スポンサーリンク

<歌詞和訳>Is This It – The Strokes 曲の解説と意味も

2020-03-19Strokes(The Strokes) 歌詞和訳

The Strokes – Is This It
ザ・ストロークス – イズ・ディス・イット

 

ニューヨークで結成された5人組ロックバンド ザ・ストロークスのデビューアルバム「Is This It」(2001年) のオープニングトラックです。

 

歌詞の意味と解釈

アルバム「イズ・ディス・イットは、リリース前からリバイバルロック(60年代頃の粗削りなロックに回帰する流れ) を象徴する作品と見られていました。

周囲の注目に対し、(欲しがってたのは)「これだろ」という、大胆なデビュー宣言と捉えられる事がしばしばあります。

ただ、この曲『イズ・ディス・イット』の歌詞は、そういった気負いも感じさせず、むしろそれに反発するかのように、冷めて気だるい雰囲気を漂わせています(いかにもストロークスらしく)。

歌詞は一見すると、恋人に向けたもののように思えますが、リスナーに向けた音楽業界に対する皮肉のようにも読み取れます。

 


Julian Casablancas Adult Coloring Book: Beautiful The Strokes Frontman Adult Coloring Book (Julian Casablancas Books)

 

歌詞と和訳

Written by Julian Casablancas

Can’t you see I’m trying? I don’t even like it
I just lied to get to your apartment
Now I’m staying there just for a while
I can’t think, ‘cause I’m just way too tired

僕の苦労が、君にはわからない? こんな事好きじゃないけど
嘘をついて、君のアパートに来た
しばらくの間、ここにいるよ
頭が働かない、ただの疲れすぎさ

 

apartment アパートメント。共同住宅。日本のアパートやマンションは海外では区別せず「アパートメント」と呼ばれます。

 

Is this it?
Is this it?
Is this it?

これがそう?
これがそう?

これが?

 

Said they’d give you anything you ever wanted
When they lied, I knew it was just stable children
Trying hard not to realize
I was sitting right behind you

奴らは君が欲しいものを、何でもくれるって言ってた
奴らは嘘をつく、ただの変わらない子供さ
金にならない事に一生懸命
僕は君のすぐ後ろに座っていた

 

stable 安定した、決心の固い、馬小屋
realize 理解する、気づく、実現する、金になる

 

Dear, can’t you see? It’s them, it’s not me
We’re not enemies, we just disagree
If I was like him, all pissed in this bar
He changes his mind, says I went too far
We all disagree, I think we should disagree, yeah

ねぇ、わからない? それは奴らさ、僕じゃない
僕らは敵じゃない、意見が違うだけ
もし僕が奴だったら、このバーすべてに腹が立つ
奴は気が変わり、やり過ぎだと僕に言う
俺らはみんな意見が合わない、そうあるべきなんだ

 

pissed 酔っ払って(イギリス)、怒って(アメリカ)

 

Is this it?
Is this it?
Is this it?

これがそう?
これがそう?

これが?

 

Can’t you see I’m trying? I don’t even like it
I just lied to get to your apartment
Now I’m staying there just for a while
I can’t think, ‘cause I’m just way too tired

僕の苦労が、君にはわからない? こんな事好きじゃないけど
嘘をついて、君のアパートに来た
しばらくの間、ここにいるよ
頭が働かない、ただの疲れすぎさ

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Is This It(2001年)

 

デビュー作にして、2000年代のリバイバルロック・ムーブメントを代表する作品です。下半身のジャケットはアメリカでは許可されなかった為、US盤のみ右側のものになっています(メンバーも右側の方が気に入っているそうですが)。
さらに、US盤は9曲目『New York City Cops』も同時多発テロなど当時の事情があって収録されず、代わりに『When It Started』が収録されています。