スポンサーリンク

Fall Out Boy – Save Rock And Roll 歌詞の意味と和訳

2019-10-14

Fall Out Boy feat.Elton John – Save Rock And Roll
フォール・アウト・ボーイ feat.エルトン・ジョン – セイヴ・ロックンロール

 

 

4年間の活動休止から復活を遂げた、Fall Out Boyの5作目のアルバム「Save Rock And Roll」(2013年) の最後に収録されている曲で、イギリスの大物ミュージシャン エルトン・ジョンが参加しています。

 

アルバムジャケットは、少年が”タバコ”(あるいはハッパ的なもの)を吸っている姿が問題となり、右側の赤いものに差し替えられています。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

時流に流されず、商業的なものや他人が期待するものに迎合せず、自分の信じたロックンロールを続ける事。
それこそが、勢いを失いつつあるロックンロールを救う事なんだと、高らかに宣言している曲です。

エルトン・ジョンとの世代を超えた共演も感動を誘います。

 

 

歌詞と和訳

Written by Joe Trohman, Andy Hurley, Pete Wentz & Patrick Stump

Until your breathing stops, stops, stops
Until your breathing stops, stops, stops
Until your-your-your-your-your, forever, forever

君の呼吸が止まるまで、止まるまで、止まるまで
君の呼吸が止まるまで、止まるまで、止まるまで
それまで、いつまでも

 

I need more dreams and less life
I need that dark in a little more light
I cried tears you’ll never see
So fuck you, you can go cry me an ocean
And leave me be

もっと夢を見させてくれ、現実は少なくていい
闇をくれよ、あと少しの光も。
俺が流した涙を、君は知りはしない
だから、チクショウ、海になるほど泣けばいいだろ
俺の事は放っておけよ

 

cry me an ocean 「cry me a river」(=川が出来る程泣け→好きなだけ泣け)をより強めて(riverからoceanに)表現したものと思われます

 

 

You are what you love
Not who loves you

In a world full of the word yes
I’m here to scream

君が望むものが、君なんだ
誰かが望む君、じゃない

「イエス」(同調)で溢れかえる世界
俺はここで叫び声を上げる

 

No, no (no, no)
Wherever I go, go (go, go)
Trouble seems to follow
I only plugged in to save rock and roll (rock and roll)

No, no (no, no)
Wherever I go, go (go, go)
Trouble seems to follow
I only plugged in to save rock and roll

「ノー」「ノー」
俺がどこへ進もうとも
困難は付きまとう
俺がしたいのはただ、ロックンロールを救う事(ロックンロールを)

「ノー」「ノー」
俺がどこへ進もうとも
困難は付きまとう
俺がやりたいのはただ、ロックンロールを救う事

 

plugged in プラグに差し込む、時代に乗った、参加する

 

Until your breathing stops, stops, stops
Until your breathing stops, stops, stops
Until your-your-your-your-your, forever, forever

君の呼吸が止まるまで、止まるまで、止まるまで
君の呼吸が止まるまで、止まるまで、止まるまで
それまで、いつまでも

 

Blood brothers in desperation
An oath of silence
For the voice of a generation

Woah
How’d it get to be only me?
Like I’m the last damn kid still kicking
That still believes

希望を捨てた同胞
まるで示し合わせたように
”世代の声”は聴こえなくなった

なんなんだ
どうして俺だけになっちまった?
俺みたいに、まだ信じて
最後までもがいてる、しょうもないガキは

 

blood brothers 血を分けた兄弟、兄弟分
desperation 絶望、自暴自棄、やけくそ
oath 誓い、のろい、悪口

 

I will defend the faith
Going down swinging
I will save the songs
The songs that we can’t stop singing

信念を貫くのさ
戦い続けて
歌を残すんだ
終ることのない歌を

 

going down swinging(fighting) ダウンした選手が戦いを続行する意志を示す

 

No, no (No, no)
Wherever I go, go (go, go)
Trouble seems to follow
I only plugged in to save rock and roll (rock and roll)

No, no (No, no)
Wherever I go, go (go, go)
Trouble seems to follow
Only plugged in to save rock and roll (forever, forever)

(×2)

「ノー」「ノー」
俺がどこへ進もうとも
困難は付きまとう
俺がしたいのはただ、ロックンロールを救う事(ロックンロールを)

「ノー」「ノー」
俺がどこへ進もうとも
困難は付きまとう
俺がやりたいのはただ、ロックンロールを救う事(ずっと、ずっと)

 

You are what you love
Not who loves you

In a world full of the word ‘yes’
I’m here to scream

君が望むものが、君なんだ
誰かが望む君、じゃない

「イエス」で溢れかえる世界
俺はここで叫び声を上げる

 

No, no
Wherever I go, go
Trouble seems to follow
I only plugged in to save rock and roll (rock and roll)

No, no
Wherever I go, go
Trouble seems to follow
Only plugged in to save rock and roll

「ノー」「ノー」
俺がどこへ進もうとも
困難は付きまとう
俺がしたいのはただ、ロックンロールを救う事(ロックンロールを)

「ノー」「ノー」
俺がどこへ進もうとも
困難は付きまとう
俺がやりたいのはただ、ロックンロールを救う事

 

 

Oh no, we won’t go
‘Cause we don’t know when to quit, oh oh
Oh no, we won’t go
‘Cause we don’t know when to quit, oh oh

No, no, we won’t go (wherever I go, go)
‘Cause we don’t know when to quit (trouble seems to follow)
Oh no, we won’t go (I won’t back down, save rock and roll)
‘Cause we don’t know when to quit, (oh oh)

Oh no, we won’t go (wherever I go, go)
‘Cause we don’t know when to quit (trouble seems to follow)
Oh no, we won’t go (I won’t back down, save rock and roll)
‘Cause we don’t know when to quit, oh oh

俺達は消えやしない
いつ終わるかなんて、知りはしないから
俺達は消えやしない
いつ終わるかなんて、知りはしないから

俺達は消えやしない(どこに進もうとも)
いつ終わるかなんて、知りはしないから(困難は付きまとう)
俺達は消えやしない(俺達は倒されやしない、ロックンロールを救うんだ)
いつ終わるかなんて、知りはしないから

俺達は消えやしない(どこに進もうとも)
いつ終わるかなんて、知りはしないから(困難は付きまとう)
俺達は消えやしない(俺達は倒されやしない、ロックンロールを救うんだ)
いつ終わるかなんて、知りはしないから

 

quit やめる、断念する、去る