スポンサーリンク

<歌詞和訳>Clown – Korn 曲の解説と意味も

2020-02-17Korn 歌詞和訳[生き方] 信念/自分らしさ

Korn – Clown
コーン – クラウン

 

アメリカのニューメタル/ロックバンド コーンの1stアルバム「Korn」(1994年) に収録されている曲です。

同アルバムの4枚目のシングルとして、1995年6月にリリースされました。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「クラウン」とは、”ピエロ” や “道化師“を意味します。

人に憎しみや暴力を振るって粋がるヤツは所詮、自分を強く見せたがるピエロ野郎でしかない、という内容が歌われています。

この歌詞は、バンド初期のライヴ中、とあるタトゥーを入れた客が野次を飛ばし、ジョナサンに食って掛かってきた出来事がきっかけになっているそうです(その客はバンドのマネージャーに排除されたそうですが…)。

「自分に向けられたヘイトに対する怒りを表現した曲」と解釈し、訳しました。

 

歌詞と和訳

Written by Reginald “Fieldy” Arvizu, David Silveria, James “Munky” Shaffer, Brian “Head” Welch, Jonathan Davis

Anger inside builds within my body
Why’d you hit me?
What have I done?
You tried to hit me!

体中に、怒りが込み上げる
なぜ俺を殴る?
俺が何をした?
お前は殴ろうとしやがった!

 

Scream at me again if you like
Throw your hate at me with all your might
Hit me ‘cause I’m strange, hit me
Tell me I’m a pussy, and you’re harder than me

What’s with you boy, think hard
A tattooed body too, hide who you are
Scared, to be honest, be yourself
A cowardly man!

やりたきゃ俺に叫んでみろ
全力で、お前の憎しみをぶつけてみろ
殴ってこい、俺は変なヤツだ 俺を殴れ
言ってみろ、俺は女々しくて、お前の方が強いんだと

どうした、おい? 考え込んじまって
その身体のタトゥーは、本当のお前を隠す為だ
自分の正体がバレるのが、怖いんだろ
このヘタレ野郎が!

 

might 力、腕力
pussy 仔猫、女性器、女々しいヤツ
think hard 熟考する、考え込む
cowardly 臆病な、卑劣な

 

 

I don’t run around
Trying to be what’s not within me
Look into my eyes, I am free
You’re just a wannabe!

俺はへりくだって
自分じゃないものになりはしない。
俺の目を見ろ、俺は自由
お前はただの人マネ野郎だ!

 

run around 走り回る、付き合う、浮気する
wannabe ワナビー、~気取り、(有名人などを)まねる人

 

Scream at me again, if you like
Throw your hate at me, with all your might
Hit me ‘cause I’m strange, hit me
Tell me I’m a pussy, and you’re harder than me

What’s with you boy, think hard
A tattooed body too, hide who you are
Scared, to be honest, be yourself
A cowardly man!

やりたきゃ俺に叫んでみろ
全力で、お前の憎しみをぶつけてみろ
殴ってこい、俺は変なヤツだ 俺を殴れ
言ってみろ、俺は女々しくて、お前の方が強いんだと

どうした、おい? 考え込んじまって
その身体のタトゥーは、本当のお前を隠す為だ
自分の正体がバレるのが、怖いんだろ
このヘタレが!

 

To come out…

Hit me, clown, because I’m not from your town now
Hit me, clown
(×4)

出て来いよ

俺を殴れ、ピエロ野郎、俺はお前と同じ地元じゃねえからな

 

・I’m not from your town now 件の観客の野次が「Go back to Bakersfield!」(=ベーカーズフィールドに帰れ!)だったので、それに対する答えとなっているようです。

 

Clown you ain’t shit! Turn around!
And get your face split!
Clown you ain’t shit! Turn around!
And get your face split!
Clown you ain’t shit! Turn around!
And get your face split!
Clown you ain’t shit! Turn around!
And get your face split!

ピエロ野郎、お前はダセェ奴だ! 失せな!
その仮面を引き裂いてな!

 

Scream if you like
Throw your hate at me, with all your might
Hit me ‘cause I’m strange, hit me
Tell me I’m a pussy, and you’re harder than me

What’s with you boy, think hard
A tattooed body too, hide who you are
Scared, to be honest, be yourself
A cowardly man!

やりたきゃ俺に叫んでみろ
全力で、お前の憎しみをぶつけてみろ
殴ってこい、俺は変なヤツだ 俺を殴れ
言ってみろ、俺は女々しくて、お前の方が強いんだと

どうした、おい? 考え込んじまって
その身体のタトゥーは、本当のお前を隠す為だ
自分の正体がバレるのが、怖いんだろ
このヘタレが!

 

I’m just a fucking little
I’m just a fucking little
I’m just a fucking little
I’m just a fucking little
I’m just a fucking little
I’m just a fucking little
I’m just a fucking little
I’m just a fucking little

俺はただのクソガキ
チンケなガキだ

 

 

CD収録版の会話

CDに収録されているバージョンには、録音中のコーンのメンバーとプロデューサーのロス・ロビンソンの会話が収録されています。

Life is within my body

All right go

Four I just said (Four) you faggot piece of shit on the ground
Four?
Four?
Oh

「Life is whitin my body」

よし、行こう

(カウント)4つ目で入るって言っただろ、お前はどうしようもないバカだ
4?
4?

 

Hey what are you talking about, Ross?
Hey, the song starts like
Hey, are you saying so there’s no clicks?
Hey, we are recording now
Start
Just fucking do it, dammit!

ヘイ、何言ってんだ、ロス?
ヘイ、曲の始まり方だ
ヘイ、クリック無しって事か?
ヘイ、もう録音してんだ
始めよう
クソ野郎、とっとと始めやがれ!

 

I get “Twist,” I wish we could put “Twist” on the fucking tape
Want to hear it?
Stupid

俺は「Twist」がいいな、「Twist」を録音しようぜ
聞きたいか?
バカ野郎

 

Fuck you!
Fuck you!
Go!
Okay
You piece of shit

くそったれ!
くそったれ!
いけ!
わかった
クソ野郎が

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Korn(1994年)

 

異形のヘヴィ・サウンドと、虐待や自己嫌悪などのトラウマ的なテーマで、一気に注目を集めた1stアルバム。決して聴き易くはないものの、作りの荒さが唯一無二の迫力に繋がり、ハマる人は徹底的にハマる作品となっています。

 

Greatest Hits Vol.1(2004年)

 

1stアルバム「Korn」(1994年) から6th「Take A Look In The Mirror」(2003年) までの代表曲+新曲を収録したベストアルバム。新しい曲から古い曲へ時間を逆行する作りになっていますが、コーン入門には最適です。