スポンサーリンク

Fall Out Boy – Disloyal Order of Water Buffaloes 歌詞の意味と和訳

2019-06-18

Fall Out Boy – Disloyal Order of Water Buffaloes
フォール・アウト・ボーイ – ディスロイヤル・オーダー・オブ・ウォーター・バッファローズ

 

Fall Out Boyの4作目のアルバム「Folie à Deux」(フォリア・ドゥ=”二人狂い” 2008年) の1曲目に収録されている曲です。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルを直訳すると「水牛たちの不誠実な秩序」となり、意味がわかりません。

これは、アメリカのテレビアニメ「The Flintstones」(邦題「原始家族フリントストーン」:原始時代のサラリーマン生活を描いたコメディ)に登場する組織「Loyal Order of Water Buffaloes」をもじったものだと思われます。


The Flintstones and The Jetsons

 

 

 

タイトルはふざけているようですが、歌詞の内容はかなりシリアスです。

歌い出しから「消費されるポップスターになったボロボロの自分」が描かれており、警察に取り押さえられて精神病院に連れていかれる場面は、事実に基づいた話だそうです。

 

繰り返される「愛をボイコットして デトックスしても、また依存するんだ」というフレーズは、”愛を讃える”メッセージとも、”依存症の苦しみ”とも解釈できます。

この曲はリスナーに向けたものというより、精神的に参ってしまった自分を奮い立たせるためのもののように思えます。

事実、このアルバムリリース後の2009年に、バンドは無期限の活動休止を発表しました。
(その後、2013年から活動を再開しています)

 

 

歌詞と和訳

I’m coming apart at the seams
Pitching myself for leads in other people’s dreams
Now buzz, buzz, buzz
Doc, there’s a hole where something was(×2)

俺はボロボロになっていく
人々の夢の中へ、自分を放り投げ
今、バズる、バズる、バズる
ドクター、どこかに穴が空いてるんだ

 

apart at the seams 縫い目が綻びる、バラバラになる、ボロボロになる
buzz ブーンと音を立てる、ざわめく
 SNSなどで”バズる”様子を指しているかもしれません

 

 

Fell out of bed, butterfly bandage, but don’t worry
You’ll never remember, your head is far too blurry
Put him in the back of a squad car, restrain that man
He needs his head put through a cat scan
Hey editor, I’m undeniable
Hey Doctor, I’m certifiable?

ベッドから転げ落ちた、蝶型の包帯、だけど心配は要らない
お前は思い出さないだろうな、記憶も曖昧だ
”アイツ(俺)をパトカーの後部座席に押し込んで、拘束してくれ”
”アイツはアタマを精密検査しなきゃダメさ”
よう編集者、俺ってイケてるだろ?
ようドクター、俺は病んでるだろ?

 

bandage バンデージ、包帯
blurry ぼやけた、不鮮明な
squad car パトカー
undeniable 否定できない、非の打ちどころのない
certifiable 保証でできる、精神異常だと証明できる

 

Oh, I’m a loose bolt of a complete machine
What a match, I’m half doomed and you’re semi-sweet

俺は完璧な機械の、緩んだボルト
ピッタリじゃないか、半ば運が尽きた俺と、甘くいかないお前だなんて

 

doom 運命、破滅
semi-sweet 甘みを抑えた

 

So boycott love
Detox just to retox
And I’d promise you anything for another shot at life
Perfect boys
With their perfect lives
Nobody wants to hear you sing about tragedy
(Wants to hear you sing about tragedy)

愛をボイコットして
デトックスしても、また依存するだけさ
お前はまた手を出す<恋に落ちる>に決まっている
完璧な生活を送る
完璧な少年
お前<俺>が歌う悲劇なんて、誰も聴きたくないさ
(お前が歌う悲劇なんて)

 

boycott ボイコット、(参加や購入を)拒否する
detox デトックス、薬物依存の治療
retox (ドラッグやアルコールなどを)再び摂取する
tragedy 悲劇、惨劇

 

Oh, little girl, you got me staring odd
Or was that just a telescopic camera nod
Painted dolls in the highway, truck stop stalls
Lot lizards scales cool my nightlife moods
All the rookies leave your badge and your gun on the desk, when you leave the room

あぁ、お嬢さん、君は俺をオカシくするよ
それとも、肉眼で見えない程かすかに頷いてくれたかな?
ハイウェイのトラック休憩所に並ぶ、化粧した娘たち
売春婦が夜のムードを冷やしてくれる
新人は、部屋を出る時バッジと拳銃を机に置いていきな<手柄を焦ってはいけないよ>

 

stare 凝視する、見つける
odd 変な、奇妙な、奇数の
telescopic 望遠レンズの、肉眼では見えない
nod うなずく
stall 個室
doll 人形、若い女性、魅力的で頭の良くない女性
lot lizards 売春婦
scale 鱗、剥がす、天秤、図る、スケール
All the rookies leave your badge and your gun on the desk 「新人はバッジと拳銃を置いていけ」・・・警察ドラマなどで「気が早る新人を抑えるセリフ」らしいです

 

I’m a loose bolt of a complete machine
What a match, I am half doomed and you’re semi-sweet

俺は完璧な機械の、緩んだボルト
ピッタリじゃないか、半ば運が尽きた俺と、甘くいかないお前だなんて

 

So boycott love
Detox just to retox
And I’d promise you anything for another shot at life
Perfect boys
With their perfect lives
Nobody wants to hear you sing about tragedy
(Wants to hear you sing about tragedy)

愛をボイコットして
デトックスしても、また依存するだけさ
お前はまた手を出すに決まっている
完璧な生活を送る
完璧な少年
お前が歌う悲劇なんて、誰も聴きたくないさ
(お前が歌う悲劇なんて)

 

 

(Detox just to retox)
(Detox just to retox)
(Detox just to retox)
(Detox just to retox)
So boycott love
(Detox just to retox)
(Detox just to retox)
Boycott love
(Detox just to retox)
Boycott love
(Detox just to retox)

デトックスしても、また依存するだけ

 

So boycott love
Detox just to retox
And I’d promise you anything for another shot at life
Perfect boys
With their perfect lives
Nobody wants to hear you sing about tragedy
(Wants to hear you sing—)

愛をボイコットして
デトックスしても、また依存するだけさ
お前はまた手を出すに決まっている
完璧な生活を送る
完璧な少年
お前が歌う悲劇なんて、誰も聴きたくないさ
(お前が歌う)

 

Nobody wants to hear you sing about tragedy
(Wants to hear you sing about tragedy)
Whoa

お前が歌う悲劇なんて、誰も聴きたくないさ
(お前が歌う悲劇なんて)

 

Written by Joe Trohman, Andy Hurley, Patrick Stump & Pete Wentz