スポンサーリンク

The Cure – Boys Don’t Cry 歌詞の意味と和訳

2019-02-16

The Cure – Boys Don’t Cry
ザ・キュアー – ボーイズ・ドント・クライ

 
 

 

1979年6月にリリースされたThe Cureのシングル曲です。

オリジナルアルバムには収録されていませんが、初期のコンピレーションアルバム「Boys Don’t Cry」(1980年)や 、バンド結成10周年を記念したシングル集「Standing on a Beach」(いくつかの国では「Staring at the Sea」の名称でリリース。1986年)、ベストアルバム「Greatest Hits」(2001年) に収録されている、The Cureを代表する曲の一つです。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

恋人と破局し、たっぷり未練を残しながらも、主人公は”男の子は泣いちゃダメなんだ”と強がっている、そんな様子が描かれた歌詞です。

 

 

歌詞と和訳

I would say I’m sorry
If I thought that it would change your mind
But I know that this time
I’ve said too much, been too unkind

もし僕のせいで、君の気持ちが変わってしまったんなら
謝るよ
今回ばかりは
言い過ぎたし、酷い言い方だったね

 

I tried to laugh about it
Cover it all up with lies
I tried to laugh about it
Hiding the tears in my eyes
‘Cause boys don’t cry
Boys don’t cry

僕は笑い飛ばして、
誤魔化そうとしたんだ
笑い飛ばして、
涙を隠そうとしたんだ
だって、男は泣いちゃダメ
男は泣いちゃダメなんだ

 

I would break down at your feet
And beg forgiveness, plead with you
But I know that it’s too late
And now there’s nothing I can do

君の足元に崩れ落ち
必死で許しを乞うけど
もう手遅れで
僕にはどうしようもない

 

break down 壊す、呼称する、泣き崩れる、気落ちする
plead with 嘆願する

 

So I try to laugh about it
Cover it all up with lies
I try to laugh about it
Hiding the tears in my eyes
‘Cause boys don’t cry
Boys don’t cry

僕は笑い飛ばして、
誤魔化そうとしたんだ
笑い飛ばして、
涙を隠そうとしたんだ
だって、男は泣いちゃダメ
男は泣いちゃダメなんだ

 

I would tell you that I loved you
If I thought that you would stay
But I know that it’s no use
And you’ve already gone away

もし君が見捨てずにいてくれるなら
僕は「愛してる」って告白するよ
でも、君はもう行ってしまったから
そんなの無意味だよね

 

Misjudged your limits
Pushed you too far
Took you for granted
I thought that you needed me more, more, more

君の我慢に気づかず
邪険にしてしまっていた
(君が愛想を尽かすのも)当然だよね
君は僕を必要としてくれてるって思ってたんだ、もっと、もっと

 

misjudge 誤った判断をする
push someone too far 無理強いする、こき使う
take someone for granted 当然だと思う

 

Now I would do ‘most anything
To get you back by my side
But I just keep on laughing
Hiding the tears in my eyes
‘Cause boys don’t cry
Boys don’t cry

Boys don’t cry

君が僕の元に帰ってきてくれるなら
何だってするつもりさ
でも、僕は笑い飛ばしたまま
目に浮かぶ涙も隠している
だって、男は泣いちゃダメ
男は泣いちゃダメなんだ

男は泣かないんだ

 

Written by Michael Dempsey, Lol Tolhurst & Robert Smith