatest Hits(1981年)

 

クイーンの最初のベストアルバムで、ロックバンドとしてのクイーンらしさが最も出ている時期のアルバムです。日本盤のボーナストラック含め全18曲ですが、一つのアルバムのような統一感があり、作品としてはこのベスト盤が一番かもしれません。

 

The Platinum Collection(2000年)

 

3枚の「Greatest Hits」アルバムをセットにした3枚組ボックスセット。クイーンの全キャリア、代表曲をほぼすべて網羅できます。

 

Jewels(2004年)

 

日本独自で企画されたベストアルバム。収録曲数は16曲ですが、全キャリアを通じた”有名な曲”がもれなく収録されている為、入門にはこちらがベストだと思います。