スポンサーリンク

The Beatles – Norwegian Wood(ノルウェーの森) 歌詞の意味と和訳

2017-12-26

The Beatles – Norwegian Wood
ザ・ビートルズ – ノーウェジアン・ウッド(邦題:ノルウェーの森)

 

The Beatlesの6枚目のオリジナルアルバム「Rubber Soul」(1965年) の2曲目に収録された楽曲です。

 

 

 

歌詞の意味と解釈

ノルウェーの森”という邦題が定着し、どこか切ない曲調とピッタリですが、タイトルの「ノーウェジアン・ウッド」を正確に訳すと”ノルウェーの木材”または”ノルウェー製の家具”となります。
(Norwegian Woodsでなければ”森”とは訳せません)

歌詞の内容は「出会ったばかりの女の子の部屋に、下心を持って上がり込んだものの、成果は得られなかった」という下世話なストーリーです。

肝心の”ノルウェーの木材”は彼女の部屋に登場します。それが床やドアの事なのか、家具なのか、それとも暖炉の木なのかは、はっきりしません。

とにかく主人公は、終盤に火を点けて「ノルウェーの木材は素敵だ」と一人呟くのでした。

 

 

歌詞と和訳

I once had a girl
Or should I say she once had me
She showed me her room
Isn’t it good Norwegian wood?

僕は女の子を引っかけた
それとも僕が引っかかったと言うべきか
彼女は僕を部屋に招いた
「素敵なノルウェー調のお部屋でしょ?」

 

She asked me to stay
And she told me to sit anywhere
So I looked around
And I noticed there wasn’t a chair

彼女は僕に泊まっていってと言い
好きな場所に座るように促した
部屋を見回したけど
椅子なんて無かった

 

I sat on a rug biding my time
Drinking her wine
We talked until two and then she said
“It’s time for bed”

しかたなく絨毯に腰を下ろし
彼女がくれたワインを飲みながら
チャンスを待っていたんだ。
夜中の2時までおしゃべりした後、彼女は言ったのさ

「もう寝なきゃ」

 

She told me she worked
In the morning and started to laugh
I told her I didn’t
And crawled off to sleep in the bath

彼女は朝に仕事があると言って
笑いだした
僕は仕事なんて無いって言ったけど

結局僕はバスルームで寝るはめになった

 

And when I awoke I was alone
This bird had flown

So I lit a fire
Isn’t it good Norwegian wood?

目を覚ますと、僕は一人
小鳥は捕まえ損ねたんだ
僕は明かりを灯した
ノルウェー産の木材は素敵だね?

 

I lit a fire 「火を点けた」の意味です。何に火を点けたのかは、歌詞では明らかにされていません。
 上の訳では「明かりを灯した」としていますが、文字通り彼女の部屋や家具に火を点けたともとれますし、暖炉やタバコに火を点けたという解釈もできます。
 ポールはこれについて「男がバスルームで寝る事になった腹いせに部屋に火を点けた」と語ったらしいですが、本気か冗談かはわかりません。

 

 

Written by John Lennon / Paul Mccartney
Norwegian Wood Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

 


 ビートルズ The Beatles アルバムカバー ダイキャストミニカー 『Rubber Soul : 1965』 タクシー 1:36スケールレトロ ミュージシャン 音楽 コレクション 置物 フィギュア アメリカン雑貨 60年代 タクシー 車

 

 


限定人気!【Beatles/ビートルズ】マグカップ/Revolver/リボルバーマグカップ/mugcup-11 [並行輸入品]

 

 

言葉の解説

Norwegian wood 冒頭で述べたように、この言葉は「ノルウェーの森」と訳せず、それは誤訳だとよく言われています。
 しかし、そこには日本のレコード会社の意図があったのではないでしょうか。
 センチメンタルなメロディーが心地よい楽曲ですが、歌詞の内容は「やり損ねた男」の愚痴です。曲を売る為に、日本のレコード会社側がロマンチックなタイトルを付けたような気がします。

「ノルウェーの森」という言葉の経済効果は、相当なものだったと思われます。

 村上春樹のベストセラー小説『ノルウェイの森』では、そういった「言葉の響きと意味が乖離する現象」もテーマとしているのかもしれません。

 また、一説によると、Norwegian woodはもともと「kowing she would」(彼女は「ヤラせて」くれる)という歌詞だったという説があります。当時アイドルだったビートルズですので、変更を余儀なくされたのだとか。

 


BEATLES ビートルズ – RUBBER SOUL SKETCH/Tシャツ / メンズ 【公式/オフィシャル】