スポンサーリンク

The Cure – In Between Days 歌詞の意味と和訳

2019-02-16

The Cure – In Between Days
ザ・キュアー – イン・ビトウィーン・デイズ

 
 

The Cureの6作目のアルバム「The Head on the Door」(1985年) の1曲目に収録されている曲です。

同アルバムからの1枚目のシングルとしても、1985年7月にリリースされました。

 

シングル集「Standing on a Beach」(いくつかの国では「Staring at the Sea」の名称でリリース。1986年)、ベストアルバム「Greatest Hits」(2001年) にも収録されています。

 

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルを直訳すると”日々の間”となり、歌詞では”恋人が不在だった間”の事を指しています。

そして、歌詞は「恋人が不在中にしていた浮気がバレた後」から始まります。

出だしの「Yesterday I got so old」とは、”修羅場”を体験した男の、率直な感想のようです(「寿命が縮まった」と意訳しました)。

 

繰り返されるフレーズ「君がいなかった(In between without you)から、あの娘とあんな関係になってしまったんだ」という言い訳は、かなり苦しいと思います。

 

 

歌詞と和訳

Written by Robert Smith

Yesterday I got so old
I felt like I could die
Yesterday I got so old
It made me want to cry

Go on, go on
Just walk away
Go on, go on
Your choice is made
Go on, go on
And disappear
Go on, go on
Away from here

昨日一日で、すっかり寿命が縮まった
まるで生きた心地がしなかった
昨日は、すっかり寿命が縮まった
泣き出したい気分さ

行きなよ、行きなよ
立ち去るがいいさ
行きなよ、行きなよ
決心したんだろ
行きなよ、行きなよ
いなくなってくれ
行きなよ、行きなよ
どこかへ行っちまえよ

 

go on 続ける、進む、しゃべる、起こる
出ていく彼女に対し、それを促している言葉だと解釈しました

 

And I know I was wrong
When I said it was true
That it couldn’t be me and be her
In between without you
Without you

僕が悪いのはわかっている
実を言うと
僕とあの娘があんな関係になったのは
君がいなかったから
君がいなかったからさ

 

Yesterday I got so scared
I shivered like a child
Yesterday away from you
It froze me deep inside

Come back come back
Don’t walk away
Come back, come back
Come back today
Come back, come back
Why can’t you see
Come back, come back
Come back to me

昨日はすっかり怯えて
子供みたいにガタガタ震えてた
昨日、君と別れて
心の奥まで冷え切ってしまったよ

戻ってきて、戻ってきてよ
行かないで
戻ってきて、戻ってきてよ
今すぐにも
戻ってきて、戻ってきてよ
わかるだろ
戻ってきて、戻ってきてよ
僕のもとへ

 

 

And I know I was wrong
When I said it was true
That it couldn’t be me
And be her in between
Without you
Without you

Without you(×6)

僕が悪いのはわかってる
実を言うと
僕とあの娘があんな関係になったのは
君がいなかったから

君がいなかったからさ