スポンサーリンク

<歌詞和訳>Alive – Pearl Jam 曲の解説と意味も

2020-04-09Pearl Jam 歌詞和訳

Pearl Jam – Alive
パール・ジャム – アライヴ

 

アメリカ シアトル出身のオルタナティブロックバンド パール・ジャムの1stアルバム「Ten」(1991年) に収録されている曲です。

同アルバムの最初のシングルとして、1991年8月にリリースされました。

 

この曲はギタリスト ストーン・ゴッサードらの前身バンド Mother Love Bone(デビュー後まもなくフロントマンがオーバードーズで死去し解散) 時代に作られた曲です(当時の曲名は『Dollar Short』)。


Apple by Mother Love Bone (2003-09-02)

エディ・ヴェダーは歌の入っていないデモテープを手に入れ、歌を入れてメンバーの元に送り、その内容を気に入ったメンバーがエディを招き入れるかたちでパール・ジャムは結成されました(結成当初はMookie Blaylockというバンド名でした)。

 

歌詞の意味と解釈

この曲の歌詞は、「エディが母親から、”父親は実の父親ではなく、実の父親はすでに死んでいる” 事を聞かされた」という事実が元になっているそうです。

主人公の少年は、実の父親が死んでいることを知り、激しく動揺します。「自分はまだ生きている」という事実が、始めは希望だったはずですが、母親の態度から、それが絶望を意味するようになっていきます。

歌詞のすべてがノンフィクションというわけではないですが、母親との近親相姦が書かれているという解釈もされているそうです(エディ自身がそのような事を匂わす発言をしているようです)。ここでは、その点は断定せずに訳しています。

 

また、アルバム「Ten」に収録された『Alive』『Once』『Footsteps』は一続きのストーリーになっているそうで(といっても言われなければわかりませんが…)、”Momma-Son” という3部作になっています。

 

歌詞と和訳

Written by Stone Gossard & Eddie Vedder

“Son,” she said, “have I got a little story for you
What you thought was your daddy was nothing but a…
While you were sittin’ home alone at age thirteen
Your real daddy was dyin’
Sorry you didn’t see him, but I’m glad we talked”

「ねぇ」、母さんが言った、「ちょっとお前に話があるの
お前が父さんだと思っていた人は、本当の父さんじゃなくて…。
13歳のお前が、家に一人でいた頃
本当の父さんは死んだのよ。
ごめんね、会わせてあげられなくて、でも話せてよかった」

 

Oh, I, oh I’m still alive
Hey, I, oh I’m still alive
Hey, I, oh I’m still alive
Hey, oh

あぁ、でも俺は、俺はまだ生きている
そう、俺は、俺はまだ生きている
そう、俺は、俺はまだ生きている
そうだ

 

While she walks slowly across a young man’s room
She said, “I’m ready for you”
Why I can’t remember anything to this very day
‘Cept the look, the look
Oh, you know where, now I can’t see I just stare

そう言うと母は静かに、”若い男” の部屋へ入ってきた
彼女は言った「さぁ、始めましょう」
“その日” の事は、これ以上思い出せない。
その日見た、その日見た光景以外は。
あぁ、その場所は、俺には見えない、じっと見つめても

 

very day 今日という今日、まさにその日
cept (=except)、~を除いて

 

I, I’m still alive
Hey, I, oh, I’m still alive
Hey, I, oh, I’m still alive
Hey, I, oh, I’m still alive, yeah
Ooh yeah, yeah, yeah, yeah, oh, ooh

俺は、俺はまだ生きている
そう、俺は、俺はまだ生きている
そう、俺は、俺はまだ生きている
そう、俺は、俺はまだ生きている

あぁ、そうだ、そうだ、そうだ、そうだ

 

“Is something wrong”, she said, of course there is
“You’re still alive,” she said, oh, and do I deserve to be?
Is that the question?
And if so, if so who answers?
Who answers?

「何かおかしい?」母は言った、もちろん変だ。
「お前はまだ生きている」彼女は言った、俺は生きていていい?
何か問題ある?
あるとしたら、誰が答えてくれる?
誰が答えるんだ?

 

if so そうであれば、もしそうなら

 

I, oh I’m still alive
Hey, I, oh I’m still alive
Yeah, I, oh I’m still alive
Yeah, I
Ooh, I’m still alive!
Yeah yeah yeah yeah yeah yeah yeah!

俺は、俺はまだ生きている
そう、俺は、俺はまだ生きている
そう、俺は、俺はまだ生きている
そう、俺は
俺はまだ生きている
そうだ、そうだ、そうだ、そうだ、そうだ!

 

Ooh yeah, ooh ooh
Ooh yeah, yeah yeah yeah

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Ten(1991年)

 

当時のグランジブームも手伝って1,000万枚以上のセールスを上げた1stアルバム。驚異的なセールスを上げた理由には、当時の社会問題を詩的に表現したエディ・ヴェダーの詞にもあったようです。
また、アルバムタイトル「Ten」は、メンバーが敬愛するバスケットボールプレイヤー ムーキー・ブレイロック(パール・ジャムは結成当初ムーキー・ブレイロックというバンド名で活動していました) の背番号からとられていると言われています。

 

Rearviewmirror: Greatest Hits 1991-2003(2004年)

 

デビュー作「Ten」(1991年) から7thアルバム「Riot Act」(2002年) までの代表曲を収録した2枚組33曲。アルバム未収録曲も多いので、オリジナルアルバムを揃えているような人にもおススメできます。
タイトルは2ndアルバム「Vs.」収録の同曲のタイトルからとられています。